妻は30歳。
地方のテレビ局でアナウンサーをしている、いわゆるローカル女子アナ。

タトゥースタジオを始めた友人から、妻にボディピアスのモデルをして欲しいと言われた。
ピアスは両乳首、へそ、性器(クリトリスフードと左右ラビア)の6ヶ所。
これが彼の要望だった。

妻は最初、「絶対に嫌だ」と拒絶していた。
しかし元々ピアスに興味がある方なので、両乳首とへそはOKしたが、さすがに性器ピアスには難色を示した。
しかし友人の執拗なお願い攻撃とプレゼントの嵐で、結局は承諾することになった。

友人から、陰毛はあらかじめ剃っておくように言われたので、妻は後日、エステに行ってパイパンにして来た。
初めて見た妻のパイパン姿。

妻も「子供の頃みたい」と笑って、ツルツルになった自分のあそこを覗き込んでいた。

そして指定された日、友人の経営するスタジオに妻と2人で向かった。
閉店後のスタジオに、友人と2人の男性スタッフが待っていた。
スタッフの学習用に施術の様子をVTRに記録したいと言われた。
妻は『えっ?』という顔をしたが、ここまで来たら断るわけにもいかず、OKすることになった。

友人と妻が向かい合ってピアスを選んでいると、スタッフの1人がVTRを回し始めた。
もう1人のスタッフはデジカメで写真を撮っている。
友人からアドバイスを受けて、乳首用、へそ用、性器用のピアスが全て決まった。

「じゃあ始めますので、奥さんは上半身裸になって下さい」

「あ、はい」

妻はVTRを横目でチラッと見て、一瞬諦めたような表情をした。
そしてブラウスのボタンを外し始めた。

「乳首が勃ってないと空けられないんで、ちょっと失礼します」

そう言って友人が乳首を摘んだり引っ張ったりを繰り返した。
あっと言う間に乳首が勃ってきた。

「じゃあ消毒します」

ゴム手袋をはめて妻の乳首を丁寧に消毒し始めた。

「血を止めるんで、しばらく乳首を摘みます」

しばらく友人は妻の乳首を摘んでいた。

「じゃあ、そろそろいきますね。1・2の3で入れます」

友人は手に注射の針みたいな物を持っていた。

「いち・にの・さんっ!」

一瞬、妻の顔が歪んだように見えた。
思ったよりも一瞬でピアスの穴が空けられ、出血もほとんどなかった。
同じように、もう片方の乳首にもピアスが入れられた。
乳首ピアスが完成!
妻の両乳首にピアスが入った。
詳しくは知らないが、『バーベル』というタイプらしい。
スタッフが鏡を持ってきた。

「奥さん自分で見て下さい、とっても綺麗ですよ!」

ちなみに妻は貧乳。
手のひらサイズの胸の先っぽにキラキラとピアスが輝いている。
妻も満足そうな顔をしている。

「ここに仰向けになって下さい。次はへそに入れますね」

妻は上半身裸のまま簡易ベッドに横になった。

「すみません。ジーパンを少し下げてもらえますか?」

へそピアスは、乳首ピアス以上にあっと言う間に終わってしまった。

「奥さん、じゃあ性器も続けて行っちゃいますか?」

「あっ、はい。お願いします」

「じゃあ下着を脱いで下さい」

上半身を起こした妻は、意を決したようにパンツを脱いだ。

「あれ?全部剃っちゃったの?」

友人がボソッと言った。
急に恥ずかしくなったのか、妻は両手で顔を隠してしまった。

「奥さん、すみませんが、足を開いていただいて、両足はベッドの両脇にダラッと垂らす感じで」

簡易ベッドは幅が狭く、妻が足を開いて両脇に垂らすとツルツルの恥丘が剥出しになり、クリトリスがハッキリ見えた。

「じゃあ奥さん、フード(クリトリスの包皮)から行きますね」

友人が妻の性器周辺を拭き始めた。
そして、恥丘を擦るように2本の指でワレメを拡げ、クリ包皮を上から下へ拭く。
包皮を指で捲ると、クリトリスが顔を出した。
さらにめいっぱい包皮を捲り、完全にクリを露出させると、直接クリトリスを拭き始めた。

(こんなにクリトリスって勃つもんなんだ・・・)

そう思っていると友人が、「奥さん、こんなにクリが大きくなるなら、クリに直接ピアスを入れても面白いですよ」と言った。

妻は顔を手で覆ったまま何も答えない。

友人は綿棒に持ち替えた。
何をするのかと思えば、捲った包皮の内側に綿棒を突っ込み、包皮の裏側をグリグリと綿棒を回しながら消毒をしているようだ。
綿棒を取り替えてもう一度、包皮の中をえぐるようにすると、包皮は驚くほど伸びた。
そして例の注射針みたいなものを出して・・・。

