車をスタートさせて、私は慎重に運転していました。
林道をのろのろ車を走らせます。
もう何度も通ったことがありますから、道に迷うこともありません。
やがて分岐点が見えてきます。
ハンドルを切りました。
何度も行ったことのある、あの野天温泉を目指します。
バックミラーに光が見えていました。


(オートバイ?)

遥か後方で、よくわかりません。
普通だったら気にも留めないところです。
でも、今の私はすべてに敏感でした。

温泉へと続く道に出ます。
舗装されていない山道を、ゆっくり進んでいきました。
やはりスクーターです。
何か直感のようなものがありました。

(美大くん?)

違うかもしれません。
でも・・・こんなところでスクーターなんて・・・。
そうそう出会うものでもありません。
1軒・・・そしてまたもう1軒・・・ひなびた温泉旅館の前を通過しました。
道路脇の目立たない駐車場が見えてきます。
私の目指す目的地でした。
スピードを落として車を進入させます。
一番奥に停めました。
シートベルトを外して、リアシートからトートバッグを引き寄せます。

ヴー・・・。

さほど待つまでもなく、そのスクーターが道をそのまま通過していきました。
走り去ってカーブに消えていきます。

(やっぱり)

乗っていたのは、あの美大くんでした。
偶然でしょうか・・・。
彼の帰り道も偶然こっちだった・・・もちろんその可能性はあります。
車から降りました。

(違う)

なんとなく・・・釈然としない感じがあります。
そもそも同じタイミングになること自体が不自然でした。

(まさか・・・後をつけてきた?)

林道の途中のどこかで、私の車が出て来るのを待ち伏せていたということでしょうか。
トートバッグを肩にかけました。
野天風呂へと続く、森の歩道へと入っていきます。
確かめようと思いました。
もやもやした気持ちのままではいられません。
少し入ったところで足を止めました。
木の陰から顔だけ出して様子を見ます。

(意図的に追いかけてきた?)

もしそうだとしても・・・恐怖心はありませんでした。
あの子の性格はよく分かっているつもりです。
彼の人見知りぶりを考えれば、なんとなく想像がつきました。

裸を覗いてしまった相手・・・。
せめて、帰りの途中でも・・お姉さんを少しでも見ていたかった・・・。

おそらく、そんなところでしょう。
私に危害を加える気持ちなどないはずでした。
絵を描きに、あの渓流に来るぐらいの子です。
だったら、ここの野天風呂のことも知っていて当然でした。

(確か、スクーターも地元ナンバーだった)

朝、この目で確かめたのですから間違いありません。
そして、今・・・。
彼は、お姉さんがここに駐車したのを見てしまっています。
そのまま通過していったものの・・・。
あの子の心は揺れているはずでした。

(戻って来る。たぶん、来る)

私の直感が、そう訴えかけてきています。
駐車場に他の車はありません。
目指す『◯◯湯』は、今行ってもおそらく無人でしょう。
私は計算していました。

(このまま行っても空振りになるかもしれない)

来るかどうかもわからない誰かを延々と待ち続けるぐらいなら・・・。
あの男の子に来てもらったほうが確実でした。
何よりも・・・あの子なら安全な相手だという安心感があります。

(美大くん、戻っておいでよ・・・)

耳を澄ませて様子を窺います。

今なら誰もいないから、今度は、お姉さんのお風呂が覗けちゃうよ・・・。
あのモデルさんのお風呂、見てみたいでしょ?

待つほどのことでもありませんでした。
遠くから、ヴぃー・・・。
さっきと同じスクーター音が戻ってきます。

(やっぱり)

思った通りです。
歩道の入口の向こうに、駐車場に滑り込んでくるスクーターが一瞬見えました。
私は、とっさに歩き出していました。

(思った通りだ)

早足で温泉の方へ向かいます。
再び気持ちが高揚していました。

(あの子なら問題ない。またいっぱいドキドキできる)

木々の生い茂る歩道を進みながら、その興奮に胸がときめきます。

(あそこだ)

見えてきました。
懐かしい、朽ちた表示板です。

『◯◯湯→』

色褪せた字が横を指していました。
下に降りていく階段道に入っていきます。
崖に沿うように急こう配を下っていきました。
カーブしたところで眼下に男湯が見えてきます。

(また来ちゃった)

ここに来るのは、これで何度目でしょう。
渓流沿いに伸びた細長い岩風呂は、いつも通り無人でした。
残りの階段道を下りきります。
誰もいない男湯を突っ切りました。
奥に見える古びた木戸が女湯の入口です。

