完璧に演技しなければなりませんでした。
最初から最後まで、何も知らないお姉さんになりきるのです。
画像の確認のふりを終えました。
カメラをその場に残して、大岩の裏へと回り込みます。
わざと焦点をぼかすような視線で・・・彼の存在を確かめます。
すぐに気づきました。

(いた)

大岩と青岩のあいだの隙間です。

(覗いてる)

間違いなく、そこに誰かの顔がありました。

(ドキドキ)

もちろん何も気づかないふりをします。

(ドキドキ)

私はかっこいいお姉さんを演じていました。
クールに、お澄まししたまま、ブラウスのボタンに指をかけます。
本当は膝が震えそうでした。
ついさっき言葉を交わした男の子・・・。
チュニックの首元から中を覗き込んできた男の子・・・。
その彼の前で、ボタンをひとつひとつ外していきます。
ブラウスを脱ぎました。
私は痩せています。
そのぶん、胸もそれほど大きくありません。
ブラをまとっただけの上半身・・・。
その胸の小ささが、彼に丸わかりです。

(ドキドキ)

何食わぬ顔で、脱いだブラウスを軽く畳みます。
低岩の上に置きました。
川側を遮ってくれる岩はありません。
そっちを振り向いて、周りに人がいないことを確かめるふりをしました。
スカートのファスナーに指をかけます。
無表情で下ろしました。

(ドキドキドキドキ)

身に着けているのはパンツとブラだけです。

(覗いているのは、大の大人)

そう思うと、今にも膝がガクガクしそうでした。
プライバシーを覗かれる・・・。
この緊張感は、言葉ではとうてい表現できません。

(美大くん、ドキドキしてくれている?)

わざわざ覗きに来た彼が、期待していたはずのこの姿・・・。
パンツとブラだけになった私を目の当たりに眺めさせてあげます。

このドキドキ・・・。
この恥ずかしさ・・・。

(気持ちいい)

こんなに、はしたなく・・・。
人前なのに、下着しか身に着けていません。

(ああん、恥ずかしい)

背徳感に包まれて、なんだか夢見心地でした。
私はこの興奮を味わいに来たのです。

(見ないでぇ)

脳が快感に満たされます。
私は、何も気づいていないふりを続けました。

(自然体で、普通な感じで)

バッグの中に手を伸ばします。
今度はオリーブ色のワンピースでした。
ごく当たり前の顔で頭からかぶります。
ワンピ姿になった私は、バッグから折りたたみの鏡を出しました。
メイクをチェックするふりをします。

(自然体・・・自然体に・・・)

鏡を戻しながらクールな自分を演じます。
『コ』の字スペースから出ました。
さっきと同じようにカメラの前に行って撮影をはじめます。

・・・バシャ・・・。
・・・バシャ・・・。

私は気づいていました。
こちら側で撮影する私の姿も、しっかり覗かれていることに。

(あの出っ張りのところ)

でこぼこした岩場の陰から、彼がこっちの様子を窺っているのがわかりました。
もう間違いありません。
あの美大くんです。

でも・・・。
私にとっては誤算でした。
当たり前ですが、本当の私はモデルでもなんでもありません。
実際に撮影の演技をやってみて、その恥ずかしさを思い知らされたのです。
お澄まし顔で、カメラのレンズを睨みつけます。

・・・バシャ・・・。

ファッション誌の表紙のようなポーズで・・・。

・・・バシャ・・・。

何度もフラッシュの光を浴びていました。

(恥ずかしい)

こんな成り切った自分を間近で見られるのが・・・恥ずかしくて、恥ずかしくてなりません。

(無理、演技なんてできない)

必死でした。
何枚かごとにポーズを変えて・・・。

・・・バシャ・・・。
・・・バシャ・・・。

その度に表情もクルクル変えてみせます。
にこっと口角を上げる私・・・。
お澄ましして、見つめる私・・・。
アンニュイな顔の私・・・。
今着ているこのワンピを自慢するかのような表情で、にっこり笑ってレンズを見つめます。
・・・バシャ・・・。

(見ないで、恥ずかしいよ)

私は頑張りました。
あまりの恥ずかしさに本当は顔を熱くしながら・・・。
それでも『モデル』になりきります。

(もういい、もう十分)

下着姿を見られるよりも・・・。
着替えを覗かれるよりも・・・。
この成り切りぶりを近くで見られるのは・・・。

(もうだめ、もうやめたい)

ポージングをやめて、カメラに近づきました。
電源を切ります。
大岩の裏の『コ』の字スペースに戻りました。

(これ以上できない)

相手は子どもじゃありません。
大学生の男の子の前で・・・。
あんなかっこつけたポーズや、カメラを意識した表情・・・。

(耐えられない)

それこそ羞恥以外の何ものでもありません。

実は、まだ次の着替えも用意してきてありました。
でも、もう十分です。
快感に震えるほどの恥ずかしさに心の中で悶えていました。
今の私に、これ以上など考えられません。

