婚約した彼女が他の浮気相手の子種で妊娠し、悪びれる様子もなく婚約解消を告げられたのが結婚式の3週間前。

「私、この人と結婚するから」と2人で現れた時の格好は膝上20センチくらいのミニワンピ。
ブラやショーツのレース模様まで透けたあられもない格好とあっけらかんとした態度は、それまでの素直で大人しい彼女からは想像も出来ない豹変ぶりだった。

彼女の親からの謝罪や、招待した方々へのお詫び、準備していた新居の整理などゴタゴタを片付けているうちは気も張っていたのですが、全てが片付くと心の中にポカンと大穴が開いていた。
退去を撤回した自分のアパートにいても虚しさが募るばかり。
会社帰りに繁華街をふらつく毎日。
そんなある日、繁華街でSMクラブの看板が目に留まり、引き寄せられるように店に入った。

(女の子をムチで苛めてやる!)

そんな思いの丈を店員さんにぶつけると、M女ファイルからある女の子を紹介された。
この日は大変混雑しており、60分待ち。
待合室のテーブルに並んだ雑誌を拾い読みして時間を潰していた。

ふと目に留まったお店の案内。
手にとってパラパラと捲ると、M女の次にS女のページがあった。
女王様たちの名前の下に、凛とした表情の写真が並んでいる。
プレイ写真が何枚か掲載されていて、その中の蝋燭を持つ女性を見た瞬間、何か響くものが心の中を駆け抜けた。
別に蝋を垂らして欲しいとは思わなかったが、苛めを受ける自分の姿が頭から離れない。

気が付くと、「あの~、Sプレイからこの女王様とのMプレイに変更したいのですが」と頼んでしまっていた。

やがて順番が回ってきて、女王様然とした女性が私を連れに来た。
その女性に有無を言わさず四つん這いを命じられ、なぜか抗うことなく待合室から連れ出された。
このSMクラブは2ヶ所のラブホテルと提携しており、そこまでクルマで送迎された。
クルマの後部に簡単な檻があり、そこに閉じ込められて向かったホテルは、SMの館と化としたラブホテルだった。
部屋まで四つん這いで連れて行かれ、まずはカウンセリング。

「SMの経験は」

「ありません」

「それにしては妙に素直ね。四つん這いなんていきなり出来ないわ、嘘おっしゃい」

「本当に今日が初めてです」

「何がして欲しいの」

「・・・お任せします」

「あのね、マゾって実はとっても我侭なのよね。こんな風に苛めて!とか、これは嫌!とか。希望を言ってくんないと私も困るわ。何か希望があるでしょ、白状なさい!」

「お店に入ったときはSプレイをお願いしましたが、お店の案内を見て女王様に変更しました」

「あんたって珍しいわね」

「女王様が苛めたいように苛めて下さい」

「あらそう、面白いわね。言っとくけど私、途中で止まらないから覚悟なさい」

口と目を塞がれ、縛られ吊るされ打たれた後、ホテルのロビーで晒され、最後に聖水をたっぷりお口に頂きました。
縛り痕が付くほどの徹底的な調教で、責め苦に耐えながらも何故か拒否できません。
気が付くと終了の時刻を告げる音が響きました。
普通、こういった一般的なSM店では最後にヌキが入るそうなのですが、この女王様はありませんでしたし、私もして欲しいとは思いませんでした。

「すぐに音を上げるかと思ったけど、とんでもない奴隷ね!本気の聖水なんか慣れてたって全部飲みきれないわ」

「我儘なんか言いません。女王様のしたいようにして下さい」

「言ったわね。じゃあ命令よ、明日も来なさい」

なぜか自分でも分からないまま調教を受け、翌日の約束までしてしまった・・・まるで支配されるように。
アパートに帰り、ビールを煽りながらSMクラブの2時間を思い出す。
婚約破棄以来続いていた不眠は消え、いつの間にかぐっすりと寝入り、朝になっていた。
久しぶりの快眠にすっきりとした頭で昨夜の件を思い出す。
それでも、(ヌキのない風俗なんか・・・)という思いが込み上げてくる。
その日は金曜日だったので、出社途中でソープ資金を下ろし、会社へ向かった。

退社後、足がなぜかソープには向かず、気が付けば前日のSMクラブにいた。
結局、同じ女王様をお願いした。
待合室のカメラで私を見たその女王様は、私がマゾだと確信したそうである。

