仮名だけど一応紹介します。
あたし:◯◯くみ。
中村先生:生物担当。
あたしが高2の時の担当の先生でした。

3年になってからは生物の授業がなかったから中村先生の授業がなくて、憧れてたあたしとしてはめっちゃ残念でした。
でも中村先生に、「◯◯は文系やけど理科もがんばれよ」と言われたので、違う先生のもとで張り切って頑張ってました。

5月の中頃、体育祭の準備に追われてた頃でした。
中村先生に、体育祭で中村先生が担当してる仕事を手伝って欲しいと頼まれました。
顧問をしてるバトミントン部の生徒が手伝ってくれるんだけど、人手が足りないそうでした。
あたしは特に何の仕事もなかったし、中村先生と体育祭の準備ができるなんてドキドキするーとか思って軽く引き受けました。

頼まれてた日の放課後、あたしはワクワクしながら生物準備室に行きました。
友だちとは、「あたしに頼むなんて、もしかして脈アリなんちゃうん」とか言ってふざけてたんですけど、あたしはもっと爽やかに仲良くしたかっただけでした。

生物準備室に着くと中村先生が1人でいました。
生物準備室は結構校舎の奥まったところにあって、グラウンドで体育祭の準備や部活をしている声がすっごく遠くで聞こえました。
夕方の教室で2人っきりで、あたしは緊張しはじめました。

あたしはなんか普通っぽく会話しなきゃと思って、「恵美たち(バト部の友人)は・・・?」と聞きました。

すると中村先生が白衣で手を拭きながら近付いてきました。
あたしは中村先生の白衣姿が大好きだったので、余計に緊張してしまって下を向きました。
中村先生は、「体育館で準備してもらってるよ」と言いました。
あたしは、「えっ?あたしも体育館じゃないん?」と言いました。
せっかく体操服で来たのに飾り作りとかかよーと思いました。

ちなみに体操服と言っても、ブルマとかそういうエロいのじゃないですw
ジャージに普通の半袖の体操服です。
でも、当時はもうEカップあったので、ちょっとエロかったのかもしれません。
まだそういうことには無頓着だったので、そんな風に考えたことはありませんでした。

中村先生が、「◯◯にはまた別の仕事お願いしたいねん」と言って、入場門に付ける花飾りを作るよう命じられました。

あたしは「はぁい」と言って黙々と作りはじめました。

でも作りながら色んな疑問がありました。
なんであたしに頼むん?
かなり不器用やのに・・・。
しかもあたし1人に?
っていうか、こんな作業ならわざわざこんなとこに呼び出さんでも・・・。
なんで自分のクラスの子に頼まんの?
なんか不自然・・・。

などと思って先生の顔をチラッと見ました。
すると先生と目が合って、「緊張してる?」と聞かれました。
その時、(中村先生はあたしが憧れてることを知ってて呼んだんや)と気付きました。

(じゃあ何が目的?)

急に中村先生が立ち上がりました。
あたしは心臓がドキン!となりました。
中村先生はゆっくり歩いてあたしの後ろに回りました。
それで肩に手を置いて耳元で・・・。

「先生のこと好きなんやろ?緊張せんでも大丈夫・・・」とか言い出しました。

確かに大好きだけど・・・。
大好きだから、あたしは先生のプライドを傷つけたくなくて、「嫌」の一言が言えませんでした。
中村先生は既婚で40代のおじさんです!
あたしってファザコンだから大人の男の人に弱いんですw

中村先生はあたしのほっぺたを触りました。

「若い肌やなぁ」

そう言ってチョークだらけの手でベタベタ触られて、あたしは花飾りを持ったまま硬直してしまいました。

「ほっぺた、めっちゃ熱いやんw可愛いなぁ」

頭が真っ白になりながら、(早く花飾りを作らなないと・・・)とか、どうでもいいことが頭をよぎりました。
中村先生は、「あー可愛い」と言って息が荒くなり出しました。
そして後ろからぎゅうっと抱き締められました。
あたしはあり得ないくらい心臓がバクバクして震えてしまいました。

中村先生は、「大丈夫やで、誰も来んから」と言って、あたしのおっぱいを揉みはじめました。
驚きで声も出なかったけど、上手に揉みしだかれて気持ちよくなってしまいました。
先生があたしのブラのホックを外しました。
ブラの締め付けがなくなって、そのかわり両方のおっぱいが中村先生のおっきな手で包まれて・・・膝がガクガク震えました。

「◯◯は巨乳やなぁ・・・エッチなおっぱいしてんなぁ」

恥ずかしくて言葉が出ません。

中村先生は、「2年の時、授業で触点(だっけ?)の話をしたよなぁ。人間の体は背中とか中心部より末端の部分に触点がたくさんあるねんで」と言いました。

(いきなり授業?一体何?)と思いました。

すると中村先生は、「例えば、おっぱいも先端の方が触点が多いはず」と言って、乳首をキュッと摘まれました。
あたしは体がビクンとなって、「あんっ!」と声が出ました。
中村先生は荒い息であたしの耳をしゃぶりながら・・・。

「めっちゃ感じるんやろ・・・?◯◯の乳首は触点がいっぱいあるんやな・・・先生が触点を調べたるからな・・・」

まるで、変態生物教師って感じでした。
でもあたしはほんとに頭がボーッとしてしまって、(ほんまや、あたしの乳首、触点がいっぱいあんのかなぁ・・・恥ずかしい)とかって考えてました。

それでもあたしはできるだけ喘いだりしちゃわないように、花飾りを持ったまま下を向いて耐えていました。
花飾りがぐちゃぐちゃになるくらい力を入れて、中村先生の“触点実験”を我慢していました。
中村先生は、あたしのおっぱいを寄せて、左手だけで両方の乳首を弄りはじめました。
空いた右手は、あたしの口の中に入ってきました。

「もっと声出して・・・」

ずっと我慢してたんですが、口を無理に開けさせられて声が漏れてしまいました。
しばらく弄られて、口も閉じれないので涎が出ちゃって、あたしの理性が飛ばされちゃったんだと思います。

「ここが感じるん?」と聞かれると、「か、感じるぅ」なんて白状しちゃうくらい、もう変になっちゃってました。

あたしは、いつも生物の実験をしている机の上に寝かされました。
そしてジャージを膝まで下ろされましたが、もう抵抗できませんでした。
辛うじて処女ではなかったけど、まだ1回しかしたことなかったです。
オナニーなんてしてませんでした。

中村先生はパンツの上からあそこを舐めました。
舐められたのは初めてで、すごく嫌だったけどパンツごとぐちょぐちょに舐められて、動物になったみたいな気分になりました。
中村先生は白衣のままズボンをずらして、あたしの上に乗っかりました。
ほっぺと首に軽くキスした後、中村先生のあそこがあたしのあそこを探りはじめました。
ヌルヌルってして、ちょっとずつグッグッて入ってきて、なんかおっきくて痛かったです。

「あ~、締まる・・・。若いといいねー」

先生が腰をゆっくり動かしました。
動かすたびに痛くって、でも気持ち良くて・・・。
先生はすぐにイッちゃったけど、これがエッチなんだって思いました。