高校の時、覗き目的で女子トイレに籠もった。

高1の冬、土曜日の放課後(土曜授業が普通にあった時代だ)教室に残っていると、当時好きだった貴子(仮名)が、何やら焦った様子で廊下を歩いて行くのが見えた。

(これはトイレだ)

俺は直感して貴子のあとを追った。
案の定、彼女はトイレに入っていった。
男子トイレに入り、そこから個室の水洗槽によじ登った。
そこからだと、目の下に女子の個室が見えるのと、さすがにその時は女子トイレに侵入するのはヤバいと思ったからだ。
ラッキーにも貴子は眼下の個室に入っており、しゃがんでいる様子や、立ち上がって丸出しの巨大なお尻が純白のパンティー(パンツといった感じだったが)で包まれていく様子を見た。

貴子がトイレを出た後、トイレに残った貴子のおしっこの臭いを嗅ぎたくなってきた。
男子トイレを出て、周りに誰もいない、近づいて来る人の気配もないことを確認して女子トイレに駆け込んだ。
貴子の使った和式便器には、ツーンと鼻を突くおしっこの臭いが残り、金隠しの部分にはおしっこが飛び散っていた。
金隠しには、縮れた茶色の陰毛が付着していた。
その陰毛を手に取り、さっき見た貴子の排尿ポーズを思い出していると、ガヤガヤと女子の話し声が聞こえてきて、いきなり女子トイレのドアが開いた。

入ってきたのは、これから練習がある硬式テニス部の女子数人だった。
ペチャクチャしゃべりながら個室に入って来て、俺が籠もってる隣の個室には、学年で一番可愛いと評判だった千香子(仮名)が入った。
なぜ千香子だと分かったかというと、上履きに書かれた名前が隙間から見えたからだ。
俺は、(見つかったら大変だ!)という恐怖と、(千香子の放尿が見れる!)という期待で、ドキドキしながら隣の個室を覗いた。

千香子は深々と便器にしゃがむと、消音の水を流して排尿し始めた。
ポヤポヤと生えた陰毛の中から元気よくおしっこが飛び出すのが見えた。
でもすぐにおしっこは終わり、千香子は濡れたオマンコをそっと拭いてから身なりを整え、個室を出た。

やがて他の女子たちも用を済ませて個室を出たようだった。
彼女らは手を洗っていたが、そのとき誰かが、「ねえ、ここ(俺の籠もってる個室)、なんか変じゃない?」と口にした。
俺は凍り付いた。

「誰か入ってるんじゃない?」

「え、女子?」

不審がる女子の声。

「ん・・・私もなんか変な感じがした」

さっき排尿を覗かれた千香子も言った。

「覗いてみようか・・・」

誰かが言った。
今女子たちに覗かれたら、俺が籠もっていたのがバレてしまう。
全身が震えた。

「うわぁーーーーーーー!!!」と叫びながら飛び出して、全速力で逃げようかとも考えた。

女子たちに捕まる。
職員室に連行。
停学。
親からの叱責。
全生徒からの嘲笑と蔑視。

こんな思考が頭を駆け巡った。

だが幸いにも誰かが、「あ~練習始がまっちゃうよ!」と叫び、女子たちは「ホントだ~」「やばいよ~」などと言いながら女子トイレを出て行った。

(ふー、助かった・・・)

俺はこっそりと個室を出て、全神経でトイレの外の様子に気を配り、誰もいないと確信するとトイレを出て、脱兎のごとく教室に帰り、カバンを引っ掴んで帰宅した。
しかし、喉もと過ぎれば云々と言うべきか、練習している硬式テニス部の千香子を眺めながら、さっき見た排尿を頭に焼き付けておくことも忘れなかった。

しかし、その後千香子のおしっこを思い出そうとしても、頭に浮かぶのは個室の外で女子たちが不審がっていた時の恐怖の思いである。
女子たちに見つかって職員室に連行される悪夢を、いまだに見ることがある。
女子の排尿は見たいと思うし、また女子トイレに籠もってみたいとも思う。
切実に思う。
けれど、実際に籠もって発覚寸前で助かった俺にしてみれば、やはり女子トイレに籠もるのは危険だ。

『盗撮のビデオで楽しむか、排尿を見せてくれる彼女か妻を探すのが一番』というのが俺の結論。

千香子はその後、地元の大学の農学部に進学し、現在は農業試験場に勤めている。
ちなみに2児の母。
一方、俺はと言えば、幸いにも排尿を見せてくれる妻をもらうことができて、時々“家庭内擬似トイレ覗き”を楽しんでいる。

それにしても、高1の女子トイレでの恐怖体験は、今思い出しても怖くなる。