GWの前半が4連休になったので、帰省してきました。
もちろん実家で家族とのんびり過ごすのが目的なのですが・・・。
でも近頃では、帰省することにもうひとつの楽しみを見出してしまっている自分がいます。

私には、他人には言えない自分だけの秘密があります。
誰かに覗かれながら、人知れずに恥ずかしい感情に身を焦がす・・・。
その快感に包まれるときの興奮の味を知っているのです。


私は東京に住んでいます。
でも東京は、どこでも人が多すぎて・・・。
なかなかそういうチャンスを見つけることができません。
ずるいけど・・・リスクを冒す勇気はないのです。
いつからか、そういうシチュエーションを探すことが、実家に帰省するときの目的のひとつになりつつありました。

実家に戻ったその翌日には、もう“その場所”に行くつもりでいました。
ずっと心の中にあったのです。
昨年の夏に訪れた渓流沿いの露天温泉・・・。
私はあのときの出来事をずっと忘れられずにいました。
1月にも帰省したのですが、そのときは雪道を運転する自信がなくて、行くのを諦めてしまったのです。

一通り荷物を準備した私は、実家の車を借りて出発していました。
まだ午前中の早い時間です。
目的地は隣県ですし、遠いですからぐずぐずしていられません。
春のうららかな陽射しの中、穏やかな気分で運転していました。
天気も良くて絶好の温泉日和です。
ドライブ自体が楽しい感じでした。

道も完璧に憶えています。
一度コンビニに寄ったぐらいで、休憩をはさむこともなく運転を続けていました。
山道のカーブをくねくね走ります。
あるキャンプ場の近くを通過しました。
ようやく目的地が近づいてきます。
国道の途中から、目立たない脇道へと入っていきました。
車を走らせながら懐かしさが蘇ってきます。
この辺りは私にとって色々と思い出深い場所でした。
ハンドルを切って目的地の温泉へと進んでいきます。

舗装されていない山道を走らせて行くと、古びた温泉旅館が見えてきます。
1軒・・・2軒・・・。
いくつかの旅館の前を通りすぎて、道路脇の駐車場に車を入れました。

(着いた)

荷物をまとめました。
スポーツサンダルに履き替えます。

(懐かしい・・・)

前回来たときから、まだ1年も経っていないのに・・・。
なんだか大昔のことのように感じます。
GWだというのに、相変わらず人の気配のないひなびた温泉地でした。
トートバッグを持って車から降り立ちます。
陽射しは暖かだけど、空気はまだ冷たい・・・。
そんな陽気でした。

目指す公共(?)露天風呂へと続く歩道は、この駐車場の奥にあります。
すでに誰かの白い車が1台停まっていました。
それは、(たぶん先客がいる)ということを意味しています。

頭の中でイメージを思い浮かべていました。
私は、いわゆる変態さんのように大っぴらに見せつけたいのではありません。
むしろ相手にそういう女だと思われるのは絶対に嫌でした。
この顔・・・細身のこのスタイル・・・。
外見の容姿にだけは多少なりとも自信のある私です。
男の人にこっそりと覗かれる被害者のふりをして・・・。
人知れず、心の中で恥ずかしさを味わいたいのです。

山の清々しい空気を思いっきり吸い込みました。
そして大きく口から吐きます。
緊張しそうになっている自分を奮い立たせました。

(よしっ)

期待に胸を膨らませながら、森の歩道へと足を向けたとき・・・。

(あっ?)

ちょうどその歩道から戻って来た人たちが現れました。
大学生ぐらいに見えるカップルです。
お互いになんとなく・・・。

「こんにちは」

「こんにちは」

軽く挨拶を交わしてすれ違います。
私は振り返っていました。
すれ違った2人の背中に声をかけます。

「あの・・・◯◯湯って、こっちで合ってますか?」

初めてここに来たふうを装って歩道を指差しました。

「そうですよ」

男の子のほうが笑顔で答えてくれます。
仲の良さそうなカップルでした。
私が、「混んでました?」とにこやかに聞くと・・・。

「いや、僕たちだけでしたから・・・もう誰もいないと思いますよ」

親切に教えてくれます。
2人にお礼を言って小道に入りました。
そしてすぐに立ち止まります。
その場で耳を澄ませていました。
しばらくしてエンジン音が響いてきます。
車が走り去って行くのが聞こえました。
もう一度駐車場を確認します。
さっきの白い1台はいなくなっていました。
私の車だけが、ぽつんと取り残されています。

(やっぱり、あのカップルの車だったんだ)

ちょっとだけ複雑な心境でした。
今、露天風呂まで行っても私だけですから、望むようなチャンスは無いということです。
でも、それもある程度は想定していたことでした。
もともと私も、それなりに長期戦の覚悟は持って来ています。
そのために早い時間から家を出発したのですから。

森の歩道を1人歩いていきます。
片側は崖のように切り立っていました。
下を覗き込むと、木々の間に川の流れが見えています。

(懐かしいなぁ)

近づくにつれ、どんどんテンションが上がってくる自分を感じました。
そのうち朽ちた表示板が見えてきます。

『◯◯湯→』

歩道の横から下へと降りていく階段道が伸びていました。
崖を回り込むように下っていく、急こう配の階段道です。
足元に注意しながら一歩一歩足を進めていきます。
開けた視界の下に男湯の岩風呂が見えてきました。
誰もいない無人の岩風呂を、上から一通り見渡します。
そして、一番下まで降りてきりました。

