これは俺(吉弘)と、史菜さん(ふーちゃん)の体験談です。

当時俺は25歳で、ふーちゃんは23歳。
知り合ったのは俺が22歳で、ふーちゃんが20歳のときでした。
俺はあるアーティストの熱烈なファンで、ふーちゃんもそうでした。
そのアーティストのファンサイトのチャットで知り合いました。
そこはとても人が多く、いつも10人前後の人がチャットルームに居て、俺もふーちゃんもそのうちの1人でした。

チャットルームに通う日々が続き、ふとしたことから名古屋でオフ会をやろうということになりました。
俺もふーちゃんも名古屋に住んでいて、10人弱の人が集まりました。
オフ会の内容はカラオケと居酒屋で食事するくらいのものでしたが、同じアーティストのファンであるということでとても楽しかったです。
あまりにも好評だった為、それからも2ヶ月に1回はオフ会をするようになりました。
俺とふーちゃんとは意気投合して、いつも隣に座って楽しく喋っていました。
だからと言って2人で食事に行くということはありませんでした。
あくまでもファン友であり、お互いそれ以上の関係は求めませんでした。

そんなある日、そのアーティストのツアー予定が発表され、ファン友の間では「いつ行く?」とかツアーの話で持ちきりでした。
みんなと携帯メールで連絡を取り合ってツアーに向けて盛り上がっていました。
もちろん、ふーちゃんもその内の1人でした。

そんなある日、ふーちゃんからメールが届きました。

『一緒に行く人が行けなくなっちゃっの。どうしよう・・・』という内容のメールでした。

俺はその日のチケットは取れなかったので、そのチケット譲って欲しいという内容のメールを送りました。
返事はすぐに返ってきました。

『本当に?よかった~!1人で行くのは淋しすぎる』という内容のメールでした。

もちろん下心はありませんでした。
あくまでもファン友としての付き合いでしたから。

無事にライブも終了し、ご飯を食べて家まで送りました。
そのときの話でお互い一緒に行く人がなかなかいないという話になり、「次のツアーは一緒に行こうか?」ということになり、お互い了承しました。
ツアーが終わると僕らのメールのやり取りも少なくなりました。

そして翌年、新曲が発売という情報が流れてからは再び頻繁にメールをやり取りし始めました。
もちろん他のファン友とも同じようにメールでやり取りをしていました。
そしてアルバムが発売になり、ツアー日程が発表されました。
ふーちゃんと一緒に行く約束をしていたので、お互いチケットをファンクラブで2枚ずつ取り、1枚ずつチケットを交換して2回一緒に行くことになりました。
しかし、お互い熱狂的なファンであり、「もっと行きたいよね~」という話になり、名古屋だけでなく、近場の三重とか岐阜も行こうよということになりました。
ヤフオクや他のチケット売買のサイトでチケットを調達し、結局この年のツアーは6回も一緒に行きました。

もちろんファン友としてなので、ライブを見てご飯を食べて帰るというパターンでした。
ふーちゃんは可愛いけど彼氏がいるという話を直接本人から聞かされていたので、異性という見方はほとんどなく、本当に友達としての関係が出来上がっていたと思います。

その後は名古屋のオフ会も自然に消滅してしまいましたが、ふーちゃんとは毎月1回2人でオフ会をしていました。
まぁ2人なので、オフ会というよりも一緒にカラオケしてご飯を食べるだけのデートと言ったほうが妥当なのかも知れません。

そんな感じで友達としての関係が続き、俺も25歳、ふーちゃんも22歳になりました。
俺も仕事を始めてから数年が経つので中堅的な立場となり、ライブに何回も行くのは難しくなりました。

(今回のツアーは地元の2回だけだな・・・)と、少し淋しく感じたのを覚えてます。

2回ともふーちゃんと行きましたが、2回目のツアーが終わった瞬間、ものすごく淋しくなってきたのです。
今回のツアーの選曲や構成が良すぎて、もっと行きたいという衝動に駆られました。
ふーちゃんも同じ気持ちみたいでした。
ライブ後の食事でもその話が出て、「今回のすごいいいよね~」とか「もっと行きたいよね~」という話で持ちきりになり、「もう1回行こうか?」という話になり大盛り上がりでした。
そしてツアー日程を見ながら「どれにしよう?」と話し合いましたが、なかなかスケジュールが合わず、唯一2人ともスケジュールが合ったのが静岡公演でした。

「静岡かぁ~・・・遠いけど、ここしかないよね~・・・」という話でなかなか煮え切らないでいると、「私は別にどこでもいいんだけどね~。よし君の予定次第だよね~」という言葉が飛び込んできました。

僕的にはふーちゃんに気を遣っていたつもりでしたが、ふーちゃんがいいって言うのならここでいいやと思い、静岡に行くことにしました。
チケットも頑張って調達し、結構良い席が取れました。
当日は高速で静岡に行き、ライブを楽しみました。
やはり隣の県と言えども静岡は遠いというのが印象でした。

