姉が大学に入って半年くらい経った頃、姉に彼氏が出来たようでした。
明るい性格なので家でも親に平気でそういう話をしてました。
それを知った自分の頭の中では、男に抱かれてセックスする姉の姿や、チンコをしゃぶる姉の姿でいっぱいになってました。
姉の淫らな姿を想像はしても、不思議と嫉妬はあまりなかったです。
姉の彼氏がとてもいい人だった為かもしれませんが。

付き合って何ヶ月かすると彼氏もたまに家に来るようになり、高校受験を控えた自分に勉強を教えてくれました。
なんだか兄貴が出来たみたいで嬉しかったですが、姉を抱いていることを考えると複雑な心境でした。
しかし頭の片隅には、姉の体に触れて舐め回したのは自分が初めてなんだという優越感がありました。
(本当に初めてだったかはわかりませんが・・・)

そんなふうに姉の周りの環境は色々変わっていったようでしたが、自分が姉の部屋に忍び込むのは相変わらずでした。
高校生なってもやることは同じ。
性の対象は姉。
そんなんだったから彼女が欲しいともあまり思いませんでした。
ただ、セックスしたいという気持ちは異常にありました。
周りの友達と、誰が可愛いとか、誰と付き合いたいみたいな話はしてたけど、頭の中は姉の裸や淫らな姿ばっかり。
感覚がおかしくなっていたと思います。
友達に、「綺麗なお姉さんがいていいよな~」なんて言われて優越感みたいなものを感じてましたから。

その頃、姉がたまに酒を飲んで帰って来るようになりました。
姉が酔って帰って来るのは自分にとっては嬉しいことでした。
酔って「ただいま~」と抱き付いてきてくれるし、何よりもいつもより眠りが深かったんです。
いつもより大胆に姉のマンコを触れたし、姉の手の中で射精したりもできました。
姉の寝相によっては、お尻を触ったり、姉の唇にガマン汁で濡れたチンコを擦り付けることまでやってしまいました。

しかしこんな行為にも終わりがやって来ました。
高2になった春のことです。
その日は、前日から両親が旅行に行った時でした。
姉は、せっかく両親がいないからちょっと遅くまで友達と飲みに行くと言い、夕方過ぎに出かけて行きました。
自分は1人きりで誰もいないのが嬉しくて、姉の部屋で数時間を過ごしました。
姉の下着をじっくり見て匂いを嗅ぎ、クロッチの部分を舐めたり、チンコに巻きつけたり。
姉のベッドに寝て、甘い匂いを嗅ぎながらオナニーもしました。
さらに姉の机の中を見てみたり、普段しないようなことまでしてました。

そして深夜1時頃だったと思います。
玄関のベルが鳴りました。
姉ならベルなんて鳴らさずに入って来るだろうし、誰だろうと思って玄関に行きドアを開けると、何度か見たことのある女友達に支えられた、酷く酔った様子の姉がいました。

「夜遅くにごめんね、◯◯(姉)、すっごい酔っちゃってるからさ」
「あと任せちゃっていいかな?本当にごめんね、おやすみ」

そう言って申し訳なさそうに姉の友達は帰って行きました。
お酒は好きな姉ですが、こんな様子は初めてでした。
たぶんいつもより遅くまで遊べることで相当テンションが上がったんだと思います。

「お姉ちゃん大丈夫!?」

「う~ん・・・」

明らかに大丈夫じゃない様子で、まともに歩くことさえ出来なそう。

「お姉ちゃん、部屋まで行ける?」

「ユキ(姉の友達)・・・もうここでいいよ・・・」

誰が隣にいるかも分からないぐらいだし、こんな所で寝かすわけにもいかないので、姉を支えながらなんとか部屋まで連れて行きました。
ベッドに姉を寝かせ、外着のままでは良くないと思い・・・。

