先月、夏休みに入った頃に親が出かけたのを見計らって昼間から部屋でオナッてたら、突然ノックもせずに短パンTシャツ姿の姉ちゃんが入ってきた。

俺「あっ・・・」

姉「ねえ、あんたの・・・。ちょっとあんた何しよるん!!」

俺「いや・・・暇だったから・・・」

姉「信じれん!変態じゃ!あんたいっつもこんなんしよるんね!?」

俺「ち、違うよ姉ちゃん!!あんまりしよらんよ!!」

姉「ば~か!しよるゆーことじゃろ!あんた知らんけーね!!」

顔を真っ赤にして姉ちゃんはドアを激しく閉めて居間に下りていった。

(あ~あ、見られたぁ~・・・。最悪だー。父ちゃんと母ちゃんにチクられて怒られるー)

さっきまでの妄想エロモードは遠い昔のように感じ、もう二度とオナニーしないと誓った。
もう遅いけど・・・。

しばらくして事態打開の為と姉ちゃんに許してもらう為、俺は居間に下りてった。
姉ちゃんは俺を見るなり、また顔を真っ赤にして、「何・・・?」とちょっと落ち着いたトーンで睨んできた。

俺「いや、違うって姉ちゃん。と、友達に教えてもらって、ちょっと試しよっただけで、いつもしとるわけじゃないって!ホント!もうせんけえ、言わんとって!!」

俺は必死に拝み倒した。
怖くて姉ちゃんの顔が見れず、視線を落として謝っていたら、ついつい姉ちゃんの太ももに目が行ってしまった。
俺の2歳上の姉ちゃんは高校ではバレー部で、弟の俺が見ても欲情するようないい体をしてる。

姉「ちょっとあんた、どこ見よるんね!もう許さんけーね!父さんに言うけー!」

それを聞いてパニック状態の俺はとっさに姉ちゃんにしがみついてしまった。
姉ちゃんは突然のことにびっくりして小さな声で・・・。

姉「・・・ちょっとあんた、何しよるんね!!」

無言で引き離そうと必死に抵抗する姉ちゃんと、上から覆いかぶさるようにこれまた必死にしがみつく俺。

姉「ちょっと離しんさいや!いやっ!離してっ!」

小さな声で抵抗する姉ちゃんの体が密着して、さっきまでしょぼーんとしてた股間がいきり立ってしまった!
もうレイプ突入!!
レスリングの押さえ込み状態で片手で姉ちゃんのTシャツとブラを捲り上げ、パンツも短パンごとずり落とし、俺も短パンを下げて体を密着させた。
姉ちゃんが抵抗するたびに勃起したチンコに姉ちゃんの陰毛に擦れ、股の間に挟み込まれて気持ちよかった。

姉「もう本当にやめて・・・!言わんけぇ、お願い・・・」

弱気な声がもう最高!

俺「ダメ!姉ちゃんが悪いんじゃけーね!」

汗まみれになりながら絡み合っていると、疲れきったのか、とうとう姉ちゃんは抵抗しなくなった。
後はオス化した俺の独壇場。
姉ちゃんが息苦しさに唇を開いた隙に舌をねじ込み、姉ちゃんの舌を奪いつつ挿入した。

姉「やめて、いやー」

そんな声は無視して、姉ちゃんの腰が浮くほどガンガン突きまくって、そのまま中出し。

俺「姉ちゃん、弟に犯されてどうね?もう言えんじゃろ」

姉ちゃんは半泣きで呆然としてた。
乱れた下着と今出したばっかりのザーメンまみれの下半身を見て、また俺は勃起してしまい、再び獣モードで2回戦に突入。
半泣きの姉ちゃんを犯しながら・・・。

「もう姉弟じゃあないけんね。近親相姦したんじゃけー。弟に犯されとるんじゃけー」
「弟のチンチンはどうね、姉ちゃん?弟とセックスしとるん、みんなに教えたぎょーか?」

などと耳元で言い聞かせながら腰を乱暴に動かしてると、姉ちゃんが泣きながら、「いや、言っちゃいけん!」と抱きついてきた。
その瞬間、俺は二度目の射精をした。

その後、俺はシャワーから出てきた姉ちゃんの腕を掴んでフェラチオさせながら、今後も近親相姦の関係を続けることを約束させた。
姉ちゃんは俺のちんこを咥えながらコクコクと頷いてた。

最初のうちは嫌がってた姉ちゃんも、下に両親がいる時以外は嫌がらないようになった。
最近は自分でコンドームを買って来て、挿入前に手際良く付けてくれるまでに成長した。

という、楽しい夏休みを送っている広島の姉弟の話でした。