ライブも終了し、いつものようにご飯を食べ、お互い満足して帰ることになりましたが、高速の案内に信じられない文字が表示されていました。

『事故渋滞30km』

何ぃ~~~!!!!という感じでした。
週末ということもあり車の量も多く、それでも30kmって・・・。
心配しながらも高速に乗り、しばらくは普通に流れていたのだけど・・・。
本当に車が動きません。
ちょっと動いては、すぐに再びストップ・・・。
こんなペースで帰ったら何時になるかわからない。
そこでふーちゃんと話し合って、一つ目の降り口で高速から降りることにしました。
降りたと言っても、まだまだここは静岡・・・。

「ねぇ・・・下道で帰るとたぶん朝方になると思うんだけど大丈夫・・・?」

心配してふーちゃんに聞いてみました。
もう0時を回っていて、申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。
ふーちゃんは見た感じ眠そうで、運転手の俺を気遣って頑張って起きていてくれているという感じでした。

「ん~・・・仕方ないよね~・・・」

という返事が返ってきた後・・・。

「よし君って明日予定あるの?」

「ん?俺は特に無いけど」

その会話の後、ふーちゃんびっくりするようなことを言ってきました。

「私、かなり眠いし・・・よし君さえ良ければ、あそこで泊まって行かない?」

指差した方向を見ると・・・なんとラブホテル!!!!

「え?あそこってラブホテルだよ!」

俺はびっくりして聞き返しました。
ふーちゃんはクスクス笑みを浮かべながら・・・。

「何か変なこと考えてるでしょ~?ああいうとこってベッドが広いし、今からビジネスホテルを2部屋探すよりも楽でしょ?それに・・・よし君は友達だから大丈夫だよね?」

そう言われ、もちろん下心も無かったし、ただラブホテルっていう場所にびっくりしただけで、何か変なことをしようという考えは浮かんではいませんでした。
お互い了承した後、俺達はラブホテルで泊まることにしました。
しかし、そうは言ったものの、いざ部屋に入ると落ち着かず、何を喋っていいのかも分からずそわそわして、とりあえず音が欲しいのでテレビを点けることに。
するといきなり大音量で・・・。

「あん!あん!イクぅ~~~!!!!」

AVのチャンネルに設定してあったみたいです。

「うわっ!!」

びっくりしてすぐにチャンネルを変えました。
ふーちゃんはクスクス笑っていました。

「じゃあ、お風呂に入ってくるから、エッチな番組を観るのは今だけにしてね!」

そう言いながらお風呂に向かって行きました。

「アホか!こんなの観ねーよ!!」

そんな会話をしつつも、かなり焦っていたのは事実でした。

(誰だよ!こんなチャンネルに合わせたやつは!)

そしてふーちゃんがお風呂から上がってきました。
初めて見るふーちゃんの浴衣姿はとても綺麗でした。

(いかん、いかん!変なことを考えちゃ!)

俺も風呂に入りました。
お風呂から上がると、一つ問題が発覚したのです。

(・・・そうなんだよな・・・大きいとはいえ、ベッドは一つなんだよな・・・)

まぁ、男の俺がソファで寝るのが自然かなと思って、「んじゃ、俺はソファで寝るから」と言ってソファに向かいました。

「ん?別にベッドでいいよ。広いんだし、両端で寝ればいいんじゃない?」

ふーちゃんがドキッとすることを言ってきました。

「えぇっ!?それはまずいっしょ!いくら俺でも、一緒のベッドで寝たら何するかわかんないぞ!」

冗談っぽく言ってみました。

「大丈夫!よし君は友達だから何もしないよ!」

きっぱりと言い切ってくるふーちゃん。

(まぁ・・・確かにそうだけどね・・・)

いや、本当に、同じベッドで寝たって襲ったりしない自信はありました。
この日までは・・・。

俺達は大きいベッドの両端に横になってライブのこととかを話したりして寝るまでの時間を楽しみました。
結構喋って、そろそろ寝ようかってことになり、小さい明かりだけを残して電気を消しました。
そしてシーン・・・と静まりかえって目を瞑ったとき。

「ねぇ・・・」

横からふーちゃんの声がしました。

「どした~?」

そう答えると少しの沈黙の後・・・。

「ものすごく変なお願いがあるんだけど・・・」

「何?」

「本当に変なお願いなんだけど、軽蔑しないって約束してくれる?」

そこまで言われるとちょっと恐くなり、身体を起こして、「どうしたの?」と聞きました。
ふーちゃんも起き上がって俺のすぐ隣まで接近してきました。
小さい明かりは点いているので、ふーちゃんの顔は確認できます。