ガタタッ。

中に入って石垣を折り返すと、そこが女湯スペースでした。
女湯にも人はいません。
完全に私だけの貸し切り状態です。
乾いている小岩の上にトートバッグを置きました。

女湯は、男湯のような広さはありません。
だいたい5m四方ぐらいのスペースの中央に、小さな湯だまりがあるだけです。
すぐ正面に流れる川と、向こうの山・・・。

(清々しい)

来るたびに思うことですが、本当にいい景色でした。
以前と変わっていることがないか素早く確かめます。
女湯の縁にはすだれが立てられている部分があって、周囲からの目隠しになっています。
近くに寄ってみると・・・相変わらずボロボロで隙間だらけのすだれでした。

(よし)

何ひとつ変わっている点はありません。
完璧でした。
このこぢんまりした女湯は、もう私だけの世界です。

サンダルを脱ぎました。
スペースの端っこには、コンクリート部分があります。
それが、そのまま川の護岸でした。
高さは1mほどしかなく、下に降りれば男湯のほうまで繋がっています。

(美大くん、そのこと、知ってるんでしょ?)

急いで服を脱ぎました。
小岩のところにまとめて置きます。
全裸になった私は木戸の裏に行きました。
隙間から男湯スペースを覗きます。

(来て)

確信がありました。
駐車場に戻ってきたスクーター・・・。

(あの子は、この温泉のことを知ってる)

だから戻って来た・・・。

(来た!)

階段道を下ってくる美大くんが見えました。

(やっぱり来た)

全身が震えてきます。
自らの意思を持って、あの男の子は、私の後を追って来たのです。
何の罪もない、キレイなお姉さんのお風呂を覗くために。
男湯に降り立った美大くんは、まっすぐ護岸に走り寄っていました。
一瞬きょろきょろしていましたが・・・すとんと下におりています。

(やっぱり知ってた!)

もう確実でした。
やはり知っているのです。
護岸の下を伝ってくれば、簡単に女湯の前まで来られてしまうことを。
私は慌てて湯だまりに戻りました。

(来る)

もう待ったなしです。
置きっぱなしになっている古い手桶を掴みました。

ざば・・・ざば・・・。

かけ湯をして、お湯の中に飛び込みます。

(来る)

熱いお湯に肩まで浸かりました。
体を伸ばしてリラックス顔を作ります。
全然違うほうを見ているふりをしました。
でも、視界の隅にしっかりすだれを捉えています。
だいたい予想がついていました。
この温泉でお風呂を覗かれるのは初めてではないからです。

(絶対、あの裏側だ)

覗こうとする彼にとっての絶好の場所は・・・あのすだれのところをおいて他にありません。

(ドキドキ・・・来る・・・もう、来る・・・)

すだれの隙間に影がちらつきました。

(来たっ。ドキドキドキドキ・・・)

私は何も気づかないふりをします。
でも、ちらちら見えていました。
護岸の下に身を潜めた男の子・・・。
頭だけを上に出して、粗いすだれに顔を寄せています。
普通だったら、まず気づかないでしょう。
でも・・・そのつもりで注意を払っていた私には丸わかりでした。
すだれの隙間から、こちらを見ている美大くん・・・。
実際に覗いている彼が一番驚いているかもしれません。
女湯スペースが丸見えの、まさに『特等席』でした。
お湯に浸かっている私を目の当たりにして・・・そのあまりの『近さ』に鼻息を荒くしているかもしれません。

ドキドキ・・・。

もちろん、こちらからは何も見えていないふりをします。
リラックスした顔で景色を眺めて見せながら・・・追い込まれた自分に興奮していました。

(もう逃げられない)

ひとたびお湯から出れば、どこにも隠れ場はありません。
こんなに近いのに、裸の体を隠す方法は、もうありませんでした。
体の中心がじーんと痺れてきます。
肩までお湯に浸かった私と、頭だけ護岸の上に出している男の子・・・。
お互いの顔の高さは、ほぼ同じでした。

(誰もいない。私は1人っきり)

のんびりと、くつろぐふりをして見せながら・・・。
実際には、目の前で男の子に向き合っているのです。

(2人を隔てているのは、あの薄いすだれだけ)

非日常の、起こりえない現実に身を置いている私がいました。

(あああ、だめ)

このお姉さんは何も知らないのです。
完璧なシチュエーションでした。

(緊張しちゃう)

