私はメグミと言います。
自分の生き方を捻じ曲げられる出来事に遭遇してから、もう6年も経ちました・・・。
いえ、過去形で言うのは間違っていますね。
それは今でも続いているのですから・・・。

当時の私は12歳。
地元の市立小学校に通う、ごく普通の小学校6年生でした。
私には、この時大学3年になる兄がいるのですが、年が離れている割には仲良しでした。
どちらかというと私が一方的に甘えてわがままに振る舞っていた、という方が正しかったですけど。

その年、A大学の教養学部を春に修了して本校に通うようになった兄は、松岡(仮名)という経済学部教授のゼミを選択し、程なく松岡ゼミの友達を家に連れてくるようになりました。
人見知りをしない方だった私は、すぐにその人たちと仲良くなり、まるで私自身が松岡ゼミの一員であるような顔をして輪の中に入るようになりました。
A大学の経済学部の男女比率は50対1くらいで、松岡ゼミのゼミ生も全員男の人でしたが、それだけに私は何だか王女様のような気分になっていて、彼らにチヤホヤされることに有頂天になっていたのだと思います。

夏休みも近づいたある日、そのうちの1人から、大学が夏期休暇に入るとすぐに松岡ゼミの合宿があり、今年は日本アルプスにあるT高原の貸し別荘で1週間、勉強会をすると聞かされました。
T高原といえば有名な観光地で、私は以前から行ってみたいと思っていたので、聞いてすぐに、「私も合宿に連れて行け」と兄に言いました。

「おい、無理言うなよ、メグミ。遊びじゃないんだぞ」

日頃は私に甘い兄も、さすがに首を縦には振りませんでしたが、意地になった私はなんとしても行きたくなって、その後に家に来た人たちにも頼み込みました。
私と仲が良かったゼミの人たちも明らかに迷惑そうな様子でしたが、意外にも、そんなに口を利く方じゃなかった人たちが賛成してくれたのです。

「いいじゃないか。別に邪魔をするわけじゃないし。メグミちゃんがいた方が楽しいよ」

それは兄の先輩にあたる4年生の3人で、松岡ゼミの幹部にあたる人たちでした。
発言力のある3人が賛成したことで他の人たちも反対しなくなりました。
数日後に兄から、松岡先生も参加をOKしてくれたと聞かされ、私は大喜びでした。

8月に入ってすぐ、私達は夏季合宿に向かいました。
参加者は松岡先生の他、兄を含めて10名の3年生と、3名の4年生、そして私でした。
狭いマイクロバスに揺られながら、T高原に行ける喜びにワクワクしていました。
しかし、マイクロバスが到着したのはT高原の奥も奥、まるで人跡未踏の山麓にポツンと建っているような古ぼけた貸し別荘でした。

「さあみんな降りろ。いい別荘だろう。ここなら何の邪魔もなしに講義に没頭出来るぞ」

張りのある教授の声。
私は心からガッカリしましたが、それでもカプセル型のシャワールームが付いた1人用の寝室を特別に割り当ててもらえ、ほっとしました。
いくら小学生とは言え、大学生の男の人たちと同じ部屋に寝るのは嫌だったからです。

初日は荷物や部屋の片付けで終了し、遅い時刻になって、ようやく夕食の時刻になりました。
配送センターから届けられていた夕食が広間に並べられていましたが、冷めきっていてあまり美味しくはありませんでした。
ただなぜか初日からビールや日本酒が出て、夕食は早くも宴会と化しました。
私自身はもちろんお酒なんか飲めませんが、実は常々(美味しそうだな)とは思っていました。
隣に座った4年生の1人がオチョコに入った日本酒を差し出して、「ちょっと舐めてみるか?」と言ってきたのはその時でした。
私は興味津々で受け取って、舌先でペロッと舐めてみました。
今までに体験したことのない味でしたが、意外に甘く感じられて、どちらかと言えば好きな味でした。
つい悪ノリしてオチョコの酒を飲み干すと、「おーすごい」と褒め讃えてくれました。
その後の記憶があやふやなのですが、どうも何杯かおかわりしたような気がします。

