肩までお湯に浸かった私・・・。
彼に見えているは私の首から上だけです。
すだれの隙間・・・。
相変わらず、あの子はまだそこにいました。
今この瞬間も、1人くつろぐ私のことを凝視しているはずです。

どんな気持ち?
優越感でいっぱい?
お風呂の覗きなんかして・・・。
後ろめたい気持ちはあるの?

お湯にくつろぐふりをしながら・・・自分で演じるこのお姉さんが、とにかく不憫でなりません。
何も悪いことしてないのに、男の子の前で、こんなに恥をかかされて・・・。

帰りたい。
早く帰ってオナニーしたい・・・。
今日のこの体験を思い出しながら、思う存分オナニーしたい。
でも、とてもではないですが、帰るまで我慢できる気がしません。
きっと途中で車を停めて・・・。
誰もいない森の中で、1人でしてしまうに違いない・・・。
そんな自分の姿が想像できていました。
お湯の中で、無意識にあそこに伸ばしてしまっていた手・・・。

びく!

(ぅあっ)

全身に快感が走りそうになります。

ドキドキ・・・。

一瞬、計算しようとしている自分がいました。
お湯の中までは、あの子に見えない。
表情さえ平然としていられるのなら・・・。
このまま、ばれずに・・・。
男の子に覗かれたまま、この場でこっそりオナニーできるんじゃないかと思ったのです。

(でも、無理・・・)

現実的に、そんなふうに振る舞えるはずがありません。

ああ、したい・・・。
早くしたい。
帰ってオナニーしたい・・・。

一度考えてしまったことで、欲求に火がつきかけていました。
あまりにも不埒ではしたないイメージが、私の意識を支配します。

男の子に見られながら?
恥ずかしすぎて無理・・・。
野天風呂の、こんな状況で?
絶対無理・・・。

ざば。

湯だまりの縁に腰かけました。
のぼせた体を冷ますように・・・。

「ふうー」

大きく息を吐きながら腰かけたまま俯きます。

(あとは帰るだけ)

最後・・・もう、おしまい・・・。
頭の中でそう思いながらも葛藤に襲われます。

(あの子のため?)

違う、私のため・・・。

(できるの?)

できるはずない・・・。

さりげなく、右手で左のおっぱいを撫でました。
手のひら全体を使って優しく胸を包みます。
そして・・・その手をそのまますっと下に滑らせました。
股の間に差し込んで・・・。
腰かけたまま、体をびくっと震わせます。
恥ずかしそうな顔をして俯いてみせました。

(本気?本当にする気なの?)

自分で自分の気持ちがわかりません。
股に差し込んだ手を抜いて、顔をあげました。

いいじゃない。
こんなにも自然の真ん中で・・・。
周りには誰もいない、1人っきりなんだよ。
このお姉さんが、ちょっとぐらい開放的な気持ちになることがあったって・・・。
それぐらい、別にいいじゃない。

誰もいない女湯で・・・1人、はにかんでみせます。
演技をしていました。
きょろきょろと周りを見渡すふりをしながら立ち上がります。
外からも、なるべく見えにくいところ・・・。
少しでも姿を隠そうとしている感じで、そのすだれの前へと身を寄せました。
彼に正対するように、地べたにぺたんと座ってしまいます。
美大くんに向き合ったまま・・・。

(ああん、近い)

周りに誰もいないことを何度も確かめるふりをしました。
本当は、すぐ目の前に男の子の顔があるのに・・・。
1人っきりなことを確信した表情で、いたずらっ子のように目を輝かせてみせます。
手を胸にやりました。

(美大くん)

彼の視線を意識しながら・・・。

(ああ)

両手でおっぱいを揉みまわしてみせます。

「ふうー」

大きくため息をつきました。
アンニュイな面持ちで目を泳がせながら・・・。
自分の胸を鷲掴みにするさまを、あの子に見せつけてあげます。
ものすごい快感でした。
男の子の前で、こんなことをしているのです。

(見て、私のおっぱい・・・)

