小4のとき、近所の従兄弟の家によく1人で遊びに行った。
従兄弟のお兄ちゃんは私の5個上で、当時中学2年か3年生だったはず。
1人っ子の鍵っ子だったので、昼は誰もいないし、ファミコンはずーっと使わせてくれるし、しょっちゅう行ってた。
まぁ今から考えると、私と接する数少ない射程内の年上の男性だったので好きだったのかも。
その頃、ちょうどおっぱいも大きくなり始めた頃で、色々気になりだすときだった。

ある日、お兄ちゃんの家に行くと、いつもは部屋の扉を開けっぱなしにしてるんだけど、閉めたのをはっきり覚えてる。
なんだか態度が変だったんだけど、気にせずベッドに腰掛けて本を読んでた。
お兄ちゃんはコタツに入って、私の足元で寝転がってやっぱり本を読んでた。
そのとき、なんとなく気になって本から視線を下ろすと、お兄ちゃんがスカートの中を見てる気がした。
私はそれに気がついたとき、ちょっとドキドキしたけど、嫌な感じはしなかった。
それどころか、少しゾクっと快感のようなものが背中に走ったのを覚えてる。

ちょっとポーっとして、私の太ももから付け根の辺りをじっと見てるお兄ちゃんを上から見下ろしてたら、パチッとお兄ちゃんと目が合っちゃった。
お兄ちゃんはさっと目を本に戻すと何も言わずにじっとしてたけど、耳がか~っと赤くなるのがはっきり見えた。
何分くらいかそのまま、(今、お兄ちゃんエッチなこと考えてるのかな?)とか勝手に想像してると、お兄ちゃんはぽそっと、「ゆか(仮名)、最近おっぱい大きくなったろ?」と、聞いてきた。
こういう話はいつもしていたんだけど、その日はなんとなく感じが違ったので、ちょっと緊張気味だったのを覚えてる。

「う・・・うん・・・」

そう答えると、お兄ちゃんは本から顔を上げると私の顔を見て、「ちょっと触らせてみ?」と言った。
その顔はいつものお兄ちゃんだったのでちょっとホッとしたんだけど、頼まれた内容が内容だけに「う~ん」と悩んでいると、お兄ちゃんは「ばっか、冗談冗談」と照れ笑いをした。
私はホッとしたような残念なような変な気分になった。

エッチの話とかはこの頃友達とよくしたし、エッチすると赤ちゃんが出来ることも知ってたんだけど、具体的にどういうことをするのかはまだ知らなかった頃です。
でも、おっぱいを触るのがエッチなことだとは知ってた。

また変な空気が部屋中を支配する。
私はその空気が嫌で、ちょっとだけ軽い雰囲気でお兄ちゃんに触らせてあげれば、また普通の空気に戻るかなぁと思い、両手でおっぱいを包んで、「もっと大きくなるかな?」とお兄ちゃんに聞いた。
お兄ちゃんは「え?」って言ってこっちをきょとんと見てたんだけど、私から「ちょっと触ってみてよ」って言っちゃった。

(チョンって突付くくらいならいいや)

と思っていたら、お兄ちゃんは私の横に腰を下ろして肩に手を回すと、もう片方の手で右のおっぱいを包んだ。
私がびっくりしてお兄ちゃんの方を見ると、「・・・ほんとだ、大きくなってるね」と耳元で囁きながら、揉むというよりは擦るように優しく手を動かした。

お兄ちゃんの声と、初めて他人に触られた感じことで、お腹の下の辺りにズンという感じが走ったのを覚えてる。
後にも先にもあの感じはあの時だけ。
顔が熱くなってきて、おっぱいに神経が全部集まった感じになった。
気が付くと物凄いドキドキしていた。
お兄ちゃんも少し息が荒くなって、優しく撫でる感じだったのがぐっと揉む感じになっていた。

「お兄ちゃん、痛いよ」

私がそう言うとまた優しく撫でるようにしてくれた。
お兄ちゃんは私の首の辺りの髪に顔をうずめると、「ゆか、いい匂いがするね」と言ってくれた。
私はだんだん頭がポーっとなってきて、「なんだか訳がわかんなくなってきたよ」と言うと、「気持ちいい?」とお兄ちゃんが聞いてきた。
その言葉で私は、(あ、きっと今、エッチをしてるんだ)と思った。
お兄ちゃんも凄いトロンとした顔をして口でハァハァ息をしていたので、「うん」って答えると、「もう少しだけいい?」って聞いてきた。
実際私も気持ち良くなっていたので、(もう少し気持ち良くなりたい・・・)と思い、OKした。