やがて夕食も終わり、お酒臭いため息を突きながら個室に戻った私は、鍵とチェーンを施錠して服を脱ぎ、シャワールームに入りました。
ぬるめに設定したシャワーを浴びていると、飲んだお酒のせいでしょうか、目眩というより景色がぐるぐる回るような感覚になりました。
やがて立っていることも出来なくなった私はカプセルの床にペタンと座り込んでしまいました。

「おかしいなあ、お酒ってこんなになるのかなあ・・・」

独り言を呟きながらプラスチックの壁にもたれかかって雨のようなシャワーを浴びているうちに、次第に眠くなっていくことに気が付きました。
夏とはいえ、こんな状態で眠ったら大変だということは分かっていましたが、身体が言うことを聞いてくれないのです。
思考もまとまらなくなった私は、やがて吸い込まれるように意識を失っていきました。

(手首が痛い・・・)

目覚めた時、私が最初に感じたのがそれでした。
なぜ手首が痛いかが分かったのは、それから数秒ほど経ってからのことです。
シャワーの床に座り込んでいたはずの私は、今は寝室の中央で直立していました。
頭の上に両手首を持ち上げさせられ、天井の照明を支えている鎖から垂れ下がったロープで縛られているのです。
シャワーを浴びていた時そのままの下着ひとつ身に着けていない姿で、私は身体の自由を奪われていたのです。

「気が付いたらしいな」

(!!!)

自分の置かれた状況がようやく呑み込めたのは、裸で縛り上げられた私の目の前に立っている、やはり何も着ていない松岡先生の姿を見た時でした。
二王立ちで私と対峙する先生は腕を組みながらニヤニヤとした笑みを浮かべ、私の身体を舐め回すように視線をゆっくりと動かしていました。
股間に突き出した赤黒い男性自身が、やや上向きの姿で私を指し示しているのを見た時、私は全身が凍りついたような恐怖を感じました。

「ん、んー」

ほんの僅か茫然とした後、我に返った私は逃げ出そうと藻掻きながら声をあげました。
しかし、こもったようなうめき声しかあげられません。
タオル地の布で口を塞がれていたのです。

「残念だったな。このドアのチェーンも鍵も、実は全部外から外せるのさ。俺と、この貸し別荘を経営してる俺の友達だけしか方法を知らないけどな」

「・・・」

あざ笑うような松岡先生の言葉を聞いた時、私は自分が罠に堕ちたことを知りました。
この貸し別荘で合宿を催したのも、私が参加するのを認めてくれたのも、すべてこの為・・・。

「んん!」

松岡先生の腕が、143センチしかない私の裸身に伸びてきました。
まだ膨らみと呼べるものがない胸元が、先生の節くれだった手のひらに交互に撫でられ、私は全身に鳥肌を立てました。
ゴリゴリした指先で、米粒くらいしかない乳首を擦り上げられるとズキズキとした感覚が生じるのです。

「ふふふ、ガキにしちゃいい感度してるな。たまらない」

ケラケラと笑いながら、さらに松岡先生は私の胸元を手のひらで擦るのです。
少し硬くなっていた乳首が激しく擦り上げられ、より一層しこり始めました。

「ん、んん」

その恥ずかしさに顔から火が噴き出しそうな気分でしたが、硬くしこった両の乳首を指で同時に摘みあげられると、今度は全身から血の気が引くような気分になりました。

「うう!」

「ふふ、かなり敏感だな。これからの成長が楽しみだ」

楽しそうにつぶやきながら、先生はそのしこり具合を確かめるように、摘まんだ指先で乳首をクニュクニュと揉みほぐし続けました。

「う、んん、ん・・・」

悲しみや屈辱感で頭の中がグチャグチャになっている私でした。
ただ不思議なことに、好きでもない先生に乳首を揉まれているのに、だんだん嫌じゃない感覚が生じていたことは事実でした。
電流のような、ジンジンとした痺れのような、そんな感覚が、乳首から全身に広がっていくのです。