どんな遠慮がいるというのでしょう。
たとえどんなに見られてしまおうと、このお姉さんは悪くありません。

(悪いのは覗くほう)

私は可哀想な被害者の立場でした。

(ああん)

自分で演じるこのお姉さんに感情を振り向けます。
可哀想な私が不憫でなりませんでした。
普通にお風呂に来ただけなのに、裸を見られてしまう運命の、憐れなお姉さん・・・。
すだれの裏の、あの男の子の気持ちを想像してしまいます。
言いようもなく興奮してくる自分を感じていました。
あのモデルさんの入浴シーンを覗きながら・・・彼は今、どれほどドキドキしていることでしょう。

(美大くん、そんなに見たい?)

ざば。

お湯の中から立ち上がりました。
後ろに下がって・・・そのまま湯だまりの縁に腰かけます。

(ああん、見ないで)

まさか見られているなんて思ってもいないお姉さん・・・。
当たり前にヌードを曝け出しながら・・・。

「ふうー」

大きく息をついて見せました。
腰かけたまま風景に目を奪われているふりをします。

(あああん、恥ずかしい)

照りつける陽射しが眩しいほどでした。
無防備におっぱいを丸出しにして・・・。

(恥ずかしいよ)

美大くんに私の胸を観察させてあげます。
渓流のときが『動』ならば、この温泉では『静』でしょうか。
腰かけたまま、1人たたずむお姉さんは・・・。

(ああん)

幸せそうに野天風呂を満喫している表情を浮かべて見せました。
直接、この目で確かめることはできません。
それでも、しっかり彼の視線を感じていました。

(ああん、イヤぁ、見ないでぇ)

素晴らしい景色に微笑んで見せながら・・・膨らんだ乳首は痛いぐらいに尖っています。

(ああああん)

恥ずかしくてたまりませんでした。
あの子は、私を『何かのモデルさん』と信じ切っているはずです。
そのお姉さんの丸出しなおっぱいが見放題でした。
私の乳首を観察しながら・・・きっとニヤニヤしているに違いありません。

隠さずに腰かけたまま羞恥心に耐えました。
こういうときに限って会社の男性たちの顔が浮かんできます。

(ああん、イヤあ)

あの男たちには絶対に見せられない、こんな姿の私・・・。
見知らぬ男の子に『素』の自分を曝け出していることで、ものすごく興奮してしまいます。

(美大くん、ひどい)

内気なあなたのスケッチを褒めてくれたお姉さんなのに・・・。
そんな人のお風呂を覗いちゃうなんて。
興奮する?
裸の私を見てドキドキしてるの?

ちょっと考えごとをしているかのようにじっとしていました。
一点を見つめて、ぼーっとして見せます。
そして・・・おもむろに立ち上がりました。
何かを思い出しているかのような顔で正面を見据えます。
全裸のまま、姿勢よく立っていました。
胸も、お尻も、前も・・・一切隠していません。
全身の血が、頭にかーっと昇りました。
ぜんぶ丸出しの真っ裸で、すっ・・・。
その場でポーズを決めます。
『違うな』という顔をして・・・またすっと、ポーズをしました。

(ああああん)

恥ずかしすぎて膣の奥がきゅうっとなる感覚・・・。
また体の中心がじーんとなります。

美大くん、見て。
このお姉さん・・・裸のままでポーズしてるよ。

羞恥に悶える内心を押し隠しました。
表情は至って真剣です。
さっきの撮影を思い出しているかのように・・・。
あたかも、そこにカメラの三脚があるかのように・・・。
誰もいるはずのないすだれの前で・・・。

・・・すっ・・・。
・・・すっ・・・。

立ちポーズを、おさらいしているふりをしてみせます。
丸見えでした。

可哀想。
お姉さんが可哀想。
何も知らずにポーズをしているモデルさん・・・。
足もとから見上げる角度の美大くんの前で、股の間が見えっぱなしです。
ファッション誌の表紙のようにかっこつけた顔で・・・。

(恥ずかしいよぅ)

惜しげもなく縦の割れ目を見せてあげました。
何かを自分で納得したかのように、大きく息を吐いて力を抜きます。
また湯だまりに入って、お湯の中に体を沈めました。
すっかり顔が火照っています。

(恥ずかしいってばぁ)

ものすごく興奮していました。
完全に覗きの被害者です。
しかも裸のまま、あんなポーズまでしちゃって、不憫すぎる自分が快感でなりません。
お湯に浸かったまま空を見上げました。

(ねえ、知らないでしょ)

「んー」

声を漏らしながら伸びをします。
私、本当のモデルじゃないけど・・・。
でも私、今年もうちの会社案内に載るんだよ。
自分が覗いている女の顔を彼によく見せてあげました。
あなたは・・・そんな私のあそこを見たんだよ。

「んー・・・」

鼻の穴が見えてしまうぐらいまで真上を向いて・・・私の顔を観察させてあげます。

(こんなキレイなお姉さんのお風呂を見れて、ラッキーって思ってるでしょ?)

