大学2年の頃、サークルで宿泊旅行に行った時のこと。
乱交っぽいことをした。
あれは今もしっかり記憶に残ってる。
今思えば、若かったな~。
いい思い出っちゃ思い出だ。

2泊3日の宿泊旅行の1日目の夜に飲み会があった。
その日の飲み会は旅館の大部屋を半日貸し切ってだったから、時間や場所に縛られることはなかった。
なのでいつも以上にみんな飲みまくり、飲まされまくりの激しい飲み会だった。

飲み会が始まって数時間が経った深夜1時頃、さすがに泥酔者も多くなって解散することになった。
そんで仲の良かった男4女4(俺含めて)のグループはまだ元気があったから、旅館の外の海岸沿いに出て話すことになった。
みんな酒が入ってるのでテンションがかなりハイで、バカ話や下ネタとかもバリバリOKな雰囲気だった。

時間が経つにつれ、最初は輪になってみんなで話してたいたのが男女1対1に別れて話をする形になっていった。
だんだんとエスカレートし始めて、自分の横で話していたペアの男が、ついに女にボディタッチをし始めたのだ。
女も満更ではない感じで、拒む様子もなかったようだった。
男は女が体を許したものだと思い、ついに女の体を弄り始めた。
男の興奮が絶頂に達し、強引に女の体を自分に引き寄せ、ついに唇を重ねた。
男は獣化したかのごとくもの凄い勢いで女の体を弄り、女を押し倒した。
自分のズボンを下ろし、女のスカートに手を入れてパンツを下ろして、2人は激しく交わり始めたのだった。

自分以外も2人の動きに気づき、動揺し、慌て始めた。
1人の男が、「おい!何やってんだよ、お前達それはヤバいだろ~!」と声をあげたが、スイッチが入った2人は止まらない、止められない。
2人はどんどんエスカレートしていった。

そして、ついにみんなが見てる前でバックで交尾を始めた!
男の興奮した激しい息遣い、女が我慢しきれずにあげると喘ぎにも似た高い声。
男は女のブラを無理やり外すと、女の胸を弄りながらガンガンと激しさを増していった。
我々は完全に固まり、2人を見つめるしかなかった。
自分のすぐ目の前で、仲の良い男女2人が交尾している。
まるで夢でも見ているような感覚に陥った。

確かに俺は2人を見て完全に固まった。
しかし身近な男女がリアルでやっている現実を目の当たりにして自分の体は正直だった。
俺の息子は、これまでにないくらい興奮して勃起していたのだ。
目の前でこんな光景を目の当たりにしたら、興奮するのは当然だった。

「あぁ~先輩もスゴク大きくなってるぅ~」

一緒に話していたマリエ似の後輩の女の子が俺の勃起した息子に気づいた。
俺のズボンは寝巻き兼用の薄めのジャージだったので、勃起している息子はこれでもかってくらいそそり立って目立っていた。
俺は、「おいっ、見るなよ!」と声にならない声で慌てて隠した。
マリエ似の子が近寄ってきて、「わー、チョー硬くなってるねぇ~」と、ふざけて俺のそそり立った息子をジャージの上から触れてきた。
そして本気とも冗談とも思えない感じで上下にシコシコと動かしてきたのだ。

可愛い後輩にシコシコされた俺は一気にスイッチが入った!
獣のようなマリエに襲いかかり、体を押しつけ、自分の欲望に身をまかせて腰に手を回して、そしてショートパンツの上からお尻に触れた。
蜜のように柔らかかった!
何回触ったか覚えてないくらい、彼女のお尻を弄った。
マリエも体を委ねて俺の背中に左手を回してきて、でも右手は俺の息子をそのまま上下に刺激し続けてた。

俺の興奮は最高潮に!
唇を重ね、体を弄り、そしてジャージとぐちょぐちょになったパンツを下ろした。
マリエ似の後輩にフェラをさせた後、ショートパンツを下ろしてビンビンに硬くなった息子を挿入した。
可愛い後輩を自分の物にした興奮は物凄かった!

俺たちに便乗したのか、気がつけば周りのペアもやっていた。
あっという間に立ちバックペアーが何組も完成。
その晩は順番に女の子をバックで回して、男も女も猿のように疲れ果てるまでやった。
そして何発も浜辺に精子を撒き散らした。

次の日は体がボロボロ。
ていうかグループ全体がボロボロだった。
若さゆえとは言え、完全に俺達はアホだった(笑)

以上です。
長文スマン。

この経験で人間ってやっぱり猿なんだなって思ったよ。
気になってたマリエ似の後輩や、仲のいい女とできたのはいいけど、その後サークル内で気まずくなったのは辛かった。
身近の男の見ちゃいけない部分を見てしまったのもトラウマになったし・・・。
だけど、野外でやるのはヤバいくらい気持ち良かったです。