「ふふ、丸っきり子どもなのに結構スケベな反応だな」

そう呟きながら先生は私に近づき、斜め左に立って、まだ女の膨らみが全然ない私の身体に絡み付くように両腕を回しました。

「ん、んん」

膝立ちになった先生は私の左の胸を吸いはじめました。
揉みほぐされて硬くなっていた乳首を唇で強く吸引されたり、舌先でペロペロと舐められたりしていると、指先で揉まれているのとは違う、疼くような感覚が生じました。
同時に、背中に回された右手が私の右脇の下から右の乳首を擦り、もう片方の手がおヘソの下の辺り・・・まだツルツルのアソコを撫で始めました。

「く、んん・・・」

最初のうちこそ、先生の手や口から逃れようと必死に全身をくねらせていましたが、それが無駄な努力であることが徐々にわかり始めた私は、いつしか抵抗しなくなりました。
縛り上げられた全身を、尚もオモチャにされながら、私はじっとしてひたすら耐えていました。
ところが私が抵抗しなくなったことに気が付いた先生は吸っていた乳首から顔を上げて私の顔を見ると、意地悪そうな笑顔を浮かべました。

「ふふ、どこまで我慢出来るかな?」

そう言うと先生は再び私の乳首をしゃぶり、そして同時に、私のヘソの下に伸ばしていた方の手を、さらに下へと進めたのです。

「んん!」

閉じたワレメを撫でられる感覚が再び私の身体をくねらせました。
無遠慮な動きの指先がワレメに入ろうとしていることがわかると、再び全身から血の気が引きました。

「ん、ん・・・」

無毛のワレメの奥に隠れていたクリトリスの豆の先端が先生の指先に捉えられ、クニュクニュとこねられるように撫でられると、私の全身がガクガクと震え始めました。
今まで感じたこともない疼きが下腹部から込み上げ始め、私は次第にボーッとしてきました。
はっきりとした考えもまとめることが出来ず、ただただ先生の執拗な愛撫に全身を委ねているだけでした。

「・・・もう、良さそうだな」

そんな声が意識が薄らいでいる私の耳に入ってきましたが、それが何を意味するのかは、この時は認識出来ませんでした。
認識出来たのは、先生が私の正面に立ち位置を変えて、私の両脚を脇に抱え込んだ次の瞬間でした。

(!!!)

大きく広げられた股に引き裂かれるような激痛が走りました。
先生の男性自身が、まだ初潮も来ていない私のスリットに挿し入って来たのです。
ゆっくりと、でも決して止まることなく、先生は少しずつ私の中にが入ってきました。

「んー、ん・・・」

先生が入って来た瞬間、私は頭が真っ白になりました。
まだ子どもなのに、こんな形で処女を奪われるなんて思ってもいなかったからです。
物凄い絶望感と喪失感が私の理性を打ち砕きました。
でも、同時に感じた下腹部を引き裂くような痛みが、私を現実へと引き戻しました。

(自分は何か悪いことをした罰を受けているんじゃないか・・・)

そんな混乱した思いまで頭に浮かびました。

「ん、う、うう・・・」

私の両脚を抱え込んだまま先生は執拗に腰を動かし続けました。
激痛の走るスリットの内壁を先生の男性自身は容赦なく擦り続けるのです。
口を塞がれたまま私はボロボロと涙を流し、鳴咽を漏らし続けました。
しかしその姿に対して、先生は何の感慨も抱かなかったように冷酷な表情で、12歳の私を犯し続けました。

(早くこの地獄が終わって欲しい・・・)

私はそう願うだけでした。

「んん!」

突如として先生の動きが止まりました。
硬直した先生の全身が規則的にビクッ、ビクッと痙攣しました。
同時に先生を受け入れていた私の中に、何か熱いモノが広がっていくことがわかりました。
先生の精液が私の体内に放出されたのです。

「ふう、やっぱり生出しは最高だな。ゴムなんぞ使っても面白くもなんともないしなあ。まあ、お前なら妊娠するはずもないし安心だ・・・」

新たな絶望感が私の脳裏をよぎりました。
こんな人を一時でも信用した私自身に、そしてこんな人を師と仰いだ兄に対する怒りもありました。
でも本当に絶望を感じたのは、その次でした。
吊り下げられた両手首の縄を解かれても、立ち上がる力さえなくなっていた私を抱きかかえながら、先生はドアの方を振り向いて、こう言ったのです。