「ふうう」

全身の力を抜きました。

(もっと、もっと見て)

お湯に浸かったまま・・・湯だまりの縁に両手を置いて重ねます。
その自分の手の上に顔を乗せました。
目を閉じて、「ふううう」と、気持ちよさそうに声を漏らします。
わずか1m半ぐらいの至近距離でした。
すぐそこのすだれ1枚を挟んで、顔と顔とを突き合わせています。

(ほら・・・すごくきれいなお姉さんでしょう?)

目を瞑ったまま、幸せそうに、にっこり微笑んでみせました。
心の中で美大くんに話しかけます。

あなたって悪い子・・・。
覗かれてるなんて知ったら、このお姉さん・・・きっとショックで泣いちゃうよ。

ふわーっ・・・と快感に包まれました。
目を閉じたまま、くつろぐふりを演じながら・・・脳がとろけそうに気持ちよくなります。

ねえ、美大くん。
・・・帰ったらオナニーしたりするの?
私の裸を思い出してオナニーするの?
美大くん・・・もっと私の恥ずかしいとこ、見たい?

膣の奥が、またきゅうっとなりました。
終われない・・・まだ、終わらせたくない・・・。
この子の前で、恥をかいてあげたい・・・。
何も知らないふりをして。
でも・・・どうやって?
いい方法、ある?
不自然じゃなく、恥ずかしい格好を・・・。

ざばっ。

湯だまりから出ました。
全裸でトートバッグのところへ歩いていきます。
化粧ポーチの中からクレンジングオイルを取り出しました。
指先につけて、クルクルと顔の表面に馴染ませます。
立ったままでメイクを落としていきました。

美大くん・・・。
ほら、私の体を見て。
私のヌードで何度もオナニーするんでしょ?
ちゃんと見なきゃ。

メイクを崩しながら、所在無げにウロウロ歩いてあげます。

(何も知らないお姉さん・・・が、あなたの前で真っ裸だよ)

両ひざを揃えて、しゃがみました。
彼のすだれの、すぐ前です。
手桶を拾って、お湯をすくいました。

ばちゃ、ばちゃ。

べたべたになった手を流します。
手桶を横に置きました。
湯だまりに、にじり寄ります。
その場で、静かに跪きました。

(美大くん)

ちょうどすだれを背にして、地べたに両膝をついています。

(ああん、見えちゃう)

湯だまりに手を伸ばしました。
前屈みになって、手のひらで直接お湯をすくいます。

(あああん)

丸出しのお尻が全開になっていました。
わずか1m後ろには覗いている美大くん・・・。
私は痩せていて、女にしてはお尻も小さいほうです。
彼の目の前で、肛門が、思いっきり露わでした。

(見ちゃだめぇ)

何も知らないお姉さん・・・。
放射状にすぼまった、しわの中心まで、男の子にお披露目してあげます。

見て・・・。
ちゃんと見て。
これが、このモデルさんのお尻の穴だよ・・・。

手のひらにすくったお湯で、優しく自分の顔を撫でます。
オイルを洗い落としながら、内心、屈辱感に打ち震えていました。

(そんなとこ、見ないでぇ)
(あああ、だめ、もうだめ)

顔を流し終えた私はすっと立ち上がって、湯だまりに入ります。
振り向けません。
もう・・・恥ずかしすぎて。
お湯に浸かって、木戸のほうを向いたままでいました。
必死に平静を保ちます。

(大丈夫。収まる・・・収まる・・・)

取り乱しそうになる自分を、なんとかこらえます。
無理やり笑みを作りました。

(いや、違う)

ぼーっとした顔に直します。

バクバクバクバク・・・。

心臓が、破裂しそうなほどに鼓動しています。
景色を眺める感じで・・・。
川のほうを振り返りました。
もう余計なことはしません。
ぼけーっとお湯に浸かっていました。

<続く>