円を描くように胸を擦って見せながら背徳感でいっぱいでした。
こんなにも素の私を人前で曝け出してしまっています。
指先を乳首に触れさせたとき・・・。

「・・・ぁっ」

思わず小さな声を漏らしていました。
頭の中が、かーっとなって、羞恥心に耐えられなくなります。
ここからは、もう演技をしている感覚ではありませんでした。
泣きそうな顔になってしまっているのが自分でわかります。
普段オナニーするのと同じ手順で乳首を弄っていました。
軽く摘んだ乳首をひねりながら・・・その先端を指先で刺激します。
いくら声が出ないようにこらえても・・・。

「・・・ぁ・・・はぁ・・・っ・・・」

吐息が荒くなってくるのは誤魔化せませんでした。
ときどき手のひらで胸全体を擦るようにしながら・・・。

(ああ・・・)

泣きそうに顔をしかめます。
男の子に見られていることを頭の中で意識していました。
何度も何度も乳首を弄びます。
指先で摘んだまま・・・。

「・・・ぁ・・・ぁぁ・・・」

切なく眉をひそめる私の本気顔を、美大くんに見てもらいました。

気持ちいい。
恥ずかしい。
もっと、あなたの視線で・・・興奮させて。

そのままごろんと、体を後ろに倒します。
地べたに仰向けに寝そべっていました。
照りつける真上からの陽射しに目を開けていられないぐらいです。
彼のいるすだれに向けて、まっすぐ伸ばした両脚を・・・そっと左右に開いていました。
右手を股に伸ばします。
手のひらを使って、自分のあそこを撫でてみせました。

(恥ずかしい。死んじゃう)

鼻の奥にくっと、込み上げてくるものがあります。
目がしらが熱くなりました。

見ないで。
こんな・・・。
私のこんな姿・・・。

次の瞬間には勝手に涙が溢れてきます。
左の手は、ずっと胸を擦り続けていました。
膨らんだ乳首を転がすようにして指で弾いて見せます。

(あ・・・あ・・・気持ちいい・・・)

躊躇いを捨てました。
仰向けに寝たまま、さらに両脚を開いてしまいます。
美大くんに、あそこを丸見えにしていました。
彼の視線のすぐ真正面で私の股が開いています。
もう指先がぐじゅぐじゅでした。
2本の指で挟むようにして、二重の羽をなぞります。

(あ・・・あ・・・あ・・・)

人差し指と薬指でクリの包皮を挟んでいました。
中指の先を先端に触れさせます。

「ぁあっ」

思わず声が出ていました。
唇をきゅっと閉じて、奥歯を噛みしめます。
指先で掻くように、敏感な部分をなぞりました。
自分の意思とは関係なく、びくっと、体が跳ねそうになります。

(ああん)

もう戻れないところまで来ていました。
自分で自分の手を止められません。
見られていると思うだけで・・・。

(ああん、だめぇ)

全身に鳥肌が立つような感覚でした。
覗いている彼の目の前で、クリに当てた指先を震わせます。

「・・・ぁ・・・ぁっ、ぁ・・・」

勝手に口が開きます。

「・・・ぁっぁぁ・・・」

喘ぎ声が大きくならないように必死でした。
普段のオナニーとは押し寄せる興奮のスピード感がまったく違います。
あっという間に絶頂が迫ってきていることを感じながら・・・。

(あああん、見ないで)

目尻から溢れた涙が次々に顔の横へと伝い落ちていきます。

「・・・ぁ・・・、ぁ・・・」

クリに当てた指先を執拗に震わせました。

あ・・・あ・・・。
イク・・・。
イッちゃう・・・。

体の中心から溢れ出す波動が、全身の血液を逆流させていきます。

ああ・・・。
もうだめ・・・。
イッちゃう。

「ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・」

(ああ、あ!)