目と口を塞がれ、ペニスにカバーをされた後で磔にされた。
いきなりのスタートは剃毛であった。
剃られるうちにペニスが勃起し、カバー内で膨らむとタマを圧縮して苦しい。
笑いながら剃毛は進み、ツルツルに剃られてしまった。
何か下腹へされた後、だんだんと下腹が暖かくなってきた。
と同時に首筋や乳首に刺すような熱さ。

「ムー、ウー」としか言えない私を蔑みながらしばらく蝋責めが続き、悶える私。

ふと責めが終わると、磔から解かれた。
(終わり?)と思ったら、今度は足を縛って逆さに吊られ、頭を水槽に漬けられた。
短時間だったのだろうが予想以上に苦しく、「やめて」という台詞が出たのだが、それは「ムゴフゴ」という音にしかならない。
苦しさの絶頂で、ようやく下に下ろされた。

台に下ろされて仰向けに固定されると、「全部飲むのよ!」という声。
聖水だと思い、口を塞ぐギャグを外すと思いきや、一向にその気配がない。
そのうち口を塞がれたまま口内に少し冷たい、ねっとりとしたものが注がれてきた。
思わず吐き戻しそうになるが、吐くスペースがない。
息を整えて嚥下するものの次々に滴ってくる。
息継ぎの時に鼻腔に流れた匂いで、それが精液らしいと分かると、さすがに悲鳴をあげた。
容赦ない精液の注入は続き、息継ぎのたび独特の匂いが鼻腔を支配する。

口腔内に漂う精液の匂いがようやく収まる頃、その日のプレイが終了した。
目隠しを外すと、下腹部に黒いシールが貼ってあった。
剥がすと、『MAZO』の文字が下腹部に残っている。
擦っても取れない!
どうやら剃毛した後に『MAZO』と切り抜いたシールで覆い、日焼けライトを当てたようだった。

「3ヶ月は消えない奴隷の印よ。あなたは特別の奴隷だから、このホテルで今日出されたばかりのコンドームの精液を30ccも飲ませてあげたのよ。感謝なさい!」

「・・・」

「奴隷を精液まみれにするのが私の趣味なの!このホテルで出る1日100個以上のコンドームが冷蔵庫に貯めてあるのよ。なぜって?飲みたがる奴隷が結構いるのよ。さあ、『何でもする』って言った新米奴隷クン、これでも平気かしら?悪いなことは言わないから、自分の希望を言った方が身のためよ。本当の奴隷って、自分の嫌なことを強いられるの。次回、もし来るなら後戻りできない覚悟をして前日までに予約しなさい。こっちにも準備があるから」

一旦店を出て帰りかけるものの、何かに憑かれたように店に戻り、翌週末、同じ女王様を予約してしまった。
店員から、「覚悟はいいですか?」と念を押された。
メニューは、『カクテルお注射』というものらしい。

翌金曜日の夜、期待と不安に包まれて店の入り口をくぐった。
すぐに裸に剥かれ、キャスター付きの診察台に拘束されたまま車に乗せられ、例のSMホテルに運ばれた。
用意されていた道具は、浣腸液を貯めて置く入れ物やシリンジ、張型などアナスプレイを期待させるものであったが、女王様の口から出たのはぶっ飛ぶ内容だった

「今、このホテルには40組以上がいて、各々の部屋から新鮮な精液や小水が溢れているわ。それがこの部屋に全部集まる仕組みになっているの。奴隷から出たおしっこは、半分はお口で、飲みきれなかったらお尻から注がれるの。楽しみでしょ。で、ザーメンが届いたらカクテルパーティの始まりよ。私、楽しみにしてたの。あんたたち男は女にザーメンを撃ち込んで征服感に浸っているでしょ?だから私もあんたたち男にザーメンをたっぷり注いでやるのよ」

手早くホース付きの張型がお尻に差し込まれ、それが膨らむ。
次いでペニスに管がにゅるっとした感触で差し込まれ、管から小水が流れ出る。

「ザーメンをどこに注ぐかわかる?お口じゃなくてあなたの粗チンから膀胱への管、ここにどんどん届くコンドームの中身を順番に流し込むのよ。膀胱の中で何人もの精液カクテルが出来るわ。男にも3穴責めが出来るなんて思わなかったでしょう?許して欲しければ今、言いなさい」

診察台の上で絶望的なプレイ内容を聞かされるも、なぜか拒絶の返事が出来なかった。
女性が複数の男に中出し強姦されるような強烈な性感に支配されて、私はそのプレイを承諾した。