あれは高校1年の冬の日。
5時間目の数学の授業が始まって10分後、自分は後悔していた。
トイレに行きたくなってしまったからだ。
どうして休み時間に済ませておかなかったのか。
高校生にもなって、「先生、トイレ!」は恥ずかしい。
しかも数学の先生は厳しいことで有名だ。
なんとか我慢するしかない。
そう心に決め、自分と膀胱との戦いが始まった。

授業開始から20分。
尿意はだんだんと強まっていく。
このまま最後まで頑張り通せるのか。
不安と恐怖が心に広がっていく。

と、その時だった。
隣の席に座るKさんが、自分にノートの切れ端を渡してきたのだ。

(一体何だろう?)

疑問に思いながら切れ端を見ると、そこにはこう書いてあった。

『◯◯君もトイレ?』

(バレてる!身近な女子にトイレに行きたいことがバレてる!)

恥ずかしさで心がいっぱいになる自分。
が、しかしそこで、ふと自分は冷静になった。

(◯◯君“も”?)

そこで自分もノートを千切り、こう書いてKさんに渡した。

『Kさんもトイレ?』

自分からのメモに目を通したKさんは、コクリと頷いた。
そして続けて、次のメモを渡してきた。

『我慢できなくなったら、一緒に行こう?』

どうやらKさんも、授業中のトイレは恥ずかしいらしい。
いや、厳しい先生の授業中に、1人で抜けるのが怖いのか。
とにかく自分は再びノートを千切り、メモをしてKさんに渡す。

『とにかく、頑張れるところまで頑張ろう』

Kさんはまたコクリと頷き、そのまま俯いてしまった。
自分も、他人を気にしている余裕はない。
どうにか授業に集中し、尿意を紛らわせようとする。
あと30分。
長い長い戦いは始まったばかりだった。

しかし時間は刻一刻と過ぎ、授業終了まで残り10分となった。
絶えず押し寄せて来た尿意も、今は多少引いている。

(これなら最後まで我慢できる)

そう思った時だった。
隣の席でせわしなく体を動かしていたKさんから、再びメモが渡された。

『もう我慢できない。一緒にトイレに行って』

どうやらKさんは、俺より先に限界を迎えたらしい。
しかし自分はKさんと違って、最後まで我慢できそうなのだ。
そう思った自分は、申し訳ないと思いつつ、Kさんにメモを返した。

『ごめん、こっちは我慢できそうだから』

するとKさんは即座に渡したメモに字を書き殴り、自分に渡してきた。

『お願いだから!』

Kさんの顔を見ると顔面蒼白で涙目だった。
訴えるような視線を自分に向けてきている。
そこまでして1人ではイヤなのか。
しかし自分も、やっぱり授業中のトイレは恥ずかしい。
どうすればいいんだろう。
そう考えた時だ。
体を震わせていたKさんが突然、ニヤリと笑みを浮かべた。

(何だ!?)

そう思った瞬間だった。

「っ!?」

授業中にも関わらず、思わず自分は悲鳴をあげそうになった。
Kさんが自分の脇腹に手を伸ばし、こちょこちょとくすぐってきたからだ。
思わぬ刺激に体が震え、身を捩る自分。
どうにか声を出すのを耐え、教室中に間抜けな悲鳴が響くという事態は避けられた。
しかし膀胱は刺激に従順だった。
引いていた尿意が一気に押し寄せてきたのだ。
急激な尿意は自分の精神を一気に蝕んだ。

ヤバイ。
これはヤバイ。
お漏らしの危機だ。

そう思った自分は慌てて立ち上がり、先生に言った。

「先生、トイレに行ってもいいですか?」

そう自分が言った瞬間、すかさずKさんも立ち上り・・・。

「先生、私もトイレに行ってもいいですか?」

立て続けのトイレ発言にクラスは爆笑の渦に包まれた。
厳しいことで有名な先生も、これには呆れ顔だった。

「仲良いな、お前ら。早く行って来い」

先生からの許可が下りた瞬間、自分とKさんは揃って教室を飛び出して行った。
この日ほど、教室が廊下の端っこにあったことを恨んだことはない。
自分とKさんは、手で股間を押さえながら廊下をダッシュしていた。
みっともないことこの上ない恰好だったが、そんな事を考えてはいられない。
自分の膀胱は悲鳴をあげ、いつ溢れても仕方ない状態だった。
それはKさんも同じらしく、苦悶の表情を浮かべている。