(やめよう)

無理は禁物でした。
次の目的地もあります。
予定よりは早いですが・・・これでもう満足でした。
心の中で、1人身悶えている私をよそに・・・青岩と低岩のあいだの隙間に、影が動くのが見えます。

(来てる)

とにかく最後まで自然体を装わなければなりません。
内心、平静を装うのに必死でした。
クールな顔でワンピの裾を掴みます。
捲り上げるようにして一気に脱ぎました。
再び、ブラとパンツだけの下着姿になってしまいます。

(ああん、恥ずかしいよう)

やっぱり、今の私にはこれが限界でした。

(見ないでぇ)

下着しかつけていない自分を晒していることに、自尊心が悲鳴をあげています。

(早くここから逃げたい)

ブラとパンツだけの姿で脱いだワンピースを畳みました。
バッグの中に仕舞います。

(早く帰りたい)

でも・・・でも・・・。
すぐそこから私を覗いている男の子・・・。
見つかるかもしれないリスクに怯えながら、きっとハラハラしていることでしょう。
まだ撮影が続くのか、もう終わりなのか・・・。
彼はまだ知りません。

(もし・・・)

もし・・・バッグの中の“次の着替え”を彼が見たら・・・。

(だめ、もうだめだってば)

でも・・・この子のために。
どうせ二度と会うこともない相手です。
人見知りな彼のために・・・。

(喜ばせてあげたい)

バッグの中に手を伸ばしました。
用意してあった次の着替えを取り出します。

(美大くん、これが何だかわかるよね?)

私はビキニの水着を空中で広げていました。
彼にもよく見えるように、一度低岩の上に乗せます。

(これに着替えるってことは?お姉さん、どうなると思う?)

ものすごく周りを気にするふりをしてみせました。
ブラのホックに手をやります。

(美大くん)

彼との距離はせいぜい3mぐらいでした。
その彼の目の前で・・・。

(見たい?)

ブラを外しました。
胸が露わになります。

(ひいぃぃ)

男の子の前で・・・おっぱいを丸出しにしていました。

(イヤあ)

ビキニのブラを手に取ります。
無表情でゆっくり頭からかぶりながら、お姉さんの乳首が丸見えです。

(ああん、見ないで)

腕を通して肩ひもを直して・・・。
ようやく胸が水着に隠れます。

(ドキドキ)

サンダルを脱ぎました。

(美大くん、お姉さんが可哀想)

パンツの両サイドを掴みます。

(だめ、可哀想、見ないであげて)

一気に下ろしました。

(ああああん)

アンダーヘアが丸見えです。

(だめぇ)

足首からパンツを抜きました。
血圧がかーっと上がって行く感覚に襲われます。
下半身を丸出しにして美大くんに向き合っていました。

(見ちゃだめぇ)

低岩の上のビキニパンツを手に取ります。

(イヤぁあ)

表情ひとつ変えずに両足を通します。
落ち着いた素振りでビキニパンツを穿きました。

(ドキドキ)

顔が熱くて火を噴きそうです。

美大くん、見てたでしょ?
お姉さん、あなたの前でパンツまで穿き替えたんだよ・・・。
どんな気持ち?

私は、さらに演技を続けようとしていました。
頭の中でさんざんシミュレートした・・・あの恥ずかしい仕草をするのです。

(ドキドキ)

神経質そうに何度も股の食い込みを気にするふりをしました。
そして・・・思い直したようにバッグに手を伸ばします。

(ドキドキ)

ポケットティッシュの包みを取り出しました。
1枚だけ取って、残りは低岩の上に置きます。
お姉さんの表情に変わったところはありません。
まさか見ている人がいるなんて夢にも思わない顔です。
わずか3m先の、その彼を正面にして・・・。
穿いていたビキニパンツを、ふくらはぎまで下ろしました。
胃が、きゅうっとなります。

(こんなの、特別なんだから)

また下半身が丸出しでした。
立ったまま、ガニ股に脚を開きます。
股の間にティッシュを当てて、手のひらで押さえました。
湿り気を吸い取らせたティッシュを丸めて下に落とします。

(ドキドキ)

もう1枚取りました。
ふくらはぎに引っかかったビキニパンツ・・・。
煩わしそうに、一度脱いでしまいます。

(ドキドキ)

軽い感じで股を開いて・・・。
低岩の側面、70~80cmぐらいの高さの出っ張りに・・・ひょいと片足を置きました。
美大くんに、私のあそこが丸見えになる角度で・・・。

(見て)

大胆に脚を開いています。
左の手のひらでアンダーヘア全体を鷲掴みました。
そのまま上にたくし上げて・・・。

(ああああん)

さっきより念入りにティッシュを当てます。

(恥ずかしい)

すべて彼に丸見えでした。
ぷっくらした縦の割れ目に沿って・・・。
下から上へと丁寧にティッシュをすくいあげます。

(死んじゃう)