「・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁぁぁぁ!」

イッてしまいました。

(あ・・・ああ・・・あん)

びくびくびくっ・・・と、抗いようのない力で全身がびくつきます。

(ああああん)

快感に脳が溶けていました。
ふわふわしたとろとろの快感に、意識がどこかへ遠ざかっていきそうです。
ビクビクする下半身に寝そべったまま悶えていました。

(ああん)

何も考えられません。
考えようとすることを脳が拒否しています。

(恥ずかしい)

ただひたすらに恥ずかしくてなりませんでした。

(もう見ないで、お願い)

その反面、得も言われぬ喜びにも満たされています。

(幸せ・・・私、幸せ)

こんな興奮、他でどう味わえるというのでしょう。
快感の余波に全身を包まれたまま体を脱力させます。

美大くん、女の人がオナニーするとこ・・・。
本物見たの初めてでしょ?
良かったね・・・。
お姉さんの恥ずかしい行為を見れて、良かったね・・・。

まったく動けませんでした。
恍惚としたまま、体に力を入れることができません。

「はあ・・・はあ・・・」

荒い呼吸が落ち着いてくるのをじっと待ちました。
男の子の前であそこを丸出しにしたまま・・・どれぐらいの間、その状態でいたでしょう。
絶頂感が少しずつ引きはじめるのと入れ替わりに・・・。

(ああ、まずい)

強い尿意が襲ってきます。

動けない。
もういい・・・。
いいや、このままで。

そのまま、下半身を弛緩させました。

じょわっ。

飛び散るように噴き出したおしっこが、ももの内側を濡らします。
仰向けに寝そべったまま両脚をガニ股に開きました。
自分のおしっこがかかるのを避けるように・・・その両脚を空中に浮かせます。

びゃあー。

自分でも驚くぐらいの勢いで、おしっこが出ていました。

(最低。私って最低・・・)

こんなにはしたないポーズで放尿している私・・・。

(美大くん・・・)

きっと息を呑んで観察していることでしょう。
すぐ目の前でおしっこを噴き出している、女の人のあそこを。

(あああああ、出すぎ・・・出すぎ・・・)

じょあー。

お姉さんの下品すぎる姿を彼に見せてあげていました。

(恥ずかしい、死んじゃう・・・死んじゃう・・・)

「しゅー」

ようやくおしっこの勢いがなくなってきます。
宙に浮かせていた両脚を下ろしました。
尿の匂いが漂ってきます。
気だるそうな表情で息をつきながら・・・。

「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

まだ起き上がれずにいました。
いわゆるM字にした下半身を大胆に開きっぱなしです。

(気持ちいい)

もしも見られているのが職場の男性だったら・・・。

(生きていけない、死んじゃう)

何も知らないふりをして・・・。
人前で、こんなに大股を開いている私・・・。

(ああん、だめ)

右手を股に持っていきました。
クリの膨らみに触れます。
刻むように指を震わせて・・・。

(だめ、だめ・・・見ないで)

一度は引きかけたはずの恍惚感が一瞬にして戻ってきていました。
涙がボロボロこぼれます。

(なるべく恥ずかしく、みっともない格好で)

私は体をひねりました。
左腕で体重を支えるようにして起き上がろうとします。
彼に背を向けていました。
おしっこのたまった地べたを避けて、すだれの方へと後ずさります。

「・・・ぁ・・・ぁぁっ・・・」

両膝立ちの状態で、あそこに当てた指先を震わせました。
背筋をぴんと伸ばして・・・。

「ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・」

恥ずかしい息遣いをして見せます。
わずか数十cm後ろには、あの子が覗いているすだれ・・・。
目の前の地べたに左手を置きました。
四つん這いというか、実際には“三つん這い”です。

「・・・ぁっ・・・ぁっ・・・」

覗いている彼の目の前で、お尻をくねらせていました。
丸見えにしたあそこを後ろから覗かせながら・・・。

(恥ずかしい)

指先の動きを加速させます。

(来てる)

2度目の絶頂が、すぐそこまで迫って来ていました。
いくら押し殺そうとしても・・・。

「ぁっ、ぁっ・・・」

息遣いに混じって、どうしても喘ぎがもれてしまいます。

(恥ずかしい、恥ずかしいよ)

自分でもコントロールできないうちに・・・。

「・・・ぁあぁっ!」

再びイッていました。

(ああああん)

右手も地べたに置いて、その手の上に顔を突っ伏します。
後ろに突き出したお尻はそのままに・・・。

「はあ・・・はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

全身で呼吸をしていました。
快感の波動に喘ぎながら、膣の奥がきゅうきゅう縮みます。

(もうだめだ、耐えられない・・・)