するとお兄ちゃんは服の中に手を入れてきた。
びっくりして腕を掴んで拒んだんだけど、肩を手でぎゅっと抱き締められたら電気が走ったみたいに力が抜けて、そのままブラの上まで手の侵入を許してしまった。
お兄ちゃんはちょっと乱暴にブラを上に押しのけると、今度は優しく手のひらでおっぱいの先を擦った。
太ももの辺りにピリピリと弱い電気が走る感じがして、キュッと足を閉じて力を入れると、パンツが少し湿った感じがした。
初めて濡れたんだと思う。

お兄ちゃんはふぅふぅ言いながら私の首筋にキスして、肩をきつく抱き締めておっぱいを撫で回している。
乳首に刺激が来るたびに背中から太ももにピリッと電気が走り、太ももをきゅっと締めるとお腹の舌から暖かい快感が上ってきた。
なんとも言えない気分になってきて、ずっと我慢してたんだけどついに、「んんっ」と声を出してしまった。
恥ずかしくってお兄ちゃんを振り払ったんだけど、なんだかもう頭の中は真っ白だし、お兄ちゃんの手がおっぱいから離れたら、安心すると同時にもっと触って欲しいと思うようになってた。
お兄ちゃんはちょっとびっくりした顔をしてたけど。

「また明日来るねっ」と言って、逃げるように家に帰った。

家に帰ると濡れたパンツを替えようと思ってワンピースを脱いだ。
ふと鏡を見ると、なんだかさっきお兄ちゃんに触られた辺りがチリチリ変な感じになってきた。
そっと右手をおっぱいに添えると、鏡の中の自分もおっぱいに手を添える。
当たり前なんだけど、鏡の中の自分がおっぱいを触ってるのを見ると、なんだか他人に触られてる気分になる。
このときの習慣が取れなくて、1人エッチはいまだに鏡を見ながらw

立ったまま鏡を見ながらお兄ちゃんがしてくれたみたいにゆっくりおっぱいを撫でてみた。
お兄ちゃんのときよりは弱いけど、チリチリと太ももの付け根に電気が走る感じがした。
ふわーっとした感じがしてきて、立ってるのが辛くなってきてベッドに腰をかけた。
下着姿なのでパンツが濡れてくるのがよく判る。
パンツの染みが広がるのを見ながら、気が付くとブラを外して必死におっぱいを擦ってた。
擦るときにお尻をベッドに押し付けるように後ろに振ると腰から頭に暖かい快感が上ってくるのを知ったので、ゆっくりと腰を振りながら。
でも、どこを刺激すればもっと気持ち良くなれるのかはわからず。
空いたほうの手で太ももの付け根を撫でたり、腰に回して自分でキュッとお腹を抱き締めたりしていた。

しばらくすると濡れてる辺りを手で掴んできゅっとすると柔らかい電気が走るような感じが頭まで突き抜けるのを発見した。
ワレメに指を入れるのはこの頃まだ怖かったし、そこに気持ち良くなるポイントがあるのもまだ知らなかった。
手であそこを包んで上下に必死に動かし、おっぱいを揉み、腰を振る。
だんだん気持ちよさがピークになってきて、ハァハァと荒い息をしていたのが息を吐くときに声が出るようになってしまっていた。

「あ・・・あ・・・あ・・・」

自分でも信じられないけど、あそこに当てた手、おっぱいを撫でている手、声を出す喉・・・、すべてが全部自動で動いてる感じ。
もう座ってるのもしんどくて、ベッドに上半身を倒して必死にあそこを揉むような感じに弄ってた。
手は濡れてびちゃびちゃになってた。
でもそれ以上は気持ち良くなれず・・・そのうち疲れと罪悪感ですぐやめてしまった。
その日の夜はなんだか眠れなかった。

翌日は学校の帰り、小学校の制服のセーラー服のままでお兄ちゃんの家に遊びに行った。
きっと私は昨日の続きをやって欲しかったんだと思う。
昨日あんな事があったのに、お兄ちゃんはいつも通りに接してくれた。
ファミコンしてベッドに腰をかけて本を読んだ。
私は意を決してお兄ちゃんに言ってみた。

「昨日お兄ちゃんがしてくれたみたいに、おうちに帰って自分でもしてみたんだけど、お兄ちゃんがしてくれたみたいに気持ち良くならないの」

そう言って下を向いてると、お兄ちゃんは隣に腰をかけて、「あんまりやったらダメだよ」と笑っていた。
そのまま私のほっぺたにキスをすると髪の毛に顔をうずめ、「『お兄ちゃんに教わった』って言わないでね」と言いながら、今日はすぐに服の中へ手を入れてきた。

白の制服の下でお兄ちゃんの手が動いてるのが判る。
昨日よりも早く気持ち良くなってきた。
昨日肩を抱いていた手は私の腰の後ろを通り、脇の下から左のおっぱいを揉んでいる。
空いた手は太ももをスカートの上から撫でてた。
それがまた昨日より気持ち良くて、「声が出ちゃう。恥ずかしい」と言うと、「声を出したほうが気持ちいいんだよ」と教えてくれたので、出来るだけ我慢して、それでもダメなときは声を出すようにした。

