N美と知り合ったきっかけは普通の趣味のサイトでした。
仲良くなりメールをするようになったけど、離れた所に住んでいたのでなかなか会う機会はなかった。

そのうちN美が春休み入ったので、こっちから会いに行くことにした。
N美は浅尾美和を幼くして少しふっくらさせた感じの子だった。N美から見れば倍近い年の俺だったけど、趣味のサイトで知り合ったこともあり話題は尽きない。
ずっと話しっぱなしでN美の門限ギリギリまでドライブして、帰る頃には自然と付き合おうってことになってた。

GWにN美が泊まりで来てくれると言うので駅まで迎え行った。
学校が終わってからすぐに来ても、着いた時には8時を過ぎていた。
そのまま食事へ行き、自宅に連れて帰った。

「疲れた?」

「ちょっと、でも電車でずっと寝てたから」

他愛のない会話が途切れたとき、N美を抱き締めてキスをして、そのまま押し倒した。
抵抗はなかったが、小さな声でN美が言った。

「ないの・・・」

「ないって?」

「したこと・・・」

N美は真っ赤になって言った。

「やめる?」

「ううん。いいの」

俺はN美を抱き上げてベッドに連れて行き、服を脱がせ、ゆっくりと時間をかけて愛撫した。

「いいかい?」

頷くN美を正常位で一気に貫いた。
痛がるN美に遠慮して早めにお腹の上に射精した。
その後も、しばらくN美を抱き締め続けた。

「シャワー浴びようか?」

「どうせならお風呂に入りたい」

お湯を入れようと思ったが、どうせなら一緒に入りたいからと、近くのホテルへ行った。
N美の全身を洗ってあげた。
割れ目には石鹸をつけず、指を入れて丁寧に洗い、指先にリンスをつけてアナルの奥まで洗った。
膣もアナルも、初めて入れられた指に感じていたようだった。

改めてN美の体を見ると色白で少し幼児体型っぽい感じだ。
茂みも薄くて割れ目がはっきりと見える。

「洗ってあげるね」

N美が俺の体を洗ってくれた。
2人で湯船に浸かり、N美の体を触りながら片手を俺のモノへと導いた。
触られて硬さが増す。
湯船から立ち上がり、N美の口に近づけると、迷いもなく口に含んでくれた。
舌使いも上手くなくて、歯も時々当たるが、こんな美少女の初めてのフェラだと思うだけでさらに硬さが増した。

余裕のあるうちにベッドへ移動し、仰向けでN美にフェラの続きをさせた。
正常位になって、生のままN美の中に入った。
今度はほとんど痛みはないようだ。
そして、N美はかなりMっ気があるようだった。
乳首も強めに噛む方が感じるようだし、乳房に跡が残るくらい強く吸うと声を上げた。
バックに体位を変え、背中も強めに噛み、いくつかのキスマークをつけた。

「もっとめちゃくちゃにして」

後ろから貫かれながらN美は小さな声で言った。
その声に応えるようにアナルへ指を入れると、N美はさらに声をあげた。
そろそろ限界が近くなってきた。

「中に出してもいいかい?」

「だめ、出来ちゃう」

「なら、ここならいい?」

そう言いながらアナルの中に指を入れた。
声はあがったが返事はなかった。
返事がないならOKとばかりに、アナルへ唾とN美の愛液を塗りこみ、自分のモノを押し込んだ。

「うぐっ」

苦しげなN美の声。
そのまま腸内へ向けて精子を吐き出した。

休憩後、もう一度風呂に入り、ホテルを出た。
真っ直ぐ帰らず、夜景が見える山に寄った。
車の中から夜景を眺めながらキスをし、スカートの中に手を入れて下着を脱がせる。
N美の中に指を入れ、また硬くなったモノをN美に触らせた。
ジーンズを少し下ろし、N美にフェラをしてもらって口の中へ出し、N美に飲んでもらった。

ノーパンのまま家に帰る途中、コンビニで酒を買わせた。
部屋に入り、並んでベッドに座り酒を飲む。
摘みを取りに立って振り返ると、N美は自分がノーパンなことを忘れているのか膝を抱えて座っていた。
スカートの中でM字になった股の中心に割れ目が見える。

