「お姉ちゃん、何してんの?」

こんなところに突然現れた私に、3人とも興味津々という感じでした。

「え・・・写真を撮りに来たの」

手に持ったカメラを見せます。

「でも疲れちゃったよ、ちょっと休憩」

手頃な岩に腰かけます。

「釣りするとこ、少し見てていい?」

とりあえず、ここまでは狙い通りです。

(話しかけなきゃ)

自分に言い聞かせました。
なんとかして彼らとコミュニケーションを取らなければ、先へと繋がりません。
きっかけを掴めずにいると・・・。

「お姉ちゃん、1人で来たの?」

しばらくして1人の子が話しかけてくれました。
おめめがクリクリの可愛い男の子です。

「そうだよー」

小学校の3~4年生ぐらいでしょうか。
もう1人のチビっ子には私から話しかけてみました。

「ねぇねぇ、どんな魚が釣れたの?・・・見せてよー」

「今日はまだゼロ」

悔しそうに答える、このわんぱくそうな男の子も3~4年生ぐらいに見えます。
そして・・・人見知りした様子で、なかなか私と目を合わせてくれない男の子・・・。
このシャイで背の高い男の子だけは、どう見ても中学生です。

「お姉ちゃんも釣り好きなの?」

「えー、私1回もやったことない」

「お姉ちゃんは何歳?」

「えー、内緒」

お姉ちゃんと呼んでもらえたことに、実は内心ほっとしていました。
私はもう20代後半です。
この子たちにすれば、本当はおばさんな年齢なのかもしれません。
でも、私のこの顔・・・それにこの服装・・・。
今日は、あえてノーメイクにしていたせいもあるのでしょう。
実際よりもだいぶ若く見られているようです。

「どこから来たの?」

屈託なく尋ねてくるおめめ君に、「東京だよ」と、にこにこ微笑みながら答えます。
友だち同士にしては年齢がばらばらな、この3人の関係がよくわかりません。

「みんなは兄弟なの?」

今度は私が尋ねると・・・。

「えっ、違うよ!」

わんぱく君が笑いながら首を振っています。

「なんで写真なんか撮ってるの?」

人見知りのシャイ君も、ようやく話しかけてきてくれました。
でも・・・。

「趣味なの・・・楽しいんだもん」

私が正面からにっこりと見つめると、すぐに目線を逸らしてしまいます。
わんぱく君は物怖じせずになかなか積極的です。

「一緒に釣りする?」

「えー、私はいいや・・・見てるだけ」

「オレが教えてあげるよ!」

「えー、私はいいよぉ」

しばらくそんな感じで3人とやりとりが続きました。
それなりにいい展開になってきています。

(なんとかなる)

周りには誰もいません。
こんな山の中で、私とこの子たちしかいないのです。

「そうだ、みんなの写真を撮らせてよ」

カメラを構えました。

「釣りしてるとこを撮ってみたい」

レンズを向けると、みんな照れくさそうな表情を浮かべます。
それでも3人とも釣り竿を伸ばしたポーズをしてくれました。

ぴぴっ・・・ぴぴっ・・・。

顔も写るように回り込みながら何度かシャッターを押します。
視線に気づきました。
おめめ君を撮ろうとする私のことを、シャイ君がじっと見つめています。

(すごい見てる)

この子だけは絶対に中学生です。
一番人見知りな感じですが、視線には大人びたものを感じました。
突然現れたお姉さんのことを意識してる・・・。
それがはっきりわかります。

(私が気になる?)

外見の容姿にだけは自信のある私です。

(きれいな人だなって思ってくれてるの?)

イメージが湧いていました。

(・・・きっとできる)

ぴぴっ・・・ぴぴっ・・・。

さらに何枚か撮影して、「ありがとう」と言い、腕が重くなったかのようにカメラを下ろしました。
そろそろ、いい頃合いです。

(やろう)

実はさっきから目をつけていた物がありました。
シャイ君のすぐ近くに、ミニチュアのようなものが入ったケースが置いてあるのです。
釣りに関してはまったく知識の無い私ですが・・・。
確かあれは、ルアーとかいうやつです。
釣りに使う偽エサだということぐらいは私にもわかりました。