「お姉ちゃん着替えなくていの?」

「う~ん、着替えるよ・・・」

そう言って姉は上着を脱ぎかけましたが、途中で手が止まりました。

「お姉ちゃん!?」

「・・・」

呼びかけても体を揺すっても全然反応せず、寝息だけが聞こえてきました。
自分は仕方なく姉の上着だけでもと思って脱がせたところで、今の状況にハッとしました。
こんな明るい部屋の中で、いくら大きな声で呼んでも、強く揺すっても起きずに完全に熟睡してる姉。
そしてその姉の服を脱がしている自分がいる。
一気に心臓の鼓動が速くなりました。

こんなチャンスはもう二度とない。
こんな明るい部屋の中で姉を裸に出来ることはなんて。

さっきまで姉を介抱していた自分が嘘のように、頭の中は姉に対する欲望だけになっていました。
自分は姉の服を強引に脱がしていきました。
姉の上半身はあっという間にブラだけになり、次はパンスト、そしてスカートと脱がしていくと、目の前にはブラとパンツだけしか着けていない姉の姿がありました。
かなり体を動かしながら脱がしましたが、姉は起きるどころか何の反応もありません。

自分は興奮で震える手で残りを脱がしていきました。
初めて明かりの下で見る、全裸の姉。
形のいい綺麗な胸と色の薄い小さな乳首、くびれたウエスト、白い肌とは対照的な黒い陰毛、柔らかそうな太もも、細く綺麗な足。
もう頭がおかしくなりそうでした。
自分の大きな鼓動が聞こえ、チンコはギンギンに勃起し、口の中は乾いていました。

私は引き寄せられるように姉の胸に吸い付きました。
両手で柔らかな左右の胸を揉みながら綺麗な乳首を舐め回す、2つの乳首を交互に。
姉は完全に熟睡しているのに、乳首は少し盛り上がってきました。
寝ていても女性の体が反応することを、このとき初めて知りました。
その反応が嬉しくて、しばらく乳首を舐め続けました。

そして少しずつ舌を下げていきました。
手で感触を確かめながら、ウエスト部分、臍のまわり、そして陰毛で覆われた股間まで舌を這わせていきました。
股間まで来ると、お風呂に入ってないからでしょう、甘い匂いの中に初めて感じる匂いを感じました。
でも全然嫌な匂いではなく、むしろより興奮させる匂いでした。

そのまま太ももまで舐め回し、私は顔を上げました。
極度の緊張と興奮の中で、もう一度姉の様子を見ましたが、初めと少しも変わっていません。
むしろさらに深く眠っているように感じられました。

もう欲望を抑えることは出来ない状態でした。
私は姉の足を広げ、ベッドの上にあがり、姉の股間の前に座りました。
目の前に見えるのは、薄く色づいた姉のマンコ。
手を伸ばし、目の前のマンコを左右に広げると、外側の色とは全然違う綺麗なピンク色のマンコの中が見えました。
その色のギャップの卑猥さに我慢できず、マンコに口を密着させました。
独特の匂いと初めて口にする味、舌で感じる滑らかな感触。

もう完全に狂ったと思うような感覚なり、一旦顔を離しました。
姉のマンコが自分の唾で濡れ、その様子が興奮をさらに掻き立てます。
自分の知識の中のマンコと照らし合わせるように、もう一度マンコをじっくり見ました。
上の方に少しだけ見えるクリトリス、ヒダに覆われた膣口と思われる部分。
指が姉の中に入っていく様子が見たくて、指を膣口に当てて、押し進めました。
最初はキツくて抵抗がありましたが、徐々に指が姉のマンコの中に消えていきました。
全身がゾクッとしました。

指を抜き、もっと舐めやすいように姉の足を膝で折り立て、広げました。
はっきり見える開いたマンコ、その下にはお尻の穴まで!
その状態でマンコを舐め回しました。
唾でベトベトになるほど全体を、そして指で剥き出しにしたクリトリスを。
息苦しくなるほど舐め回し、顔を上げました。
2つの白い胸の向こうに見える姉の顔は、驚くほどぐっすり寝ています。
その姉の顔を見ながらマンコに指を挿入しました。
すると、さっきとは違い、ヌルッと何の抵抗もなく入っていきました。
ヌルヌルとした温かい感触が指に伝わってきます。

