最初に言っておくけど俺はおっぱい星人だから女の下半身には興味がない。
嫌いってことはないが、この文章では出てこない。
そこんとこは了承して読んでくれ。

俺には4つ下の妹がいる。
可愛いってほどではない、普通だ。
んで、どっちかっていうとポッチャリ系。

最初に意識したのは妹が小4のとき。
つまり俺はヤリたい盛りの中2。
早くも胸が成長しだして、Tシャツの上から乳首が目立つようになった。
一緒に風呂も入ってたので、それを思い出しながらオナニーに耽ってた。

夏、妹が肩のところで結ぶシャツを着て、リビングのソファーで昼寝をしていたことがある。
両親が出掛けたので、いたずらに肩のところを解いて片乳を露出させた。
もう心臓バクンバクンのチンコギンギン。

風呂で見るときはそんなに近くで見れないので(メガネだったし)、ここぞとばかりに凝視。
当然だが、まだまだ未成熟。
乳首の周りが少し盛り上がってるくらいだ。
なんか乳首と乳輪の境界もなく、全体が膨らんでいた。
匂いを嗅ぐと、女の子特有の甘いような性欲を刺激する香りが鼻をついた。
舐めることなんて知らないから、指で乳首をつついたり、全体を手のひらで撫でてみたりする。
もちろん俺には初体験なので、それだけで射精しそうだった。
両親が帰って来る前にシャツを元に戻して、自分の部屋でオナニーした。

それ以来、夜になって寝てる妹の胸を触りに行くのが日課となった。
だいたい夜中の1時くらいまで我慢する。
妹の部屋に行き、万が一起きてしまったときに見られないように電気を消す。
(妹は怖がりで、寝るときも電気を消さなかった)
そろりそろりと手探りで妹のおっぱいを探り当て、4本の指で軽く押してみる。

ふにゅ。

パジャマ越しに柔らかい乳首の感触が感じられた。
エロい知識が入り始めた頃だったので、だんだんその行為はエスカレートしていった。
パジャマの上から乳首をなぞるようにクリクリと人差し指を動かしたり、素早く指を動かして乳首を掻いてみたり。
パジャマ越しに唾液をいっぱいつけて舐めたり吸ったりしたこともあった。
でもエロ小説のように乳首が立ったりはしなかった。
夏はパジャマがTシャツタイプのものが多かったので布越しにしかできなかったが。
お腹の方から捲ったりしたこともあったが、寝返りされたりしてほとんど未遂に終わった。

(なんで男は女のおっぱいを触ると興奮するんだろう?)

なんてエセ哲学的なことを考えてた。
たまに起きてしまったときも・・・。

妹「なに・・・?」

俺「あ・・・いや、これを返しに来た」

と、妹の持ってた本でカモフラージュしてた。
今思うと、よく誤魔化せたと思う。
本当は気付いてたんじゃないだろうか。

冬が近づくと前でボタンで留めるパジャマになるので、生で触ることが可能となった。
それでも寒くなると布団を被るようになるので、触るのは困難。
あちらを勃てればこちらが勃たずだ。

俺も寒いので、ガタガタ震えながら布団に手を突っ込んで、手探りでおっぱいを探す。

(冷たい手で触るとびっくりして起きちゃうかな)

そう思ったので、しばらく手を擦り合わせて温めてから、ゆっくりと起きないようにボタンを外す。
上から3つ外せば片乳くらいは取り出せたので、しばらくはそれを弄んでいた。

しかしそれにも慣れてしまうと、人間の欲って恐ろしいもので、(両乳じゃなきゃおっぱいじゃない)と思い始めた。
俺はバカか!
上の3つが外れてるくらいなら朝起きてもまあ不自然じゃないが、全部外れてたらさすがに不自然だ。
なんで行為が終わった後、またボタンを付け直さなきゃいけないから大変だ。