少しずつ緊張してきました。
プレッシャーがのしかかります。
内心のドキドキを隠しながら・・・。

「あれっ、これ何?」

シャイ君に近づきました。
そして彼の目の前で前屈みになります。
珍しそうに、そのカラフルなミニチュアに手を伸ばしました。

(見て)

前屈みになったことで、チュニックの胸元が大きく口を開けていました。
目の前のシャイ君に、“偶然にも”中が丸見えの状態になります。

(ああ・・・)

チュニックの中では、サイズの合わないブラがカパカパです。
胸から完全に浮き上がっているのが自分でもわかっていました。
前屈みのまま2秒・・・3秒・・・。

(ああ、見て)

興味深そうに、次々と箱の中のミニチュアを手に取ってみせます。

(ちゃんと見て)

昨日、あれだけ鏡の前で試したのです。
角度によっては乳首まで見えてしまうはずでした。

(見た?・・・見えたよね?)

適当にひとつミニチュアを選んで前屈みから姿勢を戻します。

「きれいだね、これ」

手に取った黄色いミニチュアを見せて微笑むと・・・。

「うん」

頷くシャイ君の目が、明らかに泳いでいます。
自分の顔がかーっと熱くなるのを感じました。

(やっぱり見えたんだ)

彼の表情でそれがわかります。
あまりの恥ずかしさに、どんどん顔が火照ってきますが・・・何も気づいていないふりをしました。

「これ、撮っていい?」

なおも彼の瞳を見つめます。
シャイ君が、「うん」と、こっくり頷きました。
そのぎこちない表情に彼の期待が感じられて・・・。

(ああん、イヤ)

ますます私の羞恥心を煽ります。
恥ずかしさの感情を押し隠して、また前屈みになりました。
チュニックの胸元が無防備に垂れ下がります。

(見て)

足元の小岩の上にミニチュアを並べて、そのまましゃがみ込みました。

(ああん、来て)

しゃがんだまま両手でカメラを構えます。
その作業を見守るかのようにシャイ君が寄り添ってきました。

(あああ、見えちゃう)

チュニックの胸元は、ぽっかりと口を開けたままです。
接写するように両腕を伸ばしてカメラを構えると・・・。

(ああん)

ブラがますます胸から浮きました。

ぴっ・・・ぴぴっ・・・。

シャッターを押します。

(だめぇ)

真横に立ったままのシャイ君が・・・。

(イヤぁ)

さりげなく何度も上から覗き込んできます。

(恥ずかしい)

それでも気づかないふりを続けました。
覗かれてると知っていながら・・・写真を撮るのに夢中になっている無垢なお姉さんになりきります。

ぴぴっ・・・ぴぴっ・・・。

興奮していました。
男の子が夢中になって私の胸を覗きこんでいます。
私は・・・私は・・・男の人に自分の乳首を見られているのです。

(イヤぁ)

屈辱感に背中がぞくぞくしました。

(恥ずかしい。そんなに見ないで)

あああ・・・そろそろ立たないと不自然です。

「よし・・・っと」

何食わぬ感じで立ち上がりました。

「ありがとね」

シャイ君にお礼を言ってミニチュアをケースに戻します。
彼の顔を見ると・・・。

(あ・・・)

まだ中学生とはいえ、さすがに男の子です。
無表情を装いながらも、にやけを隠しきれていません。

(この子、こんな顔するんだ)

自分の顔が赤くなっていないか心配でした。

(ああ・・・イヤ)

心臓がドキドキしています。
興奮の、もう真っ只中にいました。

(イヤぁ、恥ずかしい)

この感覚・・・このドキドキこそ、私が求めていたものです。
久々に味わうこの高揚感に自分の気持ちを抑えられません。
無表情を取り繕おうとしているシャイ君に、「どうしたの?」と、にっこりと微笑みを向けます。
なんでもないというふうに首を振るシャイ君を見つめながら・・・。

(もうだめ)

興奮に背中を押されていました。

(次は?・・・次はどうする?)

トートの中にカメラを仕舞います。
とりあえず、彼らとはちょっと離れた岩に腰かけました。

(どうしよう)

こんなチャンスはそうそうありません。
頭の中で一生懸命に考えを巡らせます。
それなのに・・・。

(え?)

