付き合い始めて1ヶ月後、初めてラブホに行った。
彼女も初めてだった。
そう、童貞と処女のカップルなんです。

そこは車で入る形式(フロントなし、田舎は大概これかな?)の所だった。
部屋に入ると、4000円そこそこなのにめちゃくちゃ広い!
そして部屋を見渡すと、ベッドがこれでもかと主張している。

(この上で、あんなことやこんなことをするのか・・・)

思わず唾を飲み込んだ。
彼女もやたら部屋を動き回って明らかにドキドキしているのが分かる。

シャワーを浴びに風呂へ。
風呂も広い!
風呂でいちゃつきまくって、いよいよ本番。

前戯は熱いキスから始まり、全身を愛撫していった。
いつもはツンな彼女だが、その時点でもうトロトロ。
俺も興奮して、40分くらいずっと息子がMAX!
いよいよ秘部を攻め始めると、彼女が激しく悶える。
クリと思われる部分を弄ると声にならない声で彼女が反応する。
アソコもかなり濡れ濡れ状態だ。

「そろそろいいかな?」

「うん・・・」

いよいよか!
ついに捨てる時が来たんだ。
感慨深げに思った。

ぎこちない手で備え付けのゴムを装着した・・・。
ちょっと小さいのか分からないけど微妙に痛い。
痛さで気が散らないうちに彼女の秘部へと迫る。
そうだった、彼女も初めてだったんだ。
締め付けの痛さで萎えそうなのと、彼女への配慮との板挟みでもどかしい。
でも彼女への配慮の方が勝った。
ゆっくり秘部の奥へと少し進んだが、大きな壁にぶち当たった。

(これが処女膜というやつか。意外に固い!)

彼女を見ると顔をしかめて少し痛がっている。
と同時に俺の息子もゴムの締め付けにやられてしまったようだ・・・。
一旦離れてからもう一度チャレンジしたが失敗・・・orz
結局その日は最後まで出来なかったけど、彼女がこう一言。

「ゆっくり前に進めばいいじゃん!」

その一言で萎えてしまったことも後に引きずらずに済んだ。

・・・その後、またラブホに行くことがあって、その日に最後まで到達。
膜が破れたときはかなりの出血があった。
次の週に交わったときにも出血の名残りがあった。
自分の布団にも血が付いた。
血の痕をたまに見ながらほくそ笑んでたりする。
いい思い出だ。

初めて奥まで到達した時は、この世のものとは思えない気持ち良さだった。
それ以来、毎週土日は必ず彼女と楽しんでる。
皆もいいセックスを!