彩と初めてしたセックス。
血は繋がっていないとはいえ、妹。
なんかさ、男って終わるとちょいと冷静になるとこない?
俺はあるw

彩を好きという気持ちに嘘はない。
エッチできたことも正直嬉しかった。
あの頃は本当に何回も思ったよ、(なんで彩が妹やねん)と。
妹じゃなければ、普通の恋人みたく、皆に胸を張って言えるのにって。
で、中出ししてしまった後、2人裸でしばらく抱き合ってたんだけど、ふいに彩が口を開いた。

彩「あ・・・出てきたw」

俺「げ・・・俺の?」

彩「うん///お風呂入ろっか?」

俺「そやな。このままっていうのもなんやし、入ろ入ろ。ちなみに一緒に」

彩「うん♪」

こうして2人でお風呂場に。
湯船張りながら2人でシャワー浴びてた。
改めて見ると・・・彩の身体はめちゃ俺好みだった。
まぁ俺が単なる巨乳好きなだけなんだろうけど、Fカップの胸は全然垂れてない感じだった。
彩を洗ってあげるフリをしては何回も胸を触ってたw
ええ、巨乳好きですから。

彩「ちょwもー!わざとおっぱいばっか触ってるやろ?」

俺「ばれた?てか、大きいな~彩の胸。でも、やっぱり重いん?」

彩「んー。自分の胸やし、いきなり大きくなったわけちゃうから、そんなに重いって感じはないけど、垂れるんは嫌やから腕立てとかはしてるよ」

俺「どうりで形がいいわけね」

そんな普通のカップルがするような会話をしながら洗いっこしてたんだけど、俺のムスコがだんだん大きくなってきたw
俺自身びっくり。
さっきしたばっかやのに、もうかよwって。
で、俺はこれを機に長年の夢を彩に頼んでみた。

俺「なぁ、彩って胸で挟んだりしたことある?」

彩「挟むって・・・アレを?」

俺「そうそう」

彩「ない!そんなん恥ずかしくて出来へんわ」

俺「えーーまじで?てか、彼氏に頼まれたこととかないん?」

彩「ない・・・なぁ。前の彼氏、胸大きいの嫌いやったから、胸自体あんまり触らへんかった」

元彼よ・・・お前はなんて勿体無いことをしているのだ・・・。

俺「ちょっとしてみませんか?」

彩「何を?」

俺「パイズリ」

彩「ええぇぇぇ・・・ほんまに言ってんの?」

俺「うん。俺の夢。希望。まじで1回は体験してみたい。俺、胸大きいの好きやし」

こっから結構長いこと交渉してたんだけど、省く。
結果、してもらえることになった。

彩「初めてやからあんまりやり方わからへんし、下手やと思うよ。どうしたらいい?」

俺は湯船の縁に腰掛けて、彩は膝立ちで、ちょうどムスコの辺りに胸が来るようにした。

俺「1回舐めてみて」

そう言うと彩は俺のモノを口に持っていった。

ちゅ、ぢゅ・・・ぢゅぼ・・・ちゅぱ、ちゅぱ・・・。

彩は唾液を口に含みながらフェラするみたいで、音がお風呂場に響いてた。

ちゅぱ・・・ちゅぱ・・・ぢゅ、ぢゅぼ・・・ぷちゅ・・・。

顔を上下させながら俺のモノを一生懸命咥えてる。
さっきイッたばっかりだったから多少余裕はあったんだけど、やっぱり上手すぎる。

俺「ちょ・・・あかん。イキそうなるから・・・挟んでみて」

彩「はぁ・・・」

ちゅぱっと音を立てて、彩が口を離した。

彩「ん・・・こう?」

彩の谷間の中に俺のモノが埋まっていく。
何度も言うが俺は巨乳好きw
パイズリするときの胸を寄せる姿とかは、やばいぐらい萌える。

俺「そ・・・両方から胸を押して挟んで上下にしてみて」

その瞬間、初めての感覚が俺を包んだ。

(き、気持ちいい・・・)

ぷちゅぷちゅぷちゅ・・・。

お風呂場にいやらしい音が響く。

ちゅ・・・くちゅ・・・くちゅ・・・。

もっとヌルヌルにして欲しかったんで・・・。

俺「唾たらしてみて」

そう言うと彩は上目遣いで俺をちょっと見て、唾を垂らした。
そしてまた大きな胸でムスコを挟んでいく。

くちゃ・・・くちゃ・・・くちゅ・・・くちゅ・・・くちゃ・・・くちゃ・・・くちゃ。

彩「はぁ、なんかこれやらしいね・・・変な気分なってくる・・・」

ぷちゅ・・・ぷちゅ・・・。

彩は両方から自分の胸を持ち、自分の谷間に俺のモノを埋めていく。
初めてパイズリされた俺は、この上から見下ろすヴィジュアルがやばかったw
すぐにイキそうになってきた。

俺「彩・・・イキそうなってきた」

彩「ん・・・ぁ・・・はぁはぁ・・・イケそう?嬉しい♪イッて」

彩はそう言うと胸で挟むのを強くしてきた。

彩「気持ちいい?イッて・・・このままイッて」

激しく胸を上下させる彩。

くちゅくちゅくちゅ・・・くちゅくちゅくちゅ、・・・。

俺「あぁ・・・イク」

そう言って俺は彩の胸に出した。
さっき出したばっかだったから量は少なかったけど、ものすごい快感が体を走り抜けた。

彩「はぁはぁ・・・これ結構しんどいね(笑)気持ち良かった?」

俺「・・・」(←ぽけーっとしてたw)

彩「ちょw大丈夫?」

俺「これやばい。まじで気持ちいい。感動した。まじで」

彩「あは♪初めてしたのにそこまで言われると嬉しい」

俺「またしてくれる?」

彩「うん。お兄ちゃんがしてって言うんなら。お兄ちゃんが巨乳好きで良かったw」

この後は普通に洗って風呂から上がった。
お風呂上りにお酒飲もうってなって、ほろ酔いになってもう1回エッチした。