渓流沿いに設けられた、細長い露天温泉です。
女湯に行くためには、男湯のスペースの中を通っていく形になります。
一番奥の木戸が女湯の入り口でした。
男湯の中を突っ切るように、そちらへと歩いていきます。

ガタッ。

木戸を開けて石垣を折り返します。
懐かしい露天の女湯が私を待ち受けていました。

(ああ・・・)

何もかもが以前と同じです。
無人の岩風呂を前にして、私はスカートを下ろしました。
乾いた小岩の上に脱いだ服を次々に重ねていきます。

(いい気持ち)

大自然の中で一糸まとわぬ姿になることの開放感がありました。
全裸になった私は・・・。
手おけでかけ湯をしてから湯溜まりに入りました。

「ふーっ」

熱いお湯が、何時間も運転してきた私の体を癒してくれます。

(気持ちいい)

こちら側の女湯のお風呂は、湯船というほどの立派なものではありません。
狭いスペースの真ん中に小さな湯溜まりがあるだけです。
それでも私は格別な思いでした。
またここに戻って来たのです。
この、恥ずかしい記憶でいっぱいの場所に。

お湯に浸かりながらチャンスを待ちました。
結構熱いお湯なので長湯はできません。
ときどき湯溜まりから出ては、左右に立てられた目隠しのすだれ・・・。
露天スペースの端っこのコンクリート部分・・・。
懐かしさ半分で周りを眺めていました。
この端っこのコンクリートの側面は、そのまま護岸のようになっています。
高さは1m半ぐらいでしょうか。
身を乗り出して下を見てみました。
護岸に沿って、川べりの土台が男湯まで繋がっています。

(懐かしいな)

この『すだれ』の隙間から見知らぬおじさんに覗かれたときのことを、昨日のことのように思い出していました。
トートの中には、あのとき使ったデジカメも持ってきています。
同じようなシチュエーションで、またあの興奮をまた味わえれば最高でした。
今日も上手くいくでしょうか。
期待に胸が膨らみます。

(誰にも迷惑をかけるわけじゃない)

その思いが私を穏やかな気持ちでいさせてくれました。
いけないことをしようと目論んでいるのに罪悪感はありません。
むしろ・・・。

(覗くことになる男の人は喜ぶんだろうな。裸の私を目にできて、ドキドキするんだろうな)

まだ見も知らぬ相手の心情を想像して、ワクワクしていました。
数分おきに入口の木戸から男湯の様子を窺ってみますが・・・誰かが訪れてくる気配は一向にありません。

(ふうー)

それにしても、いい景色です。
目の前を流れている川の水は透明に澄み切っています。

(冷たそう)

護岸の下に降りる気にはなれませんが、眺めているぶんには最高でした。
ときどき吹いてくるそよ風は、まだ幾分か冷気を含んでいますが・・・のぼせた体には、それも清々しいぐらいです。

(いいなぁ、ここの温泉は)

私の邪な気持ちは別にしても、ここは本当に秘湯という気がします。
こうしてお湯に浸かっていると、日頃の嫌なことなどすべて忘れてしまいそうでした。
お湯から出るたびに、木戸に近寄って男湯の様子を覗いてみます。
もう30分以上、そんなことを繰り返していました。
すでに11時を回っているはずですが・・・。

いくら待っていても山奥のこの露天温泉を訪ねて来る人は誰もいません。
待ちぼうけの気分で色々考えていました。

(時間が早すぎた?さすがにここはマイナーすぎる?)

地元の人が来るとすれば、やはり午後でしょうか。
だんだんと緊張感を失っていました。
経験上、私にはわかっていることがあります。
こういうことのタイミングというのは、自分でどうにかできるものではありません。
いくら自分がその気になっても、“運”がなければそれまでなのです。
考えてみれば、こんなにいい温泉で貸切の状態でした。

(これほどの自然の中で私1人だけ)

しかも全裸でいるのです。
期待してきたのとは違うけど・・・、1人で何をしようと、誰にも邪魔されることはありません。
一度そんなふうに思うと、もう魔法にかかったようなものでした。
いたずら心が出てきます。

(大丈夫。誰もいない)

こういうサイトに、こうやって体験談を投稿するぐらいですから、私のことを蓮っ葉な女だと思っている方も多いかもしれません。
でも私・・・普段は本当にまともな生活をしてるんです。
実際に私のことを知る人は・・・私に対して、たぶん真面目で控えめなイメージしか持っていないことでしょう。

スポーツサンダルを履きました。

(大丈夫・・・)

誰もいないときぐらい、他人から思われている自分のイメージを裏切ってやりたくなります。

(私だって本当は羽目を外すことだってできるんだから・・・)

もう一度、周りに誰もいないことを確認します。
岩場に手をかけました。
足場を確かめながら・・・裸のまま、ひょいひょいと2メートルぐらいよじ登ってみます。
そして振り返ってみました。
大した高さではないのに、見える景色が全然違うような感じがします。
足場に踏ん張った両脚が全開でした。
真っ裸のまま、右手を股の間に持っていきます。

(私だって)

大切な部分をなぞりました。
外見は、どこからどう見たって“おしとやか”なはずの私・・・。
あそこを触りながら、恥じらいもなくお尻をくねらせてみせます。

(この私の、こんな姿・・・)

もし会社の男性たちが覗き見たら、きっと衝撃を受けることでしょう。

(どう?・・・どう?・・・私のこの格好・・・)

指先をクリに宛てがいました。
彼らの顔を思い浮かべながら、私はオナニーの真似事をしてみせます。

<続く>