つい、先週のお話です。
私は、ある高校の2年生です。
毎朝、通勤ラッシュの電車で通学してるのですが、先週、痴漢に遭いました。
そして、その痴漢に処女を奪われてしまったのです。

私は普通に電車に乗っていました。
いつものごとく電車の中は超満員。
お尻に違和感を感じました。
痴漢が私のお尻を揉んできました。
抵抗しようと思いましたが、怖くて声も出ませんでした。
そして私が抵抗しないのをいいことに、痴漢は胸も触りだしました。

私はなんだか体が熱くなってしまい、少し息も荒くなり始めました。
すると痴漢は、私のパンツの上から割れ目をスリスリと触り始めました。
痴漢は私のあそこをずっとスリスリしてきて、自分でも濡れてきているのが分かるくらい私は感じてしまいました。

すると痴漢が私の耳元で、「次の駅で降りてくれたら、もっと気持ちいいことしてあげる」と言ってきました。

(行ってはいけない。犯される!)

そう思って拒否しようとしましたが、私のあそこはビショビショで、理性に負けて痴漢について行ってしまいました。

初めて痴漢の顔を改めてみました。
20代後半から30代前半くらいの割りと普通の人でした。
痴漢が電車を降りると、私も痴漢の後について降りました。
黙って改札を出て、駅から20分ほど歩きました。
するとアパートに辿り着きました。
どうやら痴漢の自宅みたいです。

中に入ると、痴漢は上着を脱ぎ上半身裸になりました。
私は、(ヤられる!)と思いました。
痴漢は私の腕を引っ張ってベッドに押し倒しました。
そして制服を素早く脱がし、ブラウスのボタンを外され、ブラをずらされました。
そして私の乳首を舐め始めました。
初めて男性に乳首を舐められて、変な感じがしました。
同時に痴漢は、電車のときのように私のアソコにも触ってきました。
少し声が漏れてしまい、なんだかすごく恥ずかしかったです。

痴漢はついに私のパンツ中に手を入れてきました。
もうグチョグチョな私のあそこを痴漢は一気に掻き回しました。
思わず声が出てしまい、私は初めて気持ちいいと感じました。

痴漢は私のパンツを下ろし、あそこの中に指を入れてきました。
すごく気持ち良かったです。
最初はゆっくり2本の指を出し入れしてきたのですが、スピードがどんどん上がるにつれて、私の声も激しくなりました。
あそこからもグチョグチョといやらしい水音がしました。
私は痴漢の手によって、生まれて初めてイッてしまいました。
気持ち良すぎて全身が痺れました。

休む間もなく痴漢はズボンを脱ぎ、痴漢のあそこが見えました。
もうビンビンでした。
そして痴漢は私の足を広げて太ももを持ち上げると、私のあそこに一気に挿入してきました。
私の中で何かがブツッと言いました。
少し痛かったけど、何度か出し入れされていると、次第に気持ち良さを感じました。
出し入れするスピードは徐々に上がり、私は激しく喘いで、またイッてしまいました。
ほぼ痴漢もイキました。
そうです、中に出されたんです。

(妊娠しちゃう・・・)

怖くなりましたが、体は痺れて動きませんでした。
しばらく2人でハアハア言っていたら、「四つん這いになって」と言ってきました。

(今度は何をされるんだろう?)

そう思いましたが、私は素直に言うことを聞いてしまいました。

四つん這いになると、「お尻を上げて」と言われたので言われた通りにしました。
すると痴漢は私のお尻の穴を舐めだしました。
私は驚きました。
痴漢は立ち上がり、近くのタンスに手を伸ばしタンスを漁りだしました。
タンスの引き出しから出てきたのは、ローションとアナルパールでした。
恥ずかしいけど、見ただけで興奮しました。

痴漢は私のアナルの周りにローションをたっぷり塗り、アナルパールを挿入してきました。
最初は気持ち悪い感じがしました。
アナルパールのパールを5つほど入れられました。
一気にスボッと抜かれ、「あっ」と声が出てしまいました。
痴漢はすぐに私のアナルに自分のモノを挿入してきました。
とても苦しかったです。
アナルは全然気持ち良くなかったけど、突かれると「あっ」って声が出てしまいます。
痴漢は何度かピストンしてイッてしまったみたいでした。
初めてのアナルも知らない人に奪われたんだと、ぼーっとしながら思いました。

しばらく休憩して後、正常位で挿入されて、途中でいくつか体位を変えたりされて、私は何度もイキました。
セックスが終わると痴漢はシャワーを浴びて、さっさと自分だけ着替えて出て行ってしまいました。
私は、痴漢が帰って来ないうちに着替えて、アパートから出て家に帰りました。

その日以来、痴漢とは連絡もとってないし、もちろん会ってもいません。
これが私の初体験でした。