今回のお盆休みは最悪でした。
東京の中心街で働いているのですが、東京って土日になるとオフィスは静まりかえり、いつもの騒がしい雰囲気が嘘みたいなんです。
そんな中、私はお盆の当番で事務所で1人きりです。
俗に言う『電話番』で、盆と正月は交代制で2年に1度くらい回ってくるんです。

私は32歳のコンピューターエンジニアで、メンテナンスとかで、いつもお客様の会社をまわっているのですが、お盆は電話が鳴ってもお客様のところに行くことはありませんし、第一ほとんどの会社が休暇に入っているのに、電話なんて鳴るわけありません。
毎年当番の社員は、みんな会社でボーっとしてるだけです。

でもそんな時、10時くらいだったでしょうか、鳴らない電話が鳴ったんです。
電話に出ると、部長からでした。

「ご苦労さん」
「なんですか、いきなり・・・」

「さぼってないか電話してみただけ」
「部長も休みくらいは会社のことは忘れてくださいよ」

「佐々木が1人でいると思うと気の毒でな」
「いいえ、気楽ですよ」

「遊びに行こうか?」
「いいですよ」

「待ってろ、今から行くから」

そのまま電話が切れました。
せっかく1人の時間を満喫しようと思っていたのに残念です。
でもこの会社はまだ小さいから、部長と言ってもまだ38歳で、それに結構格好いいんです。
そして・・・私と部長は、ちょっとした関係なんです。
恋愛というわけではないのですが、昨年の飲み会の帰りに送ってもらって、私もふられた直後だったので独身の部長に甘えてしまったんです。
それから週に1度くらい、エッチだけのことが多いのですが、正直私は部長を好きになっていたんです。
でも、なかなか本当の思いが伝えきれなくて、エッチだけの関係になってしまったような感じなんです。
でも今日は事務所で2人きりになれるんで、思い切って確認しようと思いました。

それから1時間くらいしてでしょうか、部長が私服でお菓子とかを持ってきました。

「おう、暇そうだな」
「見たらわかるじゃないですか、書類の整理で忙しいんです」

「おいおい、休みの日に仕事するなよ」
「部長が私に当番を言ったんじゃないですか」

「そうだったな、ちゃんと仕事しろよ」

それから少し手伝ってくれたんですけど、全く気が入ってなくて、逆に邪魔になるくらいでした。

「部長、休みの日は適当なんですね」
「バカ言え、手伝ってるだけでもありがたいと思え」

「余計に書類がわからなくなっているんですけど」
「そうか、でも休みの日に仕事するわけないだろう」

「それもそうですね」
「お菓子でも食べるか」

デスクの書類を片付けて、ポテトチップスとかカールとかを広げて部長は食べ始めました。

「ちょっと、ここは会社ですよ」
「だからなんだ?俺は休みだから」

「邪魔で仕事ができないでしょ」
「そうか、その時は言ってくれ、移動するから」

「そういうことじゃなくて・・・」

私は片付けをやめました。
そしてポテトチップスを口に入れると、お茶を入れに給湯室に行きました。
すると部長が突然後ろから抱きついてきて・・・。

「今日の佐々木はいつもよりもきれいだな」
「普段と一緒ですよ、それより邪魔なんですけど」

「俺達って、まだ会社でエッチしたことないよな?」
「何を考えてるんですか!」

「制服の上からおっぱいを揉むと気持ちいいな~」
「ちょ、ちょっと、何するんですか?」

「いいじゃないか、黙っててやるから」
「何をですか?部長が私にちょっかい出してるだけじゃないですか~」

でも内心、2週間くらい忙しかったから、部長とはご無沙汰で、私も生理前でなんとなく欲求不満だったから余計に気持ちよくなってきました。
部長の給湯室でのちょっかいは終わりそうにないので・・・。

