1年前、ちょうど私が高1の時でした。
その時の妹は中2で、性についての知識はほとんど無いと思っていました。
女同士の為か、たまに一緒にお風呂に入る機会があったのですが、その時にこんな事を聞かれました。

「お姉ちゃんはオナニーって知ってる?」

凄く驚きました。
恐らく学校の友達に聞いたんだと思いますが、知識が無いと思っていた妹に急にこんな事を聞かれるなんて想像もしていなかったからです。
私はオナニーのことは知っていましたが、実際にやったことはありませんでした。
だから、「知ってるけど、経験は無いよ」と、答えました。

すると・・・。

「今日、友達から聞いたんだけど、凄い気持ちいいらしいよ」

と、妹が言いました。
やっぱり友達から聞いたみたいなのですが、少し複雑な気分です。
それから世間話や先生の話なんかをしてお風呂を出ました。

普段なら妹は自室で部活の練習(ダンス部)でストレッチをしているのですが、今日は私を誘ってきました。

(練習を見てて欲しいのかな?)

そう思ったのですが、実際は違いました。
部屋に入った妹は鍵を閉めて私に言いました。

「・・・一緒にオナニーしよ?」

妹は赤面していました。
たぶん、それ以上に私は赤面していたと思います。

「え・・・ちょっと何言ってるの?」

私は訳がわかりませんでした。
今考えれば、妹がどれだけの覚悟を持って言ったのか、どれだけ恥ずかしかったのか、それがよく分かります。

「私1人じゃ不安だから・・・お願い」

妹は本当に恥ずかしそうに、私のワンピースの裾を掴んできました。
私も本当は恥ずかしかったのですが、少しだけなら付き合ってあげようかなって思い、「じゃあ、少しだけね」と言いました。
この時は軽くパンツの上から触る程度で良いと思っていました。
というより、私はそれ以降のことをほとんど知りませんでした。

「ありがとう!」

妹は本当に嬉しそうに少し涙ぐんでいました。
やっぱり恥ずかしかったのでしょう。
言われた私が恥ずかしそうなのだから、言った妹の恥ずかしさは比になりません。

少し相談して、お互いを見ながらオナニーすることにしました。
どっちも知識が少なかったし、相手を見てやった方が興奮すると考えたからです。
2人ともベッドの上で体育座りになって、股を少しだけ開きました。

「じゃあ、始めるね・・・」

妹はそう言ってミニスカートの中に手を潜り込ませ、パンツの上からあそこを擦り始めました。
私もそれを見ながらワンピースをたくし上げて、パンツの上から擦り始めました。
最初は何も感じませんでしたが、少しするとだんだん興奮してきました。
妹も同じようで、小声でしたが、「ハァ・・・」という喘ぎ声を漏らしていました。

「お姉ちゃん、気持ちいい?」

妹は擦るのをやめて、私に聞いてきました。
私も擦るのをやめて、「気持ちいいよ」と答えました。
すると突然、妹が私のパンツを触ってきました。
思わず、「あっ・・・」と喘ぎ声を上げてしまい、慌てて口を塞ぎました。
自分の口から出たとは思えないくらいエッチな声です。

「お姉ちゃん、まだ濡れてないんだ」

妹は残念そうに手を離して、自分のパンツを擦りました。

「私は少し濡れてきたんだけど、お姉ちゃんはホントに気持ちいいの?」

妹がパンツの上からアソコを擦ると、わずかにチュクッ・・・という音が聞こえました。
それを見てると凄い興奮して、アソコがジーンとするのを感じました。
パンツを少しだけ脱いでアソコを触ると、ハッキリと濡れていました。

「あっ・・・ああっ・・・!」

パンツを介さないで触った快感は比べ物にならないくらい気持ちよかったです。
指を高速で動かしていると、クチュクチュという音と共に愛液が溢れ出してきます。

「ああっ・・・いい・・・!」

私は夢中になって指を動かし、快感を得ていました。
目の前にいる妹の存在にもほとんど気付かないくらいに夢中になっていて、私は思わず指をアソコの中に入れていました。
少しの痛みと共に何かが破れる感触・・・。
それが処女膜を破ったのだと気付くのには少し時間を要しました。

「お姉ちゃん・・・凄い」

妹は一心不乱に快感を貪っていた私を見て、激しく興奮していました。

「◯◯(妹の名前)もパンツ脱いで触ってみな。ホントに気持ちいいよ」

妹は私の言葉に従って、パンツを脱いでアソコに触りました。
その瞬間、激しい快感に身体がビクビクと震えて倒れこんでしまいました。

「大丈夫!?」

私は心配になって妹の背中を擦りました。
この頃は、“イク”という意味をよく知らなかったし、このくらいで絶頂に達するなんて考えてなかったからです。

「はぁ・・・お姉ちゃん。本当に気持ちいいね」

妹は息を整えると、起き上がってベッドから下りました。
アソコからは愛液が溢れ、足を伝って床に落ちていきます。
その足で本棚に行くと、妹は1冊の雑誌を取り出してきました。
それは、エッチなゲームの雑誌でした。

「友達がくれたんだけど、本当にこんな風に愛液って出るんだね」

妹が開いたページには、股を開いてアソコに指を入れながら絶頂を迎えている女の子が写っていました。
その顔は快感に上気し、アソコからは愛液が滴り落ちていました。

「こんな風に・・・凄い」

私は思わず自分のアソコを見ました。
雑誌よりは少なめでしたが、愛液が溢れ、アソコの周囲はヌレヌレの状態でした。

「お姉ちゃん、私が触ってあげるよ」

妹は私の上に馬乗りになって、アソコに手を伸ばしてきました。
自分で触ったときより遥かに凄い快感が全身を駆け巡って頭が真っ白になりました。

「ああああっ!!!」

私は思わず大声を上げてしまいました。
妹が唇のキスをして、その口を塞いで、口の中で舌を絡めます。
下半身と上半身に一斉に快感を与えられた私はすぐにイッてしまいました。
愛液が溢れ出し、妹のベッドが湿ってしまいました。

「あああ・・・溢れてる」

私はしばらく呆然と自分のアソコから溢れ出る愛液を見つめていましたが、馬乗りになっている妹は笑顔を浮かべていました。

「お姉ちゃん、私よりいっぱい出たよ。エッチだね」

妹の言葉もほとんど耳に入りませんでした。
私は人生で初めての絶頂を実の妹によって迎えてしまいました。

それからはよく妹と一緒にオナニーをします。
自分1人でも出来ないことはないのですが、あまり興奮しません。
最近は、私が妹のアソコを触ってあげることも多くなりました。