脳がとろけそうでした。
立ったまま、こんなにも大胆な格好です。
男の子に自分の割れ目を見せてあげながら・・・。
真顔のまま、5回、6回とあそこを拭きました。

(うっ・・・う・う・)

自分でやっていて、屈辱感に耐えられなってきます。

(もうイヤ)

足を下ろして、平然とビキニパンツを穿きました。
今にも泣きそうになってくる自分の感情を押し殺します。
何も気づいていないクールな顔で、落としたティッシュを片付けました。

(泣いちゃう)

大岩を回り込んで、カメラのところに行きました。
電源を入れて定位置に立ちます。
手の中にリモコンを持ってポーズを決めました。

・・・バシャ・・・。
・・・バシャ・・・。

美大くんが、すぐに岩場の陰から覗いてきます。
恥ずかしいなんて言っていられませんでした。
とにかく演技を続けないと、この場で泣き崩れてしまいそうです。
人前で、あんな姿を披露して・・・それでも・・・。

・・・バシャ・・・。
・・・バシャ・・・。

レンズに向かってポーズを決めます。
必死に笑顔を作りました。

(美大くん、どんな気持ち?)

・・・バシャ・・・。
・・・バシャ・・・。

(あなたが覗いたお姉さん・・・ちゃんとキレイな顔してる?)

50枚ぐらい撮ったでしょうか。
『終わった』という感じで、全身から力を抜きます。
カメラに近づいて電源を切りました。
覗いていた美大くんが岩陰の向こうへと引っ込んでいきます。

(最高)

最高に興奮していました。

(持ちこたえた)

溢れそうな感情が、脳の中を駆け巡ります。

(最高)

後悔などありません。

(この興奮・・・最高・・・)

もちろんまだ気を抜くことはできません。

(よし、最後)

美大くんが、また向こうで待っています・・・。
着替えのために、また水着を脱ぐはずのお姉さんのことを。
ゆっくりと大岩の裏側へと戻りました。
美大くんは・・・。

(・・・いた)

今度は青岩と低岩の間の隙間のところでした。
もちろん気づいていないふりをしてあげます。
私は立ち止まって、両手を真上に伸ばしました。

「んーーんんん」

全身で大きく伸びをします。

「ふうー」

大きくため息をついて、腕を下ろしました。

「終わった、終わった」

ぼそっと、小声でつぶやきます。
表情に充実感を漂わせました。
微笑みを浮かべながら、何度も伸びをしてみせます。
川のほうを振り返って、警戒するふりをしました。
誰もいないことを確かめた上で・・・ビキニブラを外します。
おっぱいを丸出しにして、サンダルを脱ぎました。
下着のブラを着ける前に・・・そのままビキニパンツも下ろしてしまいます。
正真正銘の全裸姿でした。

このときの自分の気持ちを、どう説明すればいいのか・・・。
最後にオールヌードの私を見せてあげようと思った、という感じでしょうか。

もう一度、両手を上に伸ばしました。
空に向かって背伸びするように・・・。

「うーーーくくく」

一糸まとわぬ真っ裸で伸びをしてみせます。

(恥ずかしい・・・)

「ふうう」

腕を下ろして力を抜きました。
彼が見ている岩の隙間に背を向けて、地べたに置いたボストンバッグに手を突っ込みました。

(このお姉さんの恥ずかしい姿を、お尻の穴まで見えるように)

中身を整理するふりをして・・・。

(ああん、見て)

腰を突き出してしまいます。
姿勢を戻して低岩の前に行きました。
パンツとブラを身に着けます。
チュニックを着てジーンズを穿きました。
決して怪しまれることのないように・・・てきぱきと行動します。
荷物をすべてバッグに詰め込んで、『コ』の字の外に出ました。
三脚からカメラを取り外します。

「・・・」

気配を感じていました。

「・・・」

その気配が遠ざかっていくのがわかります。

(さようなら。人見知りな、美大くん・・・)

もう二度と会うこともないはずです。
荷物を全部持って、川べり沿いに岩場を下っていきました。

(良かった)

こんなにも上手くいくとは・・・自分でも思ってなかった。
興奮の余韻に、まだ脳みそがふわふわしています。

(ああ、やっぱり最高だ)

なんだかんだ自分に言い訳をしたところで、私は、この興奮の味を忘れられないのです。

(美大くん・・・ありがとう。私の罠にかかってくれて・・・)

朝よりも、だいぶ気温が上がってきていました。

(まだ、お昼前。時間は十分ある)

いつも通り、次の『◯◯湯』に行こうと思いました。
このすぐ近くにある、何かと思い出のある野天温泉です。
森の細道を戻って・・・車が見えてきました。

(スクーターは?)

・・・無くなっています。
やはり、あの子のものだったのでしょう。
トランクに荷物を詰め込みました。
運転席に乗り込んでエンジンをかけます。
ゆっくりと車をスタートさせました。

<続く>