中学生だったある日。
スカートの中に短パンだかスパッツだかを穿くか穿かないかで、女子が何やら言い合いをしていた。

短パンを穿く派(A子)「すごく気が楽。スカートを超ミニに出来るから可愛くなるし。B子も結構スカートが短いから穿けばいいのに。ま、見られたい変態なら別だけどさー」

パンツのみ派(B子)「見られても大丈夫だからって平気であぐらかいたりとか、うんこ座りとかしちゃって、A子って行儀良くないじゃん。逆に女を捨ててる感じ。かっこわるー」

普段は仲がいい2人なので、喧嘩とかじゃなくて単なる雑談レベルの言い合いだと思うが、たまたま近くに座ってた俺になぜか矛先が向いた。

「大体さー、男子が見たがるから悪いんじゃん」

「男子がスケベなせいで女子が余計な気を遣わなきゃいけないってバカみたい。あんたたち男が悪い!」

(はー?)

こんな下らないことに巻き込まれてうんざり。
だが、パンツが見れたら嬉しいのは確かなので、男としてはパンツ派の味方をしたいのである。
そこで俺は言った。

俺「もういっそのことノーパンにすればいいじゃん」

A子「何それ!こいつ変態だ!」

俺「まあ聞け。短パン派とパンツ派の他に、“ノーパン派”というのも実はいると思うんだ」

B子「いるわけないじゃん」

俺「まあ聞け。ノーパン派がいると無理やり仮定すればだな、ノーパン派と短パン派の中間に位置するところのパンツ派は、平均的で常識的なスタイルと言えるんじゃなかろうか!つまり、短パンを穿いてる女はおかしいという結論になる!パンツ派万歳!B子、良かったな!」

これで俺は晴れてパンツ派の味方となったわけだが、なぜかどっちからもキモがられてちょっと困惑。
そこで俺は開き直った。

俺「・・・まあ聞け。とにかくノーパン派の存在を確かめないことには、この主張は成り立たない。そこでまず手始めに、お前らのスカートの中を確かめ・・・」

A子・B子「変態」

俺「まあ聞け」

もう誰も聞いていなかった。
っていうか、誰もいなかった。
だったら最初から俺に話を振るな!
ムカつく!

(いつかヤリチンになって、こいつらのパンツだけ脱がして、ノーパンの後ろからぶち込んでやる!)

俺は固く心に誓った。

しかし、それが現実になることはなかった。
なぜなら、パンツだけ脱がしてノーパンにしても結局、スカートがシワになるとか汚れるとかいう理由で、スカートまで脱いでしまうからだ。
というわけで、いまだにナチュラルなノーパン派には出会っていない。