『デパートの試着室で全裸になってオナニーをしてきなさい。するときは「ご主人様、ゆかの淫乱な身体を見てください」と言いながらするんだ』

こんな命令を頂いたので実行しました。
実行するために、あるデパートに行きました。
色々歩き回って試着室を探していると、結構大きめの試着室がありました。
ここに決めました。

ジーンズを3本持って入りました。
試着室に入って、すぐに服を脱ぎました。
その店には男の店員もいたので少しドキドキです。
近くで歩く音が聞こえます。
脱ぐ手が思わず止まってしまいます。

下着になるまでは結構早く脱げたのですが、それから先は抵抗がありました。
でも鏡に映っている自分を見てるととてもいやらしく見えてきて、思い切ってブラを外しました。
おっぱいを触ります。
乳首はすでに立っていました。
指で乳首を転がしながら感じてしまいました。

「ご主人様、ゆかの淫乱な身体を見てください」

鏡に向かって言います。
でも、まだ全裸にはなっていません。
パンティに手をかけました。
カーテンの下が10cmくらい開いています。
外から見られていないか気になって仕方ありません。
カーテンの隙間から外を見てみました。
何人か他の客さんがいますが、近くにはいませんでした。

思い切ってパンティも脱ぎました。
ご主人様からの命令の実行です。
あそこを触るともう濡れています。
それもかなり・・・。

右手でクリトリスを触ります。
左手で右胸の乳首を触ります。
すごく感じました。
クチュッと音がします。
外の人に聞こえないかドキドキしました。

「ご主人様、ゆかの淫乱な身体を見てください」

鏡に映っている自分が自分でないように見えます。

(いっそのことカーテンを開けてみようか)

そう思いましたが実行できません。

「ああーあ・・・」

想像するだけでもっと感じてしまい、思わず声が出てしまいました。
すると・・・。

「サイズはいかがですか?」

女性の店員さんの声がしました。
びっくりしました。
今、カーテンを開けられたら大変です。

「だ、大丈夫です」

訳の分からない返事をしてしまいました。
店員さんは何も言わずにその場を離れて行きました。

どれくらい時間が経ったでしょうか。
3本のジーンズでここまで時間がかかると怪しまれると思って服を着ました。
でも、パンティとブラだけは着けませんでした。
試着室を出ると、みんなが私を見ているような感じがしました。
恥ずかしくてジーンズを返してその場をすぐ去りました。

今、そのときのことを思い出してオナニーしています。