私は東京でOLをしています。
これはこの前起こった出来事です。

私は久々に地元に帰って、友達の美樹の所に遊びに行きました。
美樹には彼氏が出来て、美樹はよく彼氏を自分の部屋に呼んでいるようでした。
その時もちょうど彼氏が来ていて、自己紹介(彼氏の名前は『烈くん』と言いました)と挨拶をして、しばらく話してから帰りました。

それから数日後のことです。
私は美樹を尋ねて家に行きました。
でも美樹はいなくて、かわりに烈くんが玄関から出てきました。
私との約束を美樹はすっかり忘れて買い物に行ってしまったようです。
美樹に電話をすると、あと1時間くらいで帰るから待っててと言われました。

烈くんをそのままにしておくのもなんなので、とりあえず部屋に入りました。
美樹はあと1時間ちょっとくらいしないと帰って来ないと言うと、烈くんはジュースを出してくれて、居間で2人でテレビを観ていました。
特に会話もなく、烈くんは携帯でメールを打っています。
気まずい雰囲気が漂っていたので、私は烈くんに美樹とはどんな感じなのかを聞いてみることにしました。
照れてなかなか話そうとしない烈くんをからかうように私は色んなことを聞いてみました。
からかいながら、「美樹は胸が小さいから大変だね~」と言うと、烈くんは苦笑いをしています。

「可哀想に、あの胸で我慢しなきゃなんて」

「そんなこと言ってたら襲っちゃうよwww」

「それは困るなぁw」

「あはは・・・」

この時の私は、烈くんの異常な目線に全然気付いてなかったのです。
しばらくそんな事を続けていたら私の携帯が鳴りました。
電話は美樹からでした。
道が渋滞してて、遅れそうかもという内容でした。

「うん、うん、そうなんだぁ」

私が電話で話していると、突然後ろから烈くんが私の胸を触ってきました。

「キャッ!」

私はビックリして声を出してしまいました。
美樹に、「どうしたん?大丈夫?」と言われて頭がパニックになってしまい、「ごめん!な、なんでもないよ。携帯を落としそうになっただけ」と言って誤魔化しました。
それを聞いた烈くんは、さらに手の力を強めて胸を揉んできます。

私はなんとか美樹に気付かれないように普通に会話をしようとしているのですが、烈くんの手が徐々に服の内側に入ってきました。
そして烈くんの手がブラジャーに触ると、ブラのホックを外されてしまいました。
私は慌ててブラを直そうとするのですが、こんな時に限って美樹は長電話をしてきます。
烈くんは私の乳首を執拗に指先で弄ってきます。
私は声を出さないように必死に我慢しますが、どうしても時折、「んっ」「はっ」と声が出てしまいます。
それでも美樹は全然気付いていないようです。

そのうち烈くんの携帯が鳴り、烈くんは私から離れていきました。
私はホッと胸を撫で下ろしてブラを直し、これから美樹が帰って来るまでの1時間程度をどうしようかと思っていました。
烈くんが戻ってくる気配がしましたが、やはり気まずいので後ろを向いて美樹と話していました。

サワッ!

烈くんがまた触ってきました。
でも私は一度落ち着いたのもあり、今度は烈くんの手を掴んだり払ったりして、なんとか避けていました。
烈くんの手を避けながら美樹との電話を上手くしていたら、もう一方の手が足を触ってきました。
私の服装はキャミに少しヒラヒラのミニスカートです。
私は体をよじらせながら、なんとか避けようと思っていたのですが、烈くんの手がスカートの中に入ってきました。
絶対に美樹にバレないようにしなきゃと思い、出来るだけ普通に会話していたんですが、烈くんは下着の上から私のアソコをなぞり始めました。

「うわ、なんかすごい濡れてる」

烈くんは耳元でつぶやき、ビックリしていました。

(ダメッ!声が出ちゃう)

そう思った瞬間、後ろから突然、口を塞がれました。
何が起きたか全く理解できませんでしたが、耳元で「烈にメールで呼ばれて来たけど、麻美ちゃん、可愛いじゃん」と言われ、(さっき烈くんがメールのやりとりをしていたのはこの人だったんだ!)と気付いた時には遅く、彼の右手は私のアソコに伸びていました。
烈くんは私から携帯を取って美樹と話しはじめました。

「ん?そう!あと1時間はかかるの?麻美ちゃんが待ってるんだから、早く帰ってこいよ~」

そう言いながら烈くんの口元が笑っていたのが見えました。
やがて烈くんは電話を切ってしまいました。
そして烈くんはこっちへ来ながら、「麻美ちゃん、美樹はあと1時間は帰ってこないんだって」といやらしい目付きで私の方を見ています。
そして後ろの人に向かって・・・。

「な、可愛いだろ?こないだ見たときからヤリたかったんだよ」

「あぁ!可愛いな!呼んでくれてサンキュな」

「じゃあ、美樹が帰って来る前にしちゃおうぜ」

「だな」

2人はそう言うと私の体を押さえつけてきました。

「いやっ!やめてよ!」

私は必死で抵抗しましたが、男の人2人に押さえられては何も出来ません。
1人が私を後ろから押さえながら胸を揉み、烈くんはスカートの中に手を入れ、下着を一気に取り、顔を近づけて私のアソコを舐め始めました。

「ん・・・」

私が体をくねらせると、烈くんは執拗にクリトリスを舐めながら指を激しく出し入れします。
舐められながら指を動かされる度にビクッビクッ!と体が反応してしまいます。
烈くんはズボンを脱ぐと、私の前に自分のモノを差し出してきました。
私は顔を背けて抵抗しましたが、後ろの人に口を開かされて口の中に入れられてしまいました。

「あ~気持ちいい!なぁ松本、お前もしてもらえよ」

「あぁ!じゃあしてもらおうかな?」

向きを変えられ、私は松本くんのモノを口に含まされました。

「あぁ!メッチャ気持ちいい」

そう言うと松本くんは私の頭を押さえて腰を動かし始めます。
烈くんは私の腰を両手で持ち、後ろから私の中に入ってきました。

(んんん・・・大きい・・・)

烈くんは気持ちよさそうに吐息を漏らしながらゆっくりと腰を突き出してきます。
根元まで完全に入ってきて、体の奥まで貫かれたような感覚でした。
だんだんと動きが激しくなり、松本くんのを咥えていられないくらい突かれちゃって・・・。

「あっ!イクッダメッ!待ってダメ!ダメ!イクッ」

私がイッてしまった後も烈くんは激しく腰を動かし・・・。

「ああっ!やばい!俺もイキそう」

動きが一層早くなり、一気に抜くと烈くんは私のお尻にビュッ!ビュッ!っと出してしまいました。
烈くんがイッてしまうと、今度は松本くんが口から出し、私を仰向けに寝かせて入れてきました。
松本くんも、とても激しく腰を振ってきて・・・。

「あぁ!ダメ!もうダメぇ」

「イクぞ!あぁ!イクっ」

松本くんは、なんと私の中でイッてしまったのです。
私は慌ててお風呂に行き、シャワーで体を洗いました。
お風呂から出ると2人はもうすでに服を着ていましたが、私を見た途端にまた襲いかかってきました。
こうして美樹が帰って来るまでに、私は2人の口や指で何回もイカされてしまいました。