「部長、ここじゃだめ、誰か来ますよ」
「たぶんこのビルの警備員は休みの日はさぼってるよ」

「で、でも、来るかもしれないじゃないですか」
「少しくらい見せてやろうぜ」

「い、嫌ですそんなの、恥ずかしいし・・・」

もうそれ以上体に力が入らなくなりました。
部長は制服のボタンを外し、ブラの上からおっぱいを掴み・・・。

「このおっぱいは正直だよな」
「な、何がですか?」

「乳首がもう硬くなってるぞ」
「こ、ここじゃだめ~」

「ここでいいじゃないか」

部長はだんだんとエスカレートして、呼吸も荒くなってきました。
そして部長が後ろに回り込み、おっぱいを後ろから揉んできました。

「いや、だめ、ぶ、部長、だめ」

「体は嘘をつかないな、気持ちは嘘をつくけどな」

なんか部長は男優さんみたいにドラマのような感じで、でも体はほんとに嘘をつかないんです。

「あっ、いやっ、部長、いや~」

「いいぞ、その喘ぎ声を聞きたかったんだ」

部長はブラを外し、私は上半身だけ裸になってしまい、今度は前に回り込んで乳首を愛撫してきました。

「あっ、ち、力が・・・だめ~」
「ここが感じるのか、どこだ、言ってみろ」

「いや~ん、わかってるくせに・・・」
「口で言わないとわからん。仕事でも言葉で表現しないと契約取れないぞ」

「いやっ、ぜ、絶対に嫌っ」
「じゃあ言わせてやるよ」

部長は私の弱いところを知っています。
乳首を思いっきり吸ってきました。

「あ~っ、あ~っ、いや、か、感じる~」
「どこが感じるんだ」

「ち、乳首が・・・」
「乳首がなんだ?」

「ち、乳首が・・・か、感じるの、あ~っ、だめ~っ、こ、こんなとこで・・・」
「いつもと違う場所の方が興奮するのか?」

「ち、違う、そんなんじゃ・・・」
「感じるんだろ、上司には正直に報告しないとだめだぞ」

「ち、乳首を・・・も、もっと、吸ってください~」

私は感じすぎて、もうすでにどうかなりそうで、欲求が抑えられなくて、部長の股間を手で擦っていたんです。

「もう欲しいのか?」
「も、もう、だめ、早く~、これ、早く~」

「もう少し楽しませろよ」
「い、いや、もうだめなの」

「もうイッちゃうのか?」

いつも部長は、おちんちんを入れてから私をイカせるのが好きなんです。
急に部長は給湯室の流し台に私に手をつかせ、制服のスカートを捲り上げ、ストキングを破り、パンティを脱がせると、こともあろうに私のアヌスを舐めてきました。

「だめ~、そ、そこは・・・汚いから・・・」

「いい味がするぞ、もっと足を開け」

部長の言うままに少し足を広げると、部長の指が私のおまんこに入ってきました。

「ああ~っ、そう、そこ、そこなの」
「もうグチョグチョだな」

「イヤ、もうだめ、だめなの」
「何がだめなんだ、先に気持ちよくなるのか」

「部長、早く、早く欲しいの、部長のアレを入れて~」

部長はすぐにズボンを下ろすと、部長の熱く硬いモノが私のアソコに後ろから入ってきました。

「ああ~っ、これ、そこ、だめ、いや~ん」

「あ~、気持ちいいな、お前のここは最高だな」

「いや、だめ~、も、もっと奥まで、お、お願い~」

部長のピストンは加速していきました。

「あああ~っ、イク~っ、イクっ、イクっ、あああああ~っ」

私は流し台に必死に掴まっていました。
でも部長のピストン運動が続いています。
そして、部長も私の中で果ててしまいました。

ふと気づくと、会社の給湯室であることを思い出しました。
私はすぐにブラウスを着て、制服も乱れたままでビルの廊下を見ました。
誰もいないことを確認してほっとしました。
それからは、さすがに事務所のデスクでするわけにはいきません。
隣のビルで働いている人もいて、事務所内が丸見えですから。

でも、それからは部長の要求がエスカレートして、翌日はノーブラで出社しました。
乳首がブラウスに擦れて、部長と目が合うと余計に感じてしまい、仕事になりませんでした。
でも部長のことはほんとに好きです。
結婚して欲しいと思っています。
部長と結婚すると、ずっと部長の硬くて長いアレを思いっきり、毎日、舐めたり突っ込んでもらったりできると考えると仕事中でも濡れてくるんです。