ラグビー部の自分の自慢と言えば、プロレスラー並の肉体と無尽蔵の体力。
そして人より2回り以上も太くて長い、猛々しいデカチンです。
特にカリは大きく張っていて、オナホールを使ってオナニーを始めると、大抵のオナホールが数回使用しただけで破壊され使い物にならなくなってしまう有り様。
何人かの女性と付き合いましたが、若いせいかテクニック不足もあり、経験が浅い子には挿入時に「痛い」と言われることが多く、正直セックスするなら、ある程度遊んでいる大人の女が良いと思っていました。

そんな時に仲良くなったが、うちの部活のOBと付き合っていて、一緒に試合の応援に来ていた5歳年上のお姉さんです。
その先輩OBには部員全員で焼肉に連れて行ってもらったりと大変お世話になっており、特に俺はキャプテンだったので、ラグビーに関するアドバイスを頂いたりと親しくさせてもらっていました。
なので彼女さんとも面識はあり、よく試合会場や打ち上げの席で話をしていました。
彼女さんもうちの学校の卒業生らしく、彼氏である先輩OBとちょくちょく足を運んでいたのです。

ある試合の日、その先輩OBは仕事でどうしても来れなかったらしく、彼女さんが1人で応援に来てくれていました。
その日も勝利したのですが、残念ながら先輩がいなかったので打ち上げの焼肉は無しです。
すると彼女さんが話しかけてきました。

「送ってってあげよっか?」

俺は好意に甘え、彼女さんの車で家まで送ってもらうことになりました。
車の中で流れていたCDがきっかけで好きな歌手が同じということがわかり、話が盛り上がって、そのままカラオケボックスに行くことになったんです。
カラオケボックスに入って話を聞くと、彼女さんはとにかく逞しい男性が好きで、先輩OBと付き合っているのもマッチョな体が好きだからという理由でした。

「自分の腕、どうですか?」

俺が力こぶを作ってみせると、彼女さんは嬉しそうに触ってきました。

「やっぱ現役ラガーマンはすごいね?ガッチガチじゃん!」

「胸板も厚いですよ」

「うわ!ほんとだ?何この胸板?!すごーい、ムッキムキ!」

密室に2人きり。
エッチな空気にならないはずがありません。
しかも彼女さんは俺の胸板を撫でながら、誘うように乳首も指で弾いてくるのです。

「ああ!」

「感じるんだ?乳首が立っちゃってるよ?」

カラオケではほとんど歌わず、そんな風に2人でイチャイチャしていました。
彼女さんは流石に年上なだけあって積極的に体に触ってきて、俺もその気になってしまいました。
そのまま俺はされるがままに唇を奪われ、彼女さんは舌も絡めてくるのです。

「彼氏、体だけじゃなくてチンポも逞しいのよ。君はどうかな?」

大胆にも彼女さんはズボンの上から触り、軽く擦り始めました。

「大きそうね、さすがキャプテン」

「大きさを確かめたい」と言い出しズボンを下げ、肉棒を外に出されてしまいました。

「すごい・・・これ・・・これだから逞しい人って好きなのよ」

「先輩のと比べてどうですか?」

「君の方が大きくて、ぶっとくて・・・素敵」

もちろん先輩に悪いなと思いました。
しかし、ここまで来たら止まりません。
もうどうにでもしれくれと思い、マグロ状態でワクワクです。
淫靡な目を潤ませて肉棒を見つめる彼女に興奮して、さらに大きさと硬度が増しました。
彼女さんは、今まで誰もが大き過ぎて嫌がった俺の巨根の先を口に含み、舌を小刻みに使ってきました。
巨根に慣れてるだけあって、かなりのテクニックです。

「口、疲れない?」

「ううん、大丈夫・・・。凄く興奮する。これを入れたらGスポットにも当たるし、子宮の入り口まで届いて絶対に気持ちいいはずだもん」

そんなことを言いながら上目遣いでフェラチオを続けるので、お店にバレない程度に少し入れてみたくなってしまいました。

「カメラに気が付かれないように、そっと俺の上に背中向けて座ってみて」

そう言うと彼女は微笑みながらスカートで結合部分を上手く隠し、パンツをずらして俺の肉棒の上に腰を沈ませます。
自慢の太いカリがヌプッと彼女の中に入るのを感じました。
ゆっくりと肉棒を飲み込んでいく彼女さん。
メリメリと音がしそうなほどにキツかったですが、膣内にジャストフィットしました。
生まれて初めて、根元まで無事に挿入完了できました。

その後、カメラにバレないように下から突き上げてみました。
彼女さんがあまりに気持ち良さそうな顔をして喘ぐので、ピタッと動きを止めたんです。
すると彼女の方から自分のリズムで腰を振ってくれました。
ヌプヌプといういやらしい音と、彼女の悲鳴のような喘ぎ声が防音バッチリの部屋に響き渡ります。

「どう?彼氏のよりいいだろ?先輩のよりいいだろ?」
「うん、いい!全然いい!」

「俺の方がデカい?俺の方が上?」
「君の方がいいわ?!断然上よ!あ、ああ、う、くぅ、お、大きい!」

根元までしっかりと挿入できて気持ち良すぎたのか、ものの数分で俺は絶頂を迎える準備が整いました。
もうカリはパンパンに膨れあがり爆発寸前です。
大慌てで彼女から肉棒を引き抜くと、白くて柔らかい太ももの上に大量の精子をドピュドピュと放出しました。
久しぶりに気持ち良いセックスができました。
先輩に買ってもらったというスカートにもかかってしまいましたが気にしません。
彼女さんは涎を垂らしたままピクッピクッと痙攣していましたが、しばらくして正気を取り戻すと・・・。

「彼氏は3回は頑張ってくれるのよ。君はどう?まだ体力ある?」

そう言って誘ってくるのです。

「先輩が3回なら、自分はダブルスコアで6回やります」

「本当に~?頼もしいわ!」

負けず嫌いで体力自慢の俺は、宣言通り6回頑張りました。
2回目までは外に出してましたが、3回目からは面倒なので全部中出しです。
しかも3発目から6発目までは抜かずの4連発。
これには彼女さんも、「死んじゃう死んじゃう!もう許して!」と泣き叫んで喜んでくれました。

その日のことが気まずかったのか、それから彼女さんは試合の応援に来てくれなくなりました。
しかし、未だに俺の巨根を根元まで全部受け入れてくれたのは彼女だけなので、また再会できる機会があったら、今度はちゃんとベッドの上で時間をかけてセックスしてみたいと思います。