姉の顔は見つめたまま指を前後に動かしました。
クチュックチュッと卑猥な音が小さく聞こえてきます。
もう完全に理性なんかなくて、興奮も限界でした。
指を抜き、ズボンとトランクスを脱ぎ捨てました。
ギンギンに勃起したチンコは滴り落ちるくらいのガマン汁で濡れ、ビクビクと動いています。
私は何の迷いもなく体を前に進め、限界のチンコを姉のマンコへ密着させました。
ものすごい快感が体を走り、それだけでイキそうになりました。
気持ちと行動が噛み合わない焦りの中、震える手で真上を向いているチンコを押し下げ、腰を前に出し挿入しようとしました。

しかし・・・全然入りません。
焦りのせいで膣口にうまく当たらないし、腰の位置が高すぎて角度が全然違ってたみたいです。
でも、この時はそんなことなど全然理解できず、ただ入れようと腰を進めるだけでした。
そして、入れようとチンコを姉のマンコに強く擦り付けていた時、限界を超えてしまいました。
私は一気に射精してしまったのです。
すごい勢いで精子が姉のマンコや陰毛部分に吐き出され、シーツへ滴り落ちていきました。

(シーツにシミを作るわけにはいかない!)

射精の快感の中、慌てて姉の枕元のティッシュを取り、シーツへ落ちた大量の精子を拭き取りました。

興奮冷めやらぬ頭の中で、挿入できなかった心残りを感じながら、まだ硬いままのチンコと姉のマンコを見つめ、腰を落とした。
そのとき、思いもよらないことが起こりました。
あれだけ入らなかったチンコの先の部分が姉のマンコの中に消えていたんです。
頭の中が真っ白で動きが一瞬止まりました。
射精したばかりで、普段なら萎えていくはずのチンコが完全に勃起していました。
こんな事は初めてだったので驚きましたが、それどころではありません。
再び始まった大きな鼓動と震えの中、自分はゆっくりと腰を前に進めていきました。
ギンギンに勃起しているチンコが、数分前に吐き出された精子がまだ付いままの姉のマンコの中にゆっくり消えていきました。
チンコが温かい姉のマンコの感触に包まれていく。
今まで感じたことのない痺れるほど気持ちいい圧迫感。
チンコが全部、姉の中に消えました。

(セックスしている、しかも姉のマンコに自分のチンコが入っている!)

その満足感で頭がいっぱいでした。
姉の顔を見ると、相変わらずぐっすり寝ていました。
ここまでされても起きないのかと、信じられないほどでした。

私は姉の顔を見ながら、ゆっくり腰を動かしました。
動かす度に姉のマンコがチンコを締め付けてきて、電気が走ったような快感が全身を駆け巡りました。
オナニーなんかでは絶対に得られない快感です。
結合部分を見ると、姉のマンコの中から出てくるチンコは濡れて光っていました。
クチュクチュと興奮させる音を立てながら、姉のマンコに出たり入ったりを繰り返す自分のチンコ。
目の前の姉の寝顔と、チンコを咥えた卑猥な姉のマンコとのあまりに大きなギャップに、挿入してからほとんど時間が経っていないにも関わらず限界に達しました。
股間の奥から込み上げてくる快感で腰の動きが自然に速くなっていきます。
頭の中は空っぽで、快感への欲望だけで体が動いている感覚でした。

限界を超えた時、無意識にチンコを抜いていて、姉の白い肌へ、2回目の射精とは思えないほどの大量の精子を吐き出しました。
今まで見たことないほど勢いよく飛んだ精子は、姉の細いウエストや白い胸を汚し、少量が姉の綺麗な顔にまでかかりました。

射精後は頭の中がしばらく真っ白でボーっとしていました。
だんだん我に返っていき、少し冷静になった頭で自分の精子で汚れた姉の姿を見ると、とんでもないことをしてしまったという罪悪感を感じましたが、なぜか興奮してしまう自分もいました。
姉の体を綺麗に拭き、下着だけは着けて、まだ熟睡している姉に布団をかけて自分の部屋に戻りました。

あんなに興奮したことは他にはないです。