4年前に、8個年下の子と結婚した。
両親のいない彼女はとても大人びていて、人に甘えるのが苦手な子だ。
俺にもわがままを言わないし、いつでも笑っている。
俺が仕事で上手くいかないとき、八つ当たりしても、怒らずに全て受け止めてくれた。
俺にはこんな良い子は勿体ないと思う。
なにがあっても一生守っていくつもりだ。

結婚して4年、そろそろ子供が欲しいと思うようになり、避妊せずにセックスをしたが、何度やってもできない。
生理不順の嫁は、自分が悪いと言い、病院に通うと言い出した。
俺は、自然にできるのを待とうと言ったが、検査するだけでもと産婦人科へ行くことになった。
ひとりでは不安だろうと、俺も一緒に行くよと言ったが断られた。
俺も嫁が心配だったので、その日は仕事を休んだ。

いつも家事をしてくれてる嫁に今日くらい楽をして欲しくて、部屋の片付けをすることにした。
場所は、リビングと嫁の仕事部屋。
リビングはとても綺麗で、すぐに掃除が終わった。
嫁の仕事部屋は、あまり色々弄らない方がいいと思い、床に散らばったものを片付け、本棚の整理をしていた。
几帳面な嫁は、本棚の本の高さも綺麗に揃えてあった。

その中に一ヶ所だけ隙間だらけの棚があり、ファイルとビデオが並んでいた。
その棚だけは開閉式のものだった。
俺はその中から何気なくオレンジのファイルを手に取った。
そのファイルは逆さまだったらしく、床にばさばさと紙切れが落ちた。
俺はその紙切れを手に取り、目を疑った。
後ろ姿だが、亀甲縛りされた嫁のポラロイド写真だった。

他にも写真は何枚もあり、嫁が高校生くらいの時のものまであった。
フェラをしていたり、騎乗位や正常位、コスプレ、色んな写真があった。
男と仲良さそうに写ってるものもあった。
昔の彼氏かと思ったが、その男は自分の弟だった。

心臓がきゅうっとなり、鼓動が速くなる。
確かに俺は、弟の紹介で嫁と付き合ったのだ。
嫁と弟はただの友達だと言っていたが、この写真はぜんぶ弟が撮ったものではないだろうか。

何枚も写真を捲るうちに、決定的なものを見つけてしまい、気付くとシコッていた。
俺だけのものだと思っていた。
俺しか知らないと思っていた嫁のカラダ。
でも、元は弟のものだったのか。
そう思うと、ひどく興奮した。

ファイルに写真を片付け、元の場所に戻そうとして、棚の奥に1枚だけDVDが置いてあるのが見えた。
ラベルはなく、マジックで嫁の名前が書かれていた。
弟の字に似ている。
俺はそのDVDを持ち出し、自分のワゴン車へ乗り込むと公園まで車を走らせた。
旅行好きな嫁のために買ったキャンピングカー仕様のものだ。

公園の駐車場に着くと、車のカーテンをぜんぶ閉め、鍵を掛けた。
後ろに移動し、震える手でDVDをセットする。

映ったのは、我が家の寝室だった。
その日付は、俺の出張の日だった。
2人は仲良さそうにイチャついたあと、どちらからともなく引かれ合うようにキスをした。
まるで恋人同士のように。

ショックで頭が爆発しそうだ。
それなのに興奮して勃起が収まらず、俺は画面を見つめ、ただひたすらチンポをシコッていた。