私は大学1年の女子でもうすぐ19歳になります。
私には大学3年生の2歳上の姉がいます。
姉とは顔も性格もあまり似ていなくて、姉はどちらかと言えば父親に似ていて、私は母親に似ています。
どう見ても私の方が可愛いし美人なんですが、姉には付き合って1年になる彼がいます。
その彼氏は、うちにも何度も遊びに来たことがあり、私も家で一緒に遊んだこともあるので、気心も知れています。
でも両親が留守にしている時は、2人だけで姉の部屋に閉じこもってなかなか出て来なかったりで、(たぶん、してるんだろうな・・・)と思っていました。

そんな姉の彼氏なんですが、実は私も彼のことを好きになってしまったんです。
私は子供の頃から姉に対抗心があったということもあるんですが、この彼に対しては、そんなものを通り越して、本当に好きになったんです。
だから家に来て、2人で仲良くしていると嫉妬心が高まってきて、面白くなかったんです。

彼は地方出身で、アパートで一人暮らしをしているということは聞いていて、その近くの書店でバイトしているということも知っていました。
私は思い切って、その日、その書店に行ってみました。
すると本当にその店のレジにいて、彼も驚いていました。

「舞ちゃん、どうしたの?」
「近くまで来たんで寄ってみちゃった」

「へぇ、そうなんだ」
「何時まで?」

「9時で上りだけど。あと10分だね」

私は勤務時間も聞いていたので、その時間帯を狙って行ったんです。

「ふーん、じゃ待ってる」

彼はおおらかな人なので、突然訪ねてきた私のことも特に変には思っていないようでにこやかでした。
店を引けた彼と近くのカフェに行ってコーヒーを飲んでおしゃべりして、そこを出た後でした。
私は勇気を出して言いました。

「ねぇ、部屋を見てもいい?どんな所かなと思って」

「ええ?汚い所だよ」

「平気、平気!」

彼女の妹の私を無碍にはできないと思ったのか、彼はそこから歩いて10分ほどのアパートに連れてってくれました。
2階建ての小さなコーポでしたが、部屋の中は結構整理整頓されていました。
姉もここには頻繁に来ているはずで、そう思うと強烈な嫉妬心と対抗心が湧いてきて、私は決意しました。

私はベッドの上に腰かけ、「ああ、感触いい!」とふざけました。
かなりのミニを穿いていたので、パンティが見えたかもしれません。
実はそれも狙いでした。
その夜、親には友達の家で泊まり込みで試験勉強をすると言ってありました。
最初から私は彼のアパートに泊まることを決めて来たんです。
だから出かける前に家でシャワーも浴びていました。

彼は私に色々と気を遣ってくれて、「あれ食べる?」「これ飲む?」と言ってくれました。

「ねぇ、ここすごく居心地がいいね。泊まってっちゃおうかなぁ」

そう言ってみました。

「そりゃだめだよ。ちゃんと帰んなきゃ。送って行くから」

彼がそう言うのは想定内でしたので、私は拗ねたフリをしてベッドから下り、床に座っている彼にくっついて座り、「ねぇ、お姉ちゃんのどこが好き?私じゃだめ?」と聞いてみました。

「そりゃ・・・。えっ?」

私は彼の胸に顔を寄せました。
たぶん私のロングのサラサラの髪の毛はシャンプーのいい香りがしたと思います。
私は彼の股間が膨らんでいるのを見逃しませんでした。
私は自信がありました。
彼は私の肩に手をまわして私の顔を上げ、キスをしてきました。
私は期待通りに事が進んできたなと思いながらも、舌を絡めているうちに感じてきてしまい、ハァハァと鼻から息を漏らしてしまいました。

彼の手が私の上に着ている洋服の中に入ってきた時は一応、「いや・・・」と拒んでみせました。
彼はブラの上からボリュームのある私のバストを揉みました。
ブラを外してくれて服の中でハラリと落ち、直接揉まれ、乳首を指先で転がされると、「ああ・・っ」と声が出てしまいました。
連動して下半身も蠢いてしまい、愛液が滴り出ているのが自分でもわかりました。

彼の手はそれからスカートの中に入り、パンティの上から割れ目を愛撫し始めると、それがすごく良くてまた声が出てしまいました。
そしてパンティの脇から彼の指が入ってきて、小陰唇やクリトリスを愛撫されました。

「すごく濡れてる」

「恥ずかしい・・・」

彼は私を抱きかかえてベッドに乗せ、上に乗って来て、キスしながら体を愛撫してくれました。
優しくクリトリス周りを愛撫されるとあまりに気持ち良くて、しばらくするとイキそうになってしまいました。
気がつくと洋服も下着も全て脱がされ、彼も裸になっていて、電気を暗くしていました。
彼は私の体をバストから下腹部にかけて舐めてくれて、ついにアソコに舌が到達しました。
私は恥ずかしさで両手で顔を覆ってしまいましたが、彼の舌先が一番感じる所や膣の入り口を舐めあげてくると大きな声が出てしまいました。

彼は私の上体を起こしました。
彼の大きくなったモノがピーンと立っているのが暗がりの中でもよくわかりました。
私は拒否すよるように少し首を振った後、彼のモノを咥えました。
私が過去に経験した男の子たちの誰よりも、それは太くて大きいモノでした。
本当は自分からむしゃぶりつきたいところでしたが、そこは抑えたんです。
私は彼のモノを吸い、舌先で舐めました。
彼もかなり興奮しているようで、息が乱れていました。

そして私の口から離れると、「付けるから」と言いました。
暗がりの中でベリッと音がしました・・・。
スキンを袋から出す時の音でした。
いつも姉との行為の時に使っているものだと思うと私はまた嫉妬心が募り、逆にそれでますます興奮してしまいました。
姉から彼氏を奪い取っているという快感があったからです。

そして彼のモノが入ってきました。
ゆっくりゆっくり動いてくれましたが、思わず「いい・・・っ!」という言葉が出そうになるのをこらえました。
私のそこは洪水のように愛液が溢れてたので、暗闇の中でぐちょっ!くちょっ!と互いの交わる音がしていました。
ゆっくりと突かれるとこんなにいいんだと思いました。
当たり前だけど、彼のことを思いながらする自慰より、はるかに気持ちいいものでした。

突きよりも引きの時に大きなカリの部分でGスポットが刺激されるようで、天国にいるような快感でした。
姉もいつもこんないい思いをしてるのかと思うと、また嫉妬心が起こり、その彼を奪っているといる今、ますます興奮してしまいました。
私は彼の耳元で囁きました。

「私の方がいい?」

「いいよ」

たとえ、その時の勢いで言ってくれたとしても、これは私にとっては嬉しいものでした。
そして何度か体位を変え、最後の正常位の時、「いっ、いい・・!イクっ!!」と、私は叫んでしまい、ブルブルと腰を震わせてイッてしまいました。
私がイッた後、彼は腰の動きを速めて、「俺ももうイクよ!」と言いました。
私もその時は思いきり腰を使い、そして彼に激しく抱きつきました。
彼は射精する時、「あぁっ・・・!」と声を漏らしました。
彼はとても優しくて、ティッシュで私の股間も丁寧に拭いてくれました。

その夜は彼と抱き合ったまま寝ました。

(あとは姉と別れてくれれば・・・)

そう思いました。