「ああ、漏れちゃう。漏れちゃう」

内股で悶えながら廊下を駆ける自分とKさん。
永遠とも思える苦痛の時間だった。
どうにかこうにかトイレまで辿り着いた時、Kさんが言った。

「最後まで頑張ろうね。帰るまでが遠足だよ!」

誰のせいでこんな状況になったと思ってるんだ!
そうツッコミたかったが、そんな余裕はなかった。
便器に辿り着いた自分は、慌ててズボンのチャックを下ろす。
壁に隔てられているはずの女子トイレからは、バタン!と大きな音が聞こえた。
ズボンの隙間から自分のモノを露出させた瞬間、もの凄い勢いでオシッコが噴射された。
迸るオシッコが便器を打ちつけ、苦しみが急速に消えていく。
この瞬間は正直、人生で一番気持ち良かったかもしれない。

自分が男子トイレを出るとのKさんがトイレを出るのは、ほとんど同時だった。

「・・・どうだった?」

恐る恐るKさんに聞くと、Kさんは照れたように答えた。

「ギリギリセーフ・・・。スッキリしたぁ・・・」

うっとりとしたKさんの表情。
正直、(可愛いな)と思ってしまった自分がいた。
そしてKさんは自分に向かって手を差し出した。

「私たち、勝ったんだね!やったね、◯◯君!」

「うん。お互いに、漏らさなくて良かった・・・」

そう言ってKさんの手を握る自分。
が、そこで自分は気がついてしまった。

「って、もとを正せば、くすぐったKさんのせいでしょ!」

「細かいことは気にしない!ほら、早く教室に帰ろ!」

Kさんはにっこりと笑い、教室に向かって走って行く。
釈然としないものを感じながら、後を追いかける自分だった。
ちなみにその後の休み時間は、男友達にからかわれっぱなしで心底参った。

Kさんが感謝の言葉を述べてきたのは、授業が全て終わった放課後だった。

「今日は一緒にトイレに行ってくれてありがとう」

「行ってあげたというより、無理やり行かされたんだけど」

「やっぱり◯◯君も脇腹が弱いんだね」

「ん?◯◯君も?それじゃあKさんも弱いの?」

「そりゃあ弱いよ。っていうか、女の子ならみんな弱いと思うよ」

「ふ~ん」

自分の中に邪悪な考えが浮かんだ。
周りに人がいないことを確認し、自分はすかさず実行に移した。

「よくも授業中にやってくれたな~!こちょこちょこちょ!」

「キャッ!タハッハッハッハッハ~!?」

Kさんは脇腹へのくすぐりに敏感に反応した。
身を捩って逃げようとするKさんを押さえつけ、自分はさらにKさんをくすぐる。

「キャッハッハッハッハ~やめて~!」

「やめて欲しかったら、『ごめんなさい』は?」

「ご、ごめんなさい~!私が悪かった!だからくすぐらないで~!」

その言葉を無視し、自分はKさんを1分間、くすぐりの刑に処した。
息も絶え絶えになったKさんは言った。

「さっきの授業中よりも、今のくすぐりの方が苦しかったよ・・・」

それから数年が経った。
自分とKさんは同じ大学に進み、何の因果か今では一応お付き合いをしている。
デートは何回もしているけど、未だにエッチはしていない。
いずれは勇気を出して頑張りたいと思っている。
デート時の自分とKさんの合言葉は、たったの一つ。

「トイレは我慢しちゃダメ!行きたくなったらすぐに言おう!」