確か妹が小6の冬休みだった。
俺は高1。
その頃には胸はかなり成長していて、もうスポーツブラみたいなのはしていた。
ブラを見ても何カップとかは書いてなかったけど、もう身長が160センチあったから、しっかり膨らみがあった。
中1でちゃんとしたブラを着けたときにはCカップだった。

で、その冬休み、両親がアメリカに旅行に行ったのだ。

(このチャンスを活かすしかない)と思った。

夜はだいたいコンビニ弁当か近所のおばさんが来て作ってくれたんだが、土曜日の夜、俺はビールを買ってきて、晩飯のときにふざけて飲ませた。
缶1本を飲み干すと妹は酔いで顔を真っ赤にして、風呂に入ると、そのままリビングのソファーで寝てしまった。
しばらく放っておいてぐっすり寝た頃、肩を乱暴に揺すって起きないかどうか確認。
かなり激しく揺らしたのに起きなかった。

俺は大胆に胸を揉んでみた。
いつもは起きるかもしれないと思い、おどおどと触るだけだったが、初めて大胆に揉む行為に俺は興奮した。
ボタンを慎重に外し、いよいよ生乳ご開帳。
今までは電気を消していたのではっきりとは見れなかったが、明るい中でこんなに堂々と妹のおっぱいを見れて俺は感動した。
我慢できずに両手でおっぱいを揉みしだく。

むにゅむにゅ、ぎゅぅっ、むにっ!

(俺、おっぱいを触ってるよ~!揉みまくってるよ~!)

頭の中は暴走状態だ。
下の方も触ってみたけど、さすがにパンツは下ろせないし、なんかつまらないのですぐやめた。
毛は少し生えてた。
俺にチン毛が生えたのは中2だったけど、女の子は発育が早いんだな。

おっぱいを横から手で、たぷん、たぷんと真ん中に寄せたり離したり、乳首を摘んで上に引っ張り上げたり、思う存分弄んだ。
可愛らしい乳首を口に咥え、吸った。
両の乳首を交互に。

ちゅ、ちゅ、はむ、れろれろ・・・ちゅぱっ。

「ん・・・」

妹が突然声を出したときはビビリまくってギンギンだったチンコも縮み上がり、(俺はなんてバカなことをしたんだ!もう二度とこんなことはしない!)とか反省したが、起きた様子はなく、15分くらい待って、またいたずらを続けた。
そうだ、全然懲りてない。

俺は『ドラゴンボール』で見た“ぱふぱふ”というのをやってみようと思った。
俺は妹のおっぱいの間に顔を近づけて、(おっぱいは大きくても谷間のところは肋骨がすぐそこなんだな“本当は胸骨というらしい”)とか思いながら、横から手でおっぱいを寄せて、顔にぱふっ、ぱふっ、としてみた。
興奮はしたが、あまり気持ちよくはなかった。

ズボンの中のトランクスが我慢汁でベトベトになってきたので脱ぐことにした。
俺は右乳首を吸い、左のおっぱいを揉みながら、右手でオナニーを始めた。
ただでさえ早漏なのに、すでに飽和状態だった俺のチンコは数十秒でイッた。

ヌルヌルの精液を妹の乳首に塗りたくり、しばらくしてパジャマのボタンを直そうとした。
そのとき妹の目が開いてるのに気づいた。
心臓が止まるかと思った。

「・・・ごめん」

俺は聞こえるかどうかの声量で言い、自分の部屋に駆け込んだ。
少し考え、落ち着いたあと、俺はもう一度ちゃんと謝ろうと一階に下りてリビングに行った。
妹はさっきのようにソファーで胸を肌蹴たまま眠っていた。
さっきのはいわゆる“目を開けて寝ている”状態だったのか?
そうであることを祈りながら、俺は慎重にボタンを留め、布団をかけて、自分の部屋に戻って寝た。

翌朝、俺が起きると妹はまだ寝ていた。
妹に特に変わった様子はなく、もう4年が経つので(やっぱり寝てたんだ)と楽観的に考えているが、(実は起きてた?)と5分5分くらいで不安だったりもする。
そんな俺は未だ童貞だ。