「本当に本当に軽蔑しないって約束してくれる?」

ますます恐くなったけど、逆に何だろう?という興味が出てきて、「わかった、軽蔑しないから言ってみて」と返しました。

「あのね・・・その・・・」

(何だろう?勿体ぶるなぁ~・・・)と思っていると・・・。

「よし君の・・・が見たいの・・・」

ふーちゃんが下を向いて言ってきました。

「え?ごめん、聞き取れなかった。俺の何が見たいって?」

そう聞き返すと、「よし君の・・・ここが見たいの・・・」と俺の股間を指差しました。
一瞬何を言ってるのか理解できなかったけど、俺のチンポを見せてって事だということはわかりました。

「は?マジで?冗談でしょ?」

「冗談でこんなこと言えないってば・・・。一応私も女だから男性の身体には興味があるわけで・・・。だからと言って彼氏にこんなことを頼むと軽蔑されそうだし・・・。よし君だったら友達だから大丈夫かなって・・・」

(俺だったら軽蔑されてもいいのかよ・・・)

そんなことを考えながらふーちゃんを見ると物凄く恥ずかしそうで、(それくらいだったらいいか・・・)と思いつつも、「いいよ!」とも言えず返事に困っていると・・・。

「やっぱり駄目よね・・・ごめんなさい・・・軽蔑してもいいよ・・・」

そう言ってふーちゃんはベッドの端に戻ろうと向きを変えました。
女性がこんなお願いするのは相当な勇気が必要で、ものすごく恥ずかしそうにしているふーちゃんを見てると断りきれなくて、「わかったよ!ちょっとだけね」と返しました。

「え?本当に?よかったぁ~・・・。断られたら私、生きていけないって思ってたよ」

そう言って俺の隣まで接近してきたふーちゃん。
しかし、いざ友達に性器を見せるとなると、これまた恥ずかしいんだよね。
俺は壁にもたれて浴衣を開いてパンツに手をかけました。

「うぅ~~!!やっぱ恥ずかしいなぁ~~!!こんな頼みを聞くの、ふーちゃんだけだからね!!高いよ!!!」

なんて冗談を交えながらパンツを膝下までずり下げました。
もう恥ずかしさの絶頂!
自分の彼女にだって、こんなにはっきりと見せたことなどなかったから。
ふーちゃんは俺のチンポから20cmくらいのところに顔を持ってきて、まじまじと見始めました。

(・・・うわぁ・・・こんな距離で見るのかよ・・・恥ずかしい!!!)

「すご~い・・・こんなにはっきり見たの初めて。こんな風になってるんだね~」

ふーちゃんは観察を始めました。

「ちょっと触っていい?」

返事を返す間もなく、ふーちゃんは指先で触り始めました。

「柔らかぁ~い!ぷにぷにしてるね」

珍しそうに触っています。

(・・・実況なんかしなくていいんだけど・・・)

そう思っていると、「ちょっと皮を剥いていい?」と言ってきました。
そう、恥ずかしながらも俺は仮性包茎です。
ふーちゃんがチンポの皮を剥いていきます。
いつもは隠れている敏感な部分が露わとなり、空気に触れた瞬間、なんか変な気分になってきました。

「すご~い・・・こんなに柔らかいんだぁ~・・・」

などと言いながらカリの部分を指先でなぞってきました。

(・・・あうっ!・・・)

思わず声が出てしまいそうなのを必死で堪える俺。
しかし最も敏感な部分を弄られ、すぐさま硬くなってきました。

「あっ!ふーちゃん!やばいかも・・・」

ふーちゃんには「やばい」の意味がわからないようで、「何が~?」とカリの部分を弄り続けます。

「あっ!!なんか硬くなってきた!」

ふーちゃんは硬くなり始めたチンポを弄りながらまじまじと見続けています。

「気持ちいいの?」

「違うって!そんなとこ触られたら誰だって・・・」

弁解している間もみるみる大きくなって、半勃ち状態に。

「すごーい!どんどん大きくなる~!もっと大きくなるの?」

「刺激されたら誰だって大きくなるってば・・・」

すると・・・。

「こうかな?」

「あぁっ!!!」

ものすごい快感が押し寄せてきました。
ふーちゃんが俺のチンポを握って上下に扱いてきたんです。
たちまち俺のチンポは最高潮に勃起しました。
勃起したチンポを見られるのは恥ずかしかったけど、もうそれどころではありませんでした。

「うわぁ~・・・カッチカチだ~」

尚もチンポを扱き続けるので、俺は身を任せて壁にもたれかかりました。
ハァハァ・・・と息も荒くなってきます。

「よし君、すっごい気持ち良さそう~」

嬉しそうに言いながらチンポを扱き続けるふーちゃん。

「気持ちいい?」

俺の反応を見ながらチンポを扱いています。
友達であるふーちゃんの柔らかい手のひらが俺のチンポを包み込み、敏感な部分を上下に擦りあげる。
あまりにの気持ち良さに、不覚にもたちまち射精感が襲ってきました。

<続く>