今までに日本人以外の女性とは5人経験している。
韓国で仕事をしている時に現地妻として楽しませてくれた、21歳と24歳の独身女性。
2人ともスタイル抜群で美人だった。
まあ整形はしているだろうけど・・・。
国内では、ロシア系の人妻M(38歳)、在日韓国人妻Y(29歳)、そしてここに紹介する、人生最高の女として忘れられない思い出となった在日朝鮮人妻、Y恵(38歳)である。

Y恵とは10年余り前に、大阪京橋のテレクラで出会った。
どうも旦那と喧嘩してムシャクシャしていたようだ。
投げやりに、「会って楽しもう」とY恵から誘ってきた。

大阪京橋の駅前にあるホテルロビーで待ち合わせ。
少しグラマーであるがスタイル抜群で、キリッとした美人が近づいてきた。
私はごくごく普通のおじさん。
背も160cm代半ばと高くない。
彼女はニコリともせずに、「本当に私を満足させてくれるの?」と吐き捨てるがごとく、訝りながら言った。

「ああ、たぶん後悔はさせないよ」

私は怯むことなく笑顔で答えた。

「なら、いいわ。行きましょう」と言う彼女と、あらかじめ予約しておいた15階の部屋に向かった。

部屋に入るなり私は彼女の薄いブラウスをたくし上げ、ブラもズリ上げて、形の良い張りのある乳房を鷲掴みにして、ツンと立ったピンク色の乳首を吸った。
舌を這わせ、軽く甘噛みをすると・・・。

「ああ~。ああ」

早くも彼女の口から声が漏れた。
利き手である左手をスカートの中に滑り込ませ、小さくて滑りの良いシルクのパンティの中心部に指を這わせると、もうそこはしっとりと湿り気を持ち、生温かさを感じさせた。
彼女を軽く突き飛ばすようにダブルベッドへ押し倒し、両足を大きく広げさせてパンティの上から口と舌での愛撫を加える。
指は両乳首を弄ぶ。
彼女はなされるがまま、よがり声がだんだん大きくなって、私の頭を両手で抱え、強くオメコへ押しつける仕草になる。
一気にパンティを脱がし、直接オメコの中心部に吸い付き、舌で確実にクリを攻め立てる。

「ああ、いい、ああああ、いい、いいわー。もっと、もっとよ」

彼女は腰をくねらせ、愛液を溢れ返してくる。
クリを舐めつつ、吸いつつ、オメコの中に人差し指と中指を突き入れる。
入口のザラザラが何とも凄い女だった。
その奥に進むと、ヌメッとぬめる上壁があり、そこに指腹を宛てがい微妙なタッチを繰り返すと・・・。

「ああ、いいわー。気持ちいいよ。貴方上手ね。もっと、イヤ、イヤ、ダメ、変、出るよ。出るよ。止めて、止めて、恥ずかし~い」

叫ぶように言いながらも腰を激しく私の口に擦りつけ、愛液を溢れ返し、「ああ、ダメ~。ダメ~。イヤ~」と叫びながらとうとう潮を吹いてイッた。

その後は、何度も襲うアクメの波に翻弄されつつ潮吹きと失禁を繰り返した彼女。
続いて子宮口の上にあるPスポットを攻め立てると、「ああ、そこ、そこ何?イヤ~。凄い。凄いわ。良いわ~。気持ちいいー」と叫びながら身体を弓なりにさせ、四肢を痙攣。
私が薬指をアナルの入口に沈めると同時に、「イヤ~」と叫び声を上げて失神した。

失神してだらしなくオメコをさらけ出して大の字に横たわる彼女を見ながら、ゆっくりと私は全裸になり、いきり立つイチモツを彼女の両足を抱えながら、愛液で濡れ濡れのオメコに突き入れた。

「・・・う。うう~。ああ、ああ、いい、いい」

再び息を吹き返した彼女は、今度は私の極太攻撃に、ただの一匹のメスとなって吠えるによがり、一気にアクメへと昇り詰めていった。
何度も何度も痙攣を繰り返しつつ、チンポには強い締め付けを繰り返した。
ようやく絶頂を迎えた私がチンポを抜こうとした時、彼女はガッチリと私を両足で絡め止め、強く抱きつきながら、こう言った。

「このまま奥に出して」

その声に応えて、たっぷりと中へ注ぎ込んだ。
数分、ぐったりと重なったまま動かずにいたが、ゆっくりと彼女の横に添い寝をする形になると、私の胸に顔を埋めながら抱きついてきて、まだ乱れた息で、「あなたがこんなに凄いなんて。最初に顔を見た時は本気で帰ろうと思ったのよ。でも、帰らなくて良かった」と言って微笑んだ。
そして私のイチモツを握りつつ・・・。

「こんなの初めて。凄く太いし大きい。それに硬いしね。小さくなっても、これでも主人のよりも大きいもの。ああ、もう堪らないわ」

そう言いながら私のイチモツを咥え、巧みなフェラを始めた。
彼女の腰を引き寄せ、私の顔の上に跨がらせてオメコを舐めたり吸ったりすると、艶めかしく腰を振りつつ、いやらしい音を立てながらフェラをしてくれた。
もちろん間もなく、凄まじい雄叫びを上げるセックスになったことは言うまでもない。

夜9時を過ぎて2人でホテルを出て、JR駅のガード下からタクシーで帰る彼女を見送った。
その時、彼女は携帯番号を教えてくれた。

それから2年余り、会えば互いに獣になる関係を続けた。
彼女の身体は過去に出会った女性の中でもベスト3に入る素晴らしいものであった。