「ようし、みんな、もう入って来てもいいぞ」

その言葉に応じるかのように入口のドアが開きました。
ドアの向こうに、あの4年生達の姿が見えた時、私は今までの事が全てこのためにあったのだと気づいて、目の前が真っ暗になったような思いになりました。

「先生、お邪魔します」
「うひょお、やっぱり可愛いな」
「うう、たまんねえ。前から食ってやりたかったんだよ」

歓声を上げる3人に先生は私の身体を差し出しました。

「ガキにしちゃなかなかいい味だぞ。まあゆっくりと楽しもう。合宿はまだ始まったばかりだからな」

目をギラギラと輝かせながら3人は私の身体を先生から受け取り、そのまま絨毯が敷かれた床に仰向けに押し倒しました。

「うう、早くぶち込みてえぜ」

服を脱ぐのももどかしそうな様子で代わる代わる私にのしかかり、痛みが取れない私のワレメに男性自身を突き立てるのです。
1人が私を犯している間、別の2人は私の脇に座り込んで、硬くなったままの乳首をチューチューと音を立てて吸ったり、ダラリとした手のひらで自分のペニスを握らせたりするのです。
この時の私には、もう理性もプライドもなくなって、まだ女としての機能も出来ていない細い身体をレイプされるがままになっていました。

何度犯されたのかも分からなくなった頃、ようやく彼らは私から離れました。
そして汗と精液まみれの姿で床に仰向けに倒れている私に対して青白い閃光を何度も放ったのです。
何の説明もありませんでしたが、それがカメラのストロボだということは嫌でも分かりました。
こんな姿にされ、しかもそれを撮影され・・・。
私は自分がもうどうにもならない立場に置かれてしまったことを知りました。

「おい、顔がわからねえよ。猿轡を外そうぜ」

カメラを構えた1人がそう言うと、他の男達が珍しく動揺した顔色を浮かべました。

「大丈夫かな?」
「大丈夫って、何が?」

「外したら騒ぐかも知れないぜ。他の3年生が起きてたら・・・」
「何、騒ぐわけないさ。他の連中にこんな姿を見せたくないだろうからな。いくらガキでもそれくらい分かるだろ」

「なるほどねえ」

そう返答した男が私の口を塞いでいたタオルを外しました。

「う、あ・・・はあ、はあ、はあ・・・」

ようやく自由になった口で私は大きく何度も深呼吸をしました。
再び焚かれたストロボの光にも私は反応すら出来ませんでした。

「ほうら見ろ。もうこのガキにも分かってるのさ。騒いだら自分が損だってことがな」

「いい心がけだぜ。そいつを忘れないようにしなよ、牝奴隷ちゃん」

「東京に戻っても、俺達に呼び出されたらすぐに出て来るんだぜ。そうすれば誰にもバレないし、お前も気持ち良くしてもらえるんだから、なんの問題もないだろう」

ゲラゲラと笑いながら男達は私にそう言いました。
自分の周囲を取り囲む4人の男達の顔を改めて見回した時、あまり明るくない照明に照らされた彼らの顔には、私に対する労りなど微塵も浮かんでいないことを知りました。
私がどんな思いでこの場にいるのか、彼らにとってはどうでもいいことなのです。
牝奴隷・・・。
それが私のもうひとつの呼び名になりました。

「さて、ひとまず仕上げといこう」

そう言ったのは、それまでソファーに座り込んで、私が犯される様子を笑いながら眺めていた松岡先生でした。
学生達はその意味を理解したかのように一斉に頷くと、仰向けに寝転がっていた私の両腕を引いて、その場で四つん這いになるように命じました。
フラフラとおぼつかない動きで、それでも私は何とか床に手を突くことが出来ました。
その私の目の前に裸の松岡先生が仁王立ちになりました。
最初に私を犯した先生の男性自身が私の顔に向かってそそり立っていました。
その恐怖を思い出して顔をしかめた私に、先生はこう命じました。

「咥えろ」

(・・・?)