「じゃあ奥さん、1・2の3で入れますね」

「はい・・・」

「いち、にの、さんっ。はい、OKです」

包皮に注射針が刺さり、ブラブラしている。
手際よくピアスを入れて出来上がり。
出血もほとんどない。

「奥さん、気分は悪くないですか?」

「はい、大丈夫です」

「ちょっと鏡で見てみますか?」

友人が妻の股間に鏡を置き、妻に見えるように角度を調整する。

「見えにくいかもしれませんが、まっすぐ綺麗に入りましたよ」

自分で自分の股間を見る妻。

「ありがとうございます」

「両方のラビアも続けちゃいますか?」

「はい、お願いします」

「じゃあ奥さん、もう少し足を開いて下さい」

友人が妻の内股に手を置き、右足をさらに拡げた。
ゴム手袋の指でアソコを押し拡げ、片方のラビアを摘んだ。
ラビアを外側に引っ張ると、妻の膣口と尿道が露出した。
妻は膣口と尿道の間にホクロがある。
私と知り合うまでは処女だったため、妻の性器ホクロを知っているのは世界で私1人だったが、この瞬間一気に3人増えてしまった。
なんと膣口は、薄っすら濡れているようだった。

(痛いのに濡れるのかな?)と思った。

後で妻にこの事を聞くと、「確かに痛かったよ。でも人前で全裸になってアソコを弄られてるから、頭の中が真っ白だった。濡れてるかどうかなんてわかんなかったよ」とのことだった。

友人がラビアをめいっぱい引っ張る。
妻はあまりラビアが大きくないが、この時は結構伸びた。
ラビアの表と裏を丁寧に拭く友人。
友人が銀の皿に性器用ピアスを載せてきた。
ここで初めてリングピアスの登場。
友人がラビアを引っ張り、めいっぱいに拡げ、いつもの注射針みたいなもので刺した。
このとき初めて音が聞こえた。
“ぷすっ”ではなく、“ぷちっ”だった。
ウインナーに楊枝を刺した時のような音と言えば、ご理解いただけるだろうか?
今まで平気で施術の様子を見ていた私だが、この音を聞いたら、なんだか凄く痛くなってしまった・・・。

ラビアに貫通した針の先にリングピアスの先端を付けて、針を抜くと同時にリングをくるりと回し、あっと言う間にラビアにリングがぶら下がった。
この手際の良さは神業を見ているようだった。
ラビアを手で押さえ、リングの位置を調整してストッパーをつける。
同じように、もう片方のラビアにもリングがぶら下がる。
ピアスの付いた妻の性器は、とてもいやらしく見えた。
友人が鏡を持ってきて妻に見せた。

「痛みはどうですか?」

「おへそは何ともないです、乳首が痛いというよりもジンジンしてます。アソコは、なんか凄い違和感があります」

「じゃあ写真を撮らせて下さい」

友人がスタッフからデジカメを受け取り、自ら写真を撮り始めた。
乳首、へそ、性器の各パーツを接写で数枚撮影してから・・・。

「全身を撮らせて下さい。ここで足を左右に拡げて下さい」
「次は正面立ちを撮らせて下さい。こちらに立って下さい」
「最後に全員で記念写真撮りますか?」

デジカメを三脚に取りつけ、全裸の妻の右に私、左に友人、後ろにスタッフが立ち、セルフタイマーでフラッシュを光らせた。

「今日は、どうもありがとうございました。術後の経過を見たいので、1週間後にまた来て下さいね」

ピアスを付けてから最低でも半年は、海やプールには行かないように、ピアスを直接素手で触らないように、こまめに消毒するようにと、友人から注意事項を言われました。
乳首を舐めると妻に叱られるので、乳輪ギリギリまで舌を這わせるようにしています。
貧乳を鷲掴みにしてピアスの付いた乳首を摘みます。
すると激しく声をあげます。

妻曰く、「痛いんだけど、それ以上に感じてしまう」らしいです。

性器への挿入は、未だに気を遣います。
しっかりラビアを拡げ、ピアスを巻き込まないようにしてます。
セックスの後は毎回クレンジング(消毒)をしてから寝ます。
結構、ケアが大変です・・・。

妻はそれから何食わぬ顔で毎朝、自分が担当している情報番組をやっていますが、まさか視聴者も妻の体にピアスの穴が空いてるなんて思っていないでしょうね。
そう考えると妙に興奮します。