工場で働いている23歳の女です。
去年の今頃、パソコンでまとめなければいけない作業があったんですが、私はパソコンにあまり慣れていなく四苦八苦していました。
定時をすぎても全然終わりそうもなくて、(何時に帰れるかな・・・?)と思っていたら、あゆみ先輩が来て、「ずいぶん手こずってるのね。どうすればいいの?」と手伝ってくれたのです。

「早く終わらせてご飯でも食べに行こう!」

あゆみ先輩が残りを全部やってくれて、おかげでかなり早く終わりました。
一緒の帰り道・・・。

「ありがとうございます!助かりました」

「いいっていいって」

ファミレスで食事をして、ご馳走までしてくれました。
帰りの車の中で・・・。

「ありがとうございます。ごちそうさまです。今日は何から何まで・・・。お礼がしたいんです」

「いいよ、そんなの~」

「今度飲みに行きましょうよ!私に奢らせてください」

あゆみさんは笑ってましたが・・・。

「じゃあ、飲みに行かなくてもいいからチューさせて。私、あーちゃんのこと、好きなんだ。いい?」

「え・・・でも・・・」

私はしばらく考えて、「いいですよ」と答えました。
あゆみさんは28歳で、すごい綺麗なので男性社員からも人気がありました。
今日はお世話になっちゃったし・・・いっか~って感じでOKしました。
しばらく車を走らせて、ちょっとした暗がりの場所で車を停めるとエンジンを切り、私に抱きついてきてキスをしてきました。
最初は軽くチュッって感じだったんですが、だんだん激しくなってきて舌を絡めてきました。

「・・・ん・・・う・・・」

私は声も出ませんでした。
唇を離して、「あゆみさん激しい~」と笑いました。

「だって可愛いんだもん」

そう言って、またキスをしてきました。
クチュクチュと唾液が交わる音が車内に響き、あゆみさんはほっぺや耳の穴にもキスをしながら胸を揉んできて・・・。

「大好き大好き大好き。可愛い~」

私の服をたくし上げ、ブラを少しずらして乳首をコリコリされて・・・。
私は気持ちよくなってしまいました。
女の人の唇がこんなに柔らかいって初めて知りました。
そして優しいキス。
あゆみさんは私のブラを完全にずらして乳首を吸い始めました。

「私、今、あーちゃんの乳首を舐めてるよ」

「恥ずかしいです・・・あっ・・・はぁ~」

あゆみさんは私の座っている席を倒すと、私の足を上げてスカートを捲り、頭を入れてきました。

「あゆみさん!だめ!そこはだめ!汚いから」

「わかった。ごめんね」

お風呂に入ってないから嫌だったんです。
でも終わっちゃうのもなんか嫌で、思わず、「ソコ以外なら・・・」と言ってしまいました。
あゆみさんは私のブーツを脱がせ、ソックスを脱がし、足を舐め始めました。

「臭い・・・汚いから・・・あゆみさ~ん」

ブーツだから蒸れて臭うし・・・でもちょっと気持ちいい。

「やっぱダメ」

あゆみさんは私の足の指を口の中から出して・・・。

「そうだよね?ゴメンね、変なことしちゃって」

あゆみさんは運転席に座って、そこでまたしばらく世間話で盛り上がってると、いきなり・・・。

「私ね。レズなんだよ」

あゆみさんは告白してきた。

「知ってますよ~。普通、女の子の足なんて舐めないもん」

2人で声を出して笑いました。
するとあゆみさんは急に真面目な顔をして・・・。

「あーちゃんのことが好きなんだ。いつも可愛いと思って見てるんだよ。彼氏が羨ましいな~なんて」

「そうなんですか・・・ちょっと気持ちの整理がつかなくて」

「うん、そうだよね。もしも万が一、私と恋人になってくれるんなら言って!お願い。あーちゃんと付き合いたいんだ」

私には彼氏もいるしレズでもない・・・。
でも、あゆみさんは私のことを好きでいてくれている。
いつも私に優しいし、可愛いし、「好き」って言われて嬉しくないって言ったら嘘になる・・・。

「・・・あゆみさん・・・私と・・・なんだろう・・・身体が欲しいだけなんですか?」

「違う!絶対に違う!一緒にいて楽しいし、デートとか買い物とか行きたいの。恋人同士みたいな関係になりたいの!」

「ちょっと考えさせてください」

私の言葉を聞いてあゆみさんは大きく頷いた。
あゆみさんは車を走らせてウチまで送ってくれた。

その後、あゆみさんと付き合うということになりました。
彼氏とは別れてないので、これってやっぱり二股って感じなんでしょうか。

時々あゆみさんと買い物に出かけたり、遊びに行ったりして楽しい時間を過ごしましたが、身体の関係は一切ありませんでした。
あゆみさんは私を大事にしてくれていて求めてきませんでした。
私のあゆみさんに対する“好き”という気持ちが“愛”へと変わっていくのはあまり時間がかかりませんでした。
私はあゆみさんを恋人として見ているのかもしれません。
そんな時、あゆみさんが・・・。

「今度さ~温泉行こうよ~」

「あ!いいね~。行こう~」

「でも・・・一泊するんだよ・・・いいの?」

あゆみさんは私を試すように言ってきました。

「・・・いいよ」

私たちはまだお泊りで出かけたことがなかったのです。
あゆみさんが気を使ってくれて、(お泊りすると、そういう関係になってしまうかも・・・)と思ってたので。

「じゃ、行こうか」

あゆみさんがホテルを予約してくれて日程も決まりました。
当日は車で迎えに来てくれました。
車の中では下らない話をして大盛り上がりで、美味しいご飯を食べに店に入ったりしてホテルに到着しました。
ちょっと奮発して部屋に温泉がある部屋。
2人で入ったんですが、あゆみさんは特に何もすることなくお風呂から出ました。

夜食を食べて、2人でちょっとお酒を飲んで、テレビを観ながらまったりしていました。
なんだかんだで、もう23時。
私はちょっと汗をかいていたし、この後、あゆみさんに体を見られると思って温泉に行きました。
あゆみさんも私が出た後で入っていました。

その後、私はあゆみさんに抱かれました。
激しいキス。
そして浴衣を脱がされブラジャーを取り、あゆみさんは乳首を舐めてきました。
全裸にされて身体の隅々まで愛撫されて頭が真っ白になってしまいました。
首筋、腕、手のひら、手の指、乳首、脇、わき腹、お腹、ヘソの順番で舌が這って、パンツを脱がされてクリ、アナル、お尻、背中と愛撫して、足、ひざの裏、足の裏、足の指と丹念にしゃぶってきました。

「美味しい」とあゆみさんは舐めるたびに言ってくれて、「肌がきれいだね」とも言われました。

今の彼氏にはこんなに激しく責められたことないので、気持ちよくてかなり大きな声で喘いでしまいました。
そしてクリを執拗に舌で責められて、私はイッてしまいました。
その後も、私のクリと膣とアナルをビシャビシャと音を立てながら吸ったり舐めたりされてしまい、もう私は気絶寸前でした。

私はもう何もできずに呆然と布団に横たわっていましたが、あゆみさんはずっと私のアナルを舐めていました。
もう恥ずかしいとかって思いはなくて、(あゆみさんにならどんなことをされてもいい!)と思いました。