じっとしているしかありませんでした。

(見て・・・。私の恥ずかしい姿・・・)

イッたばかりのあそこを丸見えにしたまま・・・。

「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

背中を上下させて息を繋ぎます。
呼吸の動きに合わせて・・・。

(恥ずかしいとこ見て)

肛門を『きゅっ』とすぼめたり、緩めたりしてみせました。

(もうだめ・・・もうだめ・・・)

もう体力的に保ちません。
崩れ落ちるようにうずくまっていました。

「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

ちょっと体を動かそうとしただけで、びくっ・・・。
快感の余波に体を奪われます。

「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

幸せを噛みしめていました。
ほんの数十cm後ろの、すだれの隙間・・・。
そこから覗かれているという恥ずかしさに唇を噛みしめながら・・・。

(最高に気持ちいい)

オナニーの余韻に浸ります。
立てません・・・。
気怠さに脱力して、体が重くてなりませんでした。
それでも、上半身を起こします。

「はあ・・・はあ・・・」

(最後まで演技しないと)

あの子のイメージを壊したくありませんでした。
私は最後まで、“キレイなお姉さん”でいたかったのです。
よろよろと立ち上がりました。

(もうだめ。恥ずかしすぎる)

そんな感情はおくびにも出さずに手桶を持ちます。
お湯をすくって、地べたを流しました。
何度も湯だまりからすくって、おしっこした辺りを丁寧にお湯で流します。
またお湯をすくいました。
今度は自分の体にかけます。
まるで何事もなかったようなお澄まし顔で・・・。
入念に下半身を流しました。

湯だまりに入ります。
首から上だけをお湯から出して・・・。
幸せそうに目を瞑りました。
開放感を味わうように、自然な微笑みを浮かべてみせます。

ざば。

お湯から出ました。
トートのところに行ってスポーツタオルを手に取ります。
全身を拭きました。
あとは服を着て帰るだけ・・・。
もう期待するようなシーンはないと、彼も見ていてわかるはずです。
パンツとブラを身に着けました。
さりげなく横目で確認してみます。
あの子は、まだすだれの裏にいるようでした。

(帰って)

帰る途中に、ばったり鉢合わせたりしてしまうのは絶対に嫌です。
それに・・・もしかして、またさっきみたいにスクーターでついて来られたら・・・。
そういう心配をしなければならないことも面倒でした。
ジーンズを穿きます。

ごめん。
驚かせちゃうけど・・・。
許して。

ふと、『えっ』という顔をしてみせました。

「・・・誰?」

不安そうな表情で・・・。

「・・・誰かいるんですか?」

すだれのほうを見つめます。
そっちに近づきかけようとして見せると・・・。

だだだっ!

一目散に走り去る人の気配が響きました。
逃げて行く彼の耳にも届くように、「きゃああっ!」と、悲鳴をあげてみせます。
私は木戸のところに行きました。
隙間から男湯スペースを覗きます。
護岸の部分から這い上がってきた美大くん・・・。
慌てて階段道に走っていきました。
こっちのほうを気にするように何度も振り返っています。
焦っている様子なのが、ひと目でわかりました。
一気に駆け上がって逃げていく姿が見えます。
チュニックを着ました。

(ごめんね、美大くん)

そのまましばらく時間が経つのを待ちます。
もう一度身なりを整えました。
荷物を持ちます。
木戸を開けて女湯スペースから出ました。
本当に誰もいなくなった野天風呂を後にします。

(良かった。あの子と巡り合えて)

最高の興奮を味わうことができました。
最後はびっくりさせてしまったけど・・・。
きっとあの子も喜んでくれたはずです。

森の歩道を抜けて、駐車場に戻ってきました。
美大くんのスクーターはありません。
車に乗りこんで、エンジンをかけます。
今度こそ本当に・・・。

(さよなら、美大くん。今日のこと、忘れないでね)

もう二度と会うこともない男の子に想いを寄せながら、私はゆっくりと車をスタートさせました。