「いいもの見えるよ」

はっと気づいたN美は真っ赤になって足を床に下ろした。

「もう少し見たかったな」

そう言ってもう一度足を上げさせ、もう一度M字に足を開かせた。
ベッドの下に座り、割れ目を舌で刺激するとまた濡れてきた。
服も脱がせずN美を貫いた。

「このまま出したらN美の穴は全部、俺が最初に出すことになるね」

N美はまた赤くなり、小さな声で言った。

「N美は全部、◯◯さんの物だよ」

そして、ついにN美の中に出した。
さすがに量は出なかったが、割れ目から白いものが流れ出ていた。
そして裸になり抱き合って眠った。

目が覚めるとN美はまだ眠っていた。
朝、元気が良くなっていた俺のモノを鎮めるためにN美の中に入れた。
N美は目を覚ました。
そして2度目の中出し。

「ごめんね、起こして」

「いいの、好きな人に抱かれて寝るのって凄く幸せだから」

N美の言葉に嬉しくなった。
そして少し苛めてみたくなった。

「でも、昨日まで処女だったのに、1日で後ろまでしちゃうなんてN美って結構エッチなんだね」

またN美は真っ赤になった。

「エッチな子は嫌い?」

「いや、大好きだよ。俺もエッチだし」

「◯◯さんに全部あげて良かった」

「俺もN美の初めての男で、N美の全てを知ってる唯一の男になれて嬉しいよ」

それからキスを繰り返し、昼までの間に口と膣の中に1回ずつ射精した。

運転しながらN美のスカートの中に手を入れると甘い声を出して感じている。

「N美ってやっぱりエッチなんだね」

「かもしれない」

俯きながら小さな声で言う。
車を路肩に停め、N美の下着を脱がせた。
走りながらスカートを捲り上げる。
恥ずかしがって顔を隠すが、スカートを戻そうとはしない。
じわじわと革のシートが濡れてくる。
小さな人工の湖の駐車場に車を停める。
GWとは言え、時々車が通るくらいで駐車場に入っては来ない。
車を降りて湖を眺める。
天気も良く、冷たい風も心地良かった。
湖側の柵にN美を寄りかからせた。

「記念写真を撮ろう」

最初は普通に撮るが、途中でN美に後ろ向かせ、スカート捲りあげさせる。
何度かN美は首を横に振るが、説得するとゆっくりとスカートを上げた。
太陽が当たったことのない真っ白な尻が剥き出しになる。

「そのままこっち向いて」
「しゃがんでみて」

足を閉じてしゃがもうとするN美に足を開かせ、そのままN美におしっこをさせた。
途中、車が通り顔を隠すが、その様子まで全て動画に収めた。
足を開いたまましゃがんでいるN美に上を向かせ、自分のモノを口に含ませる。
十分に硬くなったところでN美を立たせ、車に手をつかせたて後ろから入れた。
車が通るたびにN美の中が締め付ける。
そのままN美の中に出した。
小さくなって自然と抜けるまでN美の膣の感触を楽しみ、その後は口で掃除してもらう。
車に乗り、今度はN美に好きなことをさせてあげるつもりで聞いた。

「N美は何がしたい?」

「◯◯さんがしたいこと」

さらにN美が可愛くなり、キスをして車を走らせた。
海辺のショッピングセンターへ行き、買い物をした。
N美はキャミとミニスカートを選んだのでそれをプレゼントして、たまたま見つけた白のシースルーのワンピースを買ってあげた。
そして2人で晩御飯を食べた後、一度帰宅した。

N美は髪の色こそ暗めの栗色にしているが、派手さはあまりなく、制服を着ていれば真面目なJKに見える。
残念なことにN美の学校に制服はないのだが・・・。
本人も幼く見えるのを気にして髪を染めているのだろうが、ちょっと天然っぽい感じが余計に行動を幼くさせるのかもしれない。

