俺は高3の受験生。
俺には2人の妹がいる。
高1と中1だ。

高1のほうは気が強くて、小さい時に喧嘩していつも負けていた。
だから妹なのに逆らえないぐらい怖い存在になった。
俺と同じ高校に入学したのだが、部活もしないで、いつも化粧。
家に帰って来れば携帯で男と電話。
それが毎日。

中1の妹のほうが、まだ可愛げがあると思う。
芹奈(仮名)と言う。
芹奈はバレー部でかなりのツワモノ。
中1くせにバレー部のエースになった。
背はそんなに大きくはないが、小学校のときから他の監督からもマークされていたほどだ。
高1の妹とは全然違う。
スタイルもモデルみたいだし、運動しているから太っていない。

でも実は、芹奈が小さいときから俺はエッチなことを教えていた。
最近になってどんどん大胆になってくる。
いきなり俺のチンポをズボン越しから触ってきた。
不意打ちに声が出てしまう。

「何すんだよ、いきなり!」

「いいじゃん、私が大きくしてあげる」

「ば、馬鹿、やめろって」

とか言いつつ、すぐに反応した。

「ふっ、なに大きくしてるの?感じてる?」

「当たり前だろ、思春期の男子にはヤバイんだから」

「学校で習ったよ、精子っていうのが出るんでしょ?」

俺もエロエロモードになってしまった。

「なら・・・直接触れよ、その方が感じるから」

「ええー!汚いもん」

「じゃあ、お風呂入る?」

「いいよ、別に」

「少しは恥じらいとかないのかよ?」

「いいじゃん。兄妹なんだし」

脱衣所で着替えて、芹奈が先に風呂に入った。
しかも何も隠さずに。
俺は恥ずかしくなってタオルで前を隠して入った。
芹奈と風呂に入るのは何年ぶりだろう。
湯船に浸かっている芹奈は女らしい体になっていた。
胸は大きくはないが下の毛も立派に生えており、もう大人になってるんだなと思ってしまった。

「なあ、一緒に体洗いっこしない?」

俺は誘った。
さすがに遠慮するかと思ったが・・・。

「いいよ、やろうやろう」

嫌がることもなく賛成した。
俺は芹奈の体にとてつもない興奮を覚えてしまった。
ゴシゴシと体を洗っている俺はもう夢中だった。

「ちん毛、金髪だね、染めたの?」

「脱色したんだ。髪染めたら怒られるけど、アソコの毛を染めたらダメなんて校則はないからな」

「なんかすごい」

「お前も染めてみるか?」

「私は遠慮する」

そんな会話をしながら全身が泡で包まれた。
泡だらけの芹奈を抱いてみた。
体を動かすと泡のヌルヌル感が気持ち良くて、アソコは立ちっぱなし。
我慢できなくて入れてみた。

「痛い痛い、何してるの?」

「いや~、エッチしたくて」

「痛いのはヤダよう」

「じゃあアソコを舐めさせて」

「・・・いいけど」

初めて芹奈のアソコを見た。
すごくエッチな形をしていた。
リアルに13歳のアソコを見た感想だ。
もう止められなくなった。
DVDを真似てみた。
でも、芹奈は声も上げずに反応がなかった。
舐めながら芹奈に聞いた。

「気持ちいい?」

「ウ~ン、気持ちいいけど、そんなには感じない」

なんだかやる気がなくなった・・・。

「上がろうよ、お腹も空いたし」

「うん」

2人で風呂から出た。

その日はそこまでで終わったが、それから俺たちは人目を盗んでは互いの体を触っている。
それも毎日。
これから受験なのに本当に大丈夫なのかと自分でも思う。
思いながらも、妹と背徳的な毎日を過ごしている。

今の目標は、妹のアソコの毛をピンクに染めること。
何か良い方法があったら教えて下さい。