太ももを撫でる手はスカートの中に入った。
私はだんだん座ってるのが辛くなってきて、「横になっていい?」って聞いた。
お兄ちゃんは優しく肩を抱いて私を横にしてくれた。
腕枕をするような感じで横に一緒に寝ると、またほっぺたにキスをしてくれた。
そのまま制服をゆっくり胸の上までたくし上げて、お兄ちゃんはおっぱいに何度も何度もキスをした。
そして乳首にチュッとすると、全身にビリッと電気が走ったみたいになって腰が勝手に跳ね上がり、「あっ!」と声を上げてしまった。
自分の声じゃないみたいな感じの声だった。

お兄ちゃんは今度はパンツの上から優しくあそこを触ってきた。
この頃、私はもう頭の中真っ白でだんだん怖くなってきて、「お兄ちゃんお兄ちゃん・・・」とうわ言みたいに呟いてお兄ちゃんの首に手を回してしがみついてた。
お兄ちゃんは耳元で、「すっごい濡れてるよ。ゆかはもう大人だね」とか、なんだかエッチなことをいっぱい言ってきた。
その度に頭の中が真っ白になった。

そのままお兄ちゃんはパンツの中に手を入れようとしたので、「いやっ!」って言うと、「ここに凄く気持ち良くなるところがあるんだよ」って教えてくれた。
恥ずかしいのでお兄ちゃんの目を見ないようにして少しだけ足を広げると、すっと手をパンツの中に入れてきて、私が昨日したみたいに手であそこを包んで、押し付けるようにゆっくり動かした。
優しくてあったかい感じが全身を包んで、私はまた自分の声じゃないみたいな声を出してしまった。

「・・・それは昨日してみたよ・・・」って言うと、「ゆかはエッチだなぁ」って言われてまた恥ずかしくなった。

すると、お兄ちゃんはワレメにそってゆっくりと指を潜らせてきた。
ビリリッと強い電気が腰に走って、「はぁっ!」と声を出してしまった。
自分の意志とは関係なく、その感じが来るたびにビクンと腰が跳ね上がる。

「あぁ!あぁ!」

もう我慢する事も出来ず、声を出しっぱなしにしてしまった。
昨日、私が欲しかったのはこの感じだった。
辿り着けた感動と快感で、私は涙を流してしまった。
お兄ちゃんは涙を流している私を見てびっくりして、「痛かった?」と聞いて手を離した。
私はすぐに、「大丈夫。気持ちいいよぅ。もう少しして」と言うと、お兄ちゃんはその気持ちいいところを何度も何度も刺激しながら、「ここが気持ちいいところだよ。触ってごらん」と教えてくれた。

私は恐る恐る指をワレメの中に入れると、その部分を指で触ってみた。
ビビッと電気が走る感じ(音が聞こえるくらい)がして、最初はちょっと触るくらいだったんだけど、だんだん強く速く弄っていた。
空いた手でおっぱいを優しく撫でながら。
お兄ちゃんに見られてるのが恥ずかしかったけど。
もう止まらなかった。

私はお兄ちゃんに、「お兄ちゃんは気持ち良くならないの?」って聞くと、「ゆかが気持ちよさそうにしてると気持ちいいんだよ」って言った。

(やっぱりこれがエッチなんだ・・・)って思いながら・・・。

「赤ちゃん、できちゃうよ・・・」

急に不安になってお兄ちゃんに聞いた。
お兄ちゃんはちょっと笑って、「大丈夫。お兄ちゃんのここと、ゆかのここをくっつけると赤ちゃんができるんだよ」って、おちんちんに私の手を当てた。
ズボンの上からだったけど物凄く大きくて、カチカチになってた。

「お兄ちゃんもここを触ると気持ちいいの?」

ゆっくり擦るとお兄ちゃんは、「んんっ」と呻いた後、「うん。すごく気持ちいいよ」って言うので、自分だけ気持ち良くなってるのも恥ずかしいので、「お兄ちゃんのも見せて」ってお願いした。
最初は嫌がってたけど、ゆっくりズボンの上から握ったり撫でたりしてたら、お兄ちゃんはズボンを脱いでパンツ1枚になった。
その間もお兄ちゃんは私の乳首を吸ったり舐めたりしてくれた。
その度に私の腰は何かに突き飛ばされるみたいにビクッビクッと跳ね上がった。