信じたくない光景を目にしていました。

(あ・・・)

向こうで、おめめ君とわんぱく君が釣り道具を片付け始めています。

(まさか)

嫌な予感がしました。
おめめ君が何かシャイ君に声を掛けています。
何を言っているかまではわかりません。

(え・・・え・・・?)

その様子を眺めながら胸騒ぎがしていました。

(うそ・・・そんな・・・)

シャイ君も荷物を片付け始めています。

(嘘・・・もう帰っちゃうの?)

「今日は釣れないや」

わんぱく君がこっちに近づいてきます。

「オレたち帰るね」

(まずい・・・本当に帰っちゃう。なんとかしなきゃ・・・)

そう思っても体が動きませんでした。

「そっかあ、気をつけてね」

つい、にっこりと微笑んでしまいます。
おめめ君とシャイ君も、「バイバイ」と、向こうで手を振っていました。

「バイバイ」

彼らに手を振り返すしかありませんでした。

(このまま帰られちゃう)

わかっていても、どうにもなりません。

(ああ、逃げられちゃう)

去って行く3人の後ろ姿を見送りながら何も出来ずにいました。

(ああ・・・そんなぁ)

岩場の狭間に1人取り残されます。
あまりの呆気なさに、呆然としてしまっていました。
こんなことってあるでしょうか。
せっかく掴みかけたチャンスが、ものの見事に手の中からすり抜けていった感じです。
川の流れを見つめながら途方に暮れていました。

(あーあ)

つくづく思うようにならないものです。

(もっと積極的になれば良かった)

ものすごい後悔に襲われていました。
あのときのシャイ君の表情・・・。
乳首を見られてしまう屈辱感・・・。
思い返すだけで胸苦しくなります。
どうせ周りには誰もいなかったのです。
私自身が大胆になれば、もっと何でも出来たはずでした。

(千載一遇のシチュエーションだったのに・・・)

そう思うと、ますます悔しさが募ってきます。
だからといって・・・今さら嘆いたってどうなるものでもありません。

(帰ろう)

本当に久しぶりにあの興奮を味わうことができたのです。
それだけでも満足でした。

(もともとダメ元だったんだから)

下流の方へと戻りながらシャイ君の顔を思い浮かべます。
そういえば、そもそもあの3人組はどういう関係だったのでしょうか。
それぞれ年齢もバラバラでしたが・・・。
結局、それもわからずじまいです。

森の細道を車へと歩いていました。
鬱蒼とした木々と蝉の声・・・。
来たとき以上に日差しを暑く感じます。
汗がだらだらと背中を伝いました。
歩きながら実感していました。

(昔のようにはいかないな)

勘が鈍ったということでしょうか。
どうあがいても、もう以前の自分とは違うのかもしれません。

車に辿り着きました。
ドアを開けると、中は熱気が充満しています。
もう、元の服に着替えるのも面倒でした。
そのまま車に乗り込みます。

(あっちぃ)

汗が噴き出していました。
エンジンをかけてエアコンをつけます。
吹きつけてくる冷たい風に、ようやく生き返った心地になりました。
なんだかぐったりでした。

(帰ろう)

もう終わったのです。
これからまた長い時間、自分で運転していかなければなりません。
気持ちを切り替えていました。
スマホを手に取ります。
せっかく遠出してきたんだから・・・。

(何か美味しいものでも食べて帰ろう)

食事できそうなところを探して、この辺りのことを調べてみます。
すると・・・偶然にもこの近くに温泉があることを知りました。
車でなら、ほんの10分か15分で行けそうな距離です。

(お風呂に入っていこう)

私は結構温泉好きなこともあり、迷いはありませんでした。
せっかくなので汗を流してさっぱりして帰ることにしたのです。
多少遅くなってしまうかもしれませんが、たいしてお腹が空いているわけでもありません。

(お昼はそのあとでいいや)

車をスタートさせます。
国道に戻る道を途中から逆に進みました。

(この辺かなぁ?)

目印を見落としてしまわないようにスピードを落として運転します。
もう男の子たちとのことなんか忘れていました。
いつまでもくよくよしていたってしょうがありません。
それよりも、思いがけず温泉に入れるかもしれないことに喜んでいました。

<続く>