N美に買ってきたばかりのワンピースを着せた。
本来は中に服を着て着るものなので、下着がハッキリ透けて見える。

「恥ずかしいよ」

「でも、家の中だし」

なんだかんだと理由をつけ、下着も脱がせた。
ほとんど全裸に近い姿にまた興奮し、同時に悪戯心が出てきた。
N美の薄い茂みを指差して言う。

「ここだけ黒いのって不自然じゃない?」

慌てて両手で覆い隠すN美。

「それがなかったらもっと綺麗だよ」

N美に陰毛を剃ることを了承させた。
ワンピースを脱がせ、ソファーに両足を開かせた姿で座らせる。
シェービングクリームを塗って、N美の陰毛を全て剃り落とす。

「これで、透けてるのはわからないから出かけられるね」

N美は驚いた顔をするが、構わずワンピースを着せて外に連れ出すことにした。
外を歩かせたかったが、さすがに何かあるとマズい。
そこで近くのアダルトショップに連れて行った。
郊外にあるその店に先に入って確認した。
防犯カメラもなさそうだし、店員は若いアルバイトっぽいのが1人、客は1人もいない。
N美を呼ぶと店員はチラチラと見てくる。
バイブが並んでいるコーナーでN美に選ばせるが、わからないと言うので店員に声をかけさせた。

「すみません、一番大きいのはどれですか?」

N美は蚊の鳴くような声で店員に話しかけた。

「えっと、これか、これです」

店員が棚から、『キヨハラ君』と『マツイ君』というディルドを出してきた。

「これ、私に入りますか?」

耳元でN美に指示して言わせた。
N美は真っ赤になって下を向いたままだ。
店員とN美が、2人とも地面を見ながら会話する様子をじっくりと楽しんだ。

「・・・入る・・・と思います」

「・・・試して・・・いいで・・・すか?」

「こ、困ります」

「ちゃんと入ったら買うから、だめ・・・ですか?」

店員は『キヨハラ君』を渡してくれた。
棚に手をつかせて後ろからワンピースを捲り上げると、N美はかなり濡れていた。
子供の腕ほどあるモノがあっさりと入った。

「大丈夫みたいだね」

N美にキヨハラ君が抜けないように自分で押さえさせたまま会計を済ませる。
ついでに革の手錠と首輪、両手両足を固定する拘束具、あとボールギャグも買った。
店員が見ている前で首輪をかけて、ボールギャグを噛ませ、両手を後ろにまわして手錠をかけて店を出た。

車に戻ると、辺りに人がいないのを確認し、ワンピースを脱がせて車に乗せた。
外から見ると下半身に入ったキヨハラ君は見えないが、ボールギャグに首輪をした上半身裸の姿は丸見えだろう。
そのままコンビニへ行き、店内から見える位置に車を停めてコーヒーを買いに行った。
客はいなかったが店員からは見えてたかもしれない。

車に戻ると、涎と愛液でシートがドロドロになっていた。
俺も我慢できなくなり、ボールギャグを外し、運転しながらフェラをさせてみたが我ながら集中できなかった。
何か良い方法はないかと考えたが、車の中では狭いのでドンキへ向かうことにした。
ここのドンキは入り口の近くに身障者用のトイレがある。
車を駐車場の端に停める。
深夜だったが結構な数の車が停まっていた。
車から降りて助手席のドアを開けて全裸のN美を降ろした。
ドアを開けっ放しにして、店の入口からは見えないようにしてN美にシートを掃除させる。

「N美が自分で綺麗にしたら、これを着せてあげるからね」

ワンピースを片手にN美に命令する。
N美が目を潤ませながらティッシュでシートを拭く姿を写真に撮った。

ワンピースを着せて店内に向かう途中、何人かとすれ違う。
店の前は結構明るいので首輪ははっきり見えるし、ワンピースから透ける体も見えていたかもしれない。
すれ違ったカップルの女の子が怪訝そうな顔をしていた。

そのままトイレに入り、N美を立ちバックで貫いた。
声を殺しているが、かなり感じているようだ。
これまで我慢し続けていたせいか一気に盛り上がったので、我慢せずにN美の膣内へ射精した。