お兄ちゃんのおちんちんはお父さんのと違って物凄く硬く大きくなってた。

「どうすると気持ちいいの?」

そう聞くと、私の手に手を添えてぎゅっとおちんちんを握らせると、ゆっくりと上下に動かした。
私はされた通りにそのままゆっくり上下に手を動かすと、お兄ちゃんは今度は口に優しく一度キスをしてくれた。
今まで何回か女友達と冗談でキスの練習をしたことがあったけど全然違った。
やさしい感じのキス。
一度顔を離すともう1回、今度は長くキスをした。

お兄ちゃんは私の足に絡まっていたスカートとパンツを一気に脱がすと、また制服の上着を胸の上までたくし上げておっぱいに何度もキスをした。
今度はさっきとは違い、おっぱいからだんだん下の方に・・・。
おへそまで来たところで、太股に顔を挟む形になったので、「汚いよぉ」と言ってもお兄ちゃんは聞いてくれなかった。
そのままあそこに顔を近づける。
それだけで気が狂うほど気持ち良かった。
これ以上気持ち良くされたらどうなっちゃうのか、ものすごく不安だった。

「っっっっっっ!」

お兄ちゃんの舌があそこに触れた瞬間、今までで一番強い電気が走った。
体を弓なりに反らせてベッドから跳ね上がったんじゃないかと思うほど・・・。
その後はお兄ちゃんの髪の毛を手で掴んで必死に快感に耐えてた。
物凄いエッチな声もいっぱい出した。

頭は真っ白で、気が付くとお兄ちゃんもパンツを脱いで、私の手をおちんちんに再び導いた。
私はお兄ちゃんが舌で舐めるリズムに合わせておちんちんを上下にしごいた。
だんだんお兄ちゃんの舐めるスピードが速くなってきて、もう腰から下は自分の体じゃないみたいだった。
目を閉じると高いところからずーっと落ちてる感じ。

すると突然、お兄ちゃんは私の顔のところまで来てもう一度キスした。
私の足と足の間に体を滑り込ませ、私のあそこに自分のあそこを割れ目に沿って押し当てた。
物凄く熱くて、硬柔らかい感じがした。

「だめだよぅ。赤ちゃんできちゃうよぉ」

「おちんちんをゆかの中に入れなければ大丈夫だよ」

私はまだ子供だから、そんな大きいのは入らなそうだし、大丈夫かな・・・って思った。
何より、お兄ちゃんが気持ちよさそうにしてるのが嬉しかった。

もう一度キスすると、お兄ちゃんは腰を動かしてちんちんを私の割れ目に押し付けた。
頭の後ろを抱き締めて、空いた手でおっぱいを制服の上から優しく撫でられた。
おちんチンが一番感じるところに当たるたびに私は声を出してお兄ちゃんの首に抱きついた。
腕にぎゅっと力を入れて抱き締めた。
お兄ちゃんも私の耳元で気持ち良さそうな声を出してた。

「ゆか・・・ゆか・・・」と私を呼んでくれたので、私も「お兄ちゃんお兄ちゃん」って何回も言った。

気持ち良さと幸せで、だんだん大きな声を出した。
恥ずかしかったけど、もう私のコントロールは効かなかった。
おそらくこのときにお兄ちゃんが入れてしまっても、私は拒めなかったと思う。

お兄ちゃんもだんだん速く腰を動かすようになり、声も大きくなってきた。
あそこに当たるちんちんも気持ち良かったけど、お兄ちゃんに抱き締められるとその気持ち良さが何倍にもなった。
お兄ちゃんはさらに大きく腰を揺すると私は頭の中で何かが切れたような快感に包まれて、「っっっっ!」と息を呑んだ後、あまりの快感に、「あー!」とも「おー!」とも付かない獣のような長い声をあげてしまった。
同時にお兄ちゃんも、「うぅ!」と呻いた。
ビビビッ!と音がして、お兄ちゃんの白いのが私のお腹、セーラー服、そして顔にまで飛び散った。
その後、ゆっくりお兄ちゃんが数回腰を揺すったのは覚えてる。

次に気が付くと、お兄ちゃんは私のお腹と顔をティッシュで拭いてくれていた。
私は気を失ってたみたい。

「ごめんね」ってお兄ちゃんが言うので、「ううん。気持ちよかった」って言うと、お兄ちゃんはもう1回キスしてくれた。

その後、お兄ちゃんのトレーナーを借りて、制服は水溜りで転んだということにして洗濯して持って帰った。
それから数ヶ月は毎日のようにお兄ちゃんのうちでエッチをした。
3年ほど、会ってはエッチをする関係が続いて、中2の時にお兄ちゃんに私の初めてをあげちゃいました。

途中からちょっと小説風に若干脚色も入ってるけど本筋は実話です。
ちなみにお兄ちゃんは今、綺麗なお嫁さんを貰って、私にも優しい彼氏がいます。
だけど、今でも時々、お兄ちゃんとはラブホとかに行っちゃうw
なんだか今から考えても、お兄ちゃんってエッチが上手すぎ。

ありがとうございました。