主人と結婚して半年。
でも主人はいつも帰りが遅いのもあって、近くに1人暮らしをしている義母がよく遊びに来ていた。

「友里絵さ~ん、いる~?ちょっと桃を頂いたから分けてあげる~」

「義母さん、いつもすみませ~ん」

私はちょうどお風呂上がりだったのでキャミワンピーだけで出迎えた。


「こんな格好ですみません」と苦笑いしながら着替えようとした。

「いいのよ~。若い人は肌が綺麗なんだし、それに私だけなんだからそのままでいなさい」

私はお言葉に甘えてそのままでいた。
一緒に食べようと桃を剥いていると・・・。

「友里絵さんの肌は白くて綺麗ね~、本当に白桃みたい」

そう言いながら肩から腕を撫でてきた!
私はビックリしたけど何事もなかったように振りほどいて一緒に桃を食べた。

「友里絵さん雅人(夫)は、夜の方・・・どーなの?あの子って淡泊じゃない?面倒くさがりだから・・・ちゃんとしてるのかしら?」

あまりの事に一瞬、声を失った!

「・・・そ、そんことはありませんよ~・・・」

引き攣りながら返した。

「私、いいマッサージを教えてもらったから、友里絵さんにしてあげるわ!」

急に義母が言い出し、私を床に寝かせた。
私はされるがままに寝かされてしまった・・・。

「本当に友里絵さんの肌は張りがあってピチピチね~」

そう言いながらうつ伏せになっている私の背中をマッサージしてきた。
不安な気持ちもありながら肩凝りと腰痛持ちの私には気持ちよさが勝ってしまい、義母に身体を委ねてしまった。

「義母さん、こんなことしてもらってすみません、ホントに気持ちいいです」

「いいのよ~、気持ちよくなってもらったら私は嬉しいんだから~」

そう言いながら上を向かされた。

「友里絵さんの胸は張りがあるからパンパンね~」

今度は胸をマッサージしてきた!

「義母さん!そこは・・・!ちょ・・・ちょっと・・・困ります!」

思わず手を振り払った。

「大丈夫大丈夫・・・リンパの流れが悪いから・・・」

拒んだが、そのまま続けられてしまった。
そのうち乳首を摘まれたり撫でられたり、私の感じるポイントを分かっているかのように弄られた。
私は感じてしまい声を出してしまった。

「あっ!義母さん・・・だめ・・・です。あっあぁぁ・・・」

「次はここもね・・・」

そう言いながらパンティの中に手を入れてクリを擦ってきた!

「義母さん!やめて下さい!」

でもやめる気はなく・・・。

「ちょっとだけ、友里絵さんのオマンコを舐めさせて!ねっ!お願い!」

快感に負けて許してしまった。

「あ~っ!友里絵さんのオマンコ美味しいわ~!クリもこんなに硬くなってる!いやらしい~」

「あっあああああっ!いっいやーーっ!義母さんだ、ダメーーッ!!」

「あらっ・・・友里絵さん、オマンコがヒクヒクしてるわ~」

義母はクリを剥きあげてマン汁を指に塗り付け、硬くなったクリを擦ってくる。
同時に乳首も舐められた。

「あああっ!だめーーっ!!イッちゃいそう・・・っ!ああああぁぁぁっ!」

「友里絵さんはこれが好きなのね~!いっぱいイッていいわよ~!!ほらっ!ほらっ!」

「ああっ!イクーーっ!イクーーーーーっ!・・・」

私は・・・イッてしまった・・・。
罪悪感と快感の中、放心状態でいると・・・。

ぴちゃぴちゃ・・・。

「友里絵さんのオマンコ汁、さっきより味が濃くなってて美味しいわ~!」

ぴちゃぴちゃ・・・。

義母がイッたばかりのオマンコを舐めだした。
イッたばかりのオマンコを舐められ、私はもうどうにでもなればかりに声を張り上げて感じまくった。

「ああああっ!気持ち~!!オマンコいい~!」

「そんなに喜んでくれると私も嬉しいわ~!(ぴちゃぴちゃ・・・ペロペロ・・・)もっとオマンコしてあげるわね!」

そう言うと義母はオマンコに指を入れてきた!

「・・・っはうっ!ああ・・・っ!」

「友里絵さん、凄いわ~。すんなり2本も指が入ったわよ~。奥を擦るともっと気持ちいいのよね~」

ゆっくりと奥へ指を入れて、私のGスポットを一発で当てて、そこをめがけてクリを弄りながら擦り始めた!

「ああああっー!そこ!オマンコいいの!あああああっ!イクーーー!」

私は腰を突き上げて叫んでいた!

「友里絵さんのオマンコ、いやらしくて最高よ~!何度でもイキなさい!」

義母はGスポットを擦る指の動きを速めた。

「ああああっ!イク!イク!イク!ああああああっ!」

ブシャーッ!!

私は初めて潮を吹き散らしてイッてしまった・・・。
義母は自分の腕に付いた私の潮を舐めながら・・・。

「オマンコ汁、とっても美味しいわ~。友里絵さんみたいなお嫁さんをもらって、本当に良かったわ~」

そう言うと、またオマンコに顔を埋めて舐め始めた・・・。

その夜、旦那は同僚と飲みに出て午前様でした。
私は旦那が帰ってくる直前まで義母にイカされ続けました。
最初は抵抗がありましたが、今では旦那よりも気持ちよくしてくれる義母に依存気味の私です。