一瞬、私は何を言われているのか分かりませんでした。
フェラチオを命じられているのだと気が付いたのは、ひと呼吸置いた後でした。
辛うじて残っていた理性と恐怖心に、私はその場ですくんでしまいました。
しかし、私がぐずぐずしていると先生は私の髪を掴んで、自分の男性自身に私の顔を擦りつけたのです。

「ほら、もたもたしないで口を大きく開けるんだよ」

情け容赦のない命令が私を打ちのめしました。
逃げ場を失った私は、恐る恐る口を開けて、先生の男性自身を受け容れました。

「・・・ん・・・ぐ・・・」

熱気のこもった硬い肉の棒が私の口に差し込まれました。
そのおぞましさと強烈な臭気に私は目眩を起こしそうになりましたが、そんな私に先生は次々と命令を下し始めました。

「舌を使え」
「歯を立てるな」
「唇だけを窄めて締め付けろ」

私は命じられるがまま、必死に先生の男性自身に奉仕し続けました。

「・・・んう、出る・・・」

うめくような声でそう言った直後、先生は身体をビクッと痙攣させました。
同時に、私の口の中に押し込んだままの男性自身の先端から熱い飛沫が喉の奥に向かって発射されました。

「ん、ぐ、ごふっ」

その瞬間、激しく咽て、慌てて顔を離そうとしましたが、強い力で髪の毛を握り締められていたため、私は先生の男性自身を咥えたまま咳き込んでしまいました。
喉に放たれた精液が鼻の穴にまでまわり、呼吸も満足に出来なくなりました。

「まだ離れるんじゃない。もうひとつ飲んでもらうからな」

せせら笑うような先生の声を聞いたのとほぼ同時に先生の男性自身から細かい振動が感じられ、次の瞬間、私の口の中に熱い液体が大量に注ぎ込まれました。

(!!!)

精液とは違う、勢いの良いその迸りが先生のオシッコであることに気が付いた時、恐怖にかられた私は思わず口を大きく開けて、飲むように命じられた液体のほとんどを床にこぼしてしまいました。
それでようやく先生の下腹部から顔を離すことが出来ましたが、先生の顔は今までにない怒りに満ちていました。

「馬鹿、何をやってるんだ!」

躾の悪いペットのような、私は拳で頭を叩かれました。
屈辱に満ちた激痛に脳天を襲われてうずくまっていると、先生はまた私の髪を掴んでオシッコで濡れた床に私の顔を押し付けました。

「ほら、自分でこぼしたんだから自分で始末しろ」

もう涙さえ出ない顔を床に擦りつけながら、私は絨毯に沁み込んだ先生のオシッコをジュルジュルと吸い続けました。
私の頭の中で何かが切れたのは、その時でした。
それから先はちゃんとした記憶がありませんが、夜が明けるまで、ありとあらゆる方法で犯され続けたことは覚えています。
そして朝が来ると彼らは私を床に放り出し、堪能した様子で部屋を後にして行きました。

悪夢の日々が始まりました。
昼間は何事もなかったかのように過ごし、他の人たちに気づかれないように言われました。
そして夜は彼らに凌辱の限りを尽くされる・・・そんな事が1週間も続きました。
兄にも何も言えません。
もっとも兄は、私がここに来るのは反対みたいでしたし、逆に私が大人しくしているのを見て安心しているようでした。

合宿が終わったその日、私は1人の女の子ではなく、彼らの牝奴隷として貸し別荘を後にしました。
東京に戻ってからも、しばしば彼らのうちの誰か、あるいは何人かに呼び出されて幼い肉体を犯される日々が続きました。

あれから6年・・・。
中学から高校、そしてに松岡教授に命じられるまま入学させられたA大学の経済学部の学生になった今に至るまで、私は彼らの牝奴隷のままなのです。
強いられた主従のバランスも、今ではごく自然に受け入れてしまっています。
いえ、むしろ・・・自分の方が、それを望んでいることを感じてしまっています。