35歳の主婦です。
先週の日曜日、隣に引っ越してきた夫婦が引越しの挨拶に来ました。
玄関を開けると、そこに立っていたのは高校時代の同級生で麻里。
高2の頃から愛し合うようになったレズ友達でした。
目が合った時、2人は固まってしまいました。

麻里とは高校を卒業してからも5年間付き合ってました。
私の仕事の都合で地元を離れることになって別れたんです。
その後、25歳で会社の同僚だった主人と結婚して10年。
まさか今になって麻里と再会するとは夢にも思いませんでした。
挨拶に来た麻里は、私を見ても何気ない挨拶をし、私も普通に返しました。

翌日、お互いの主人と子供を送り出した後で麻里が訪ねて来ました。
でも、こんな経験がある人いますか?
引越して来た隣の主婦が、かつての恋人、それもレズ友だなんて話。
ドラマみたいですけど、本当なんです。
世間は狭いですね。

訪ねてきた麻里は、玄関に入るなり泣きながら私に抱き付いてきました。

「どうして連絡くれなかったの?アタシはゆかのことがずっと忘れられなかったのよ」

「ごめん、遠距離恋愛に自信がなかったのよ」

麻里は私を見つめ、激しくキスしてきました。

「麻里、ちょっと待って・・・」

でも、その次の言葉が麻里のディープキスで出ません。
私はキスされた時点で抵抗力を失くしていました。
麻里の舌を自分の口の中で感じました。
思わず私も麻里に舌を絡ませてしまって。

「あん・・・はぁ~ん・・・麻里・・・」

麻里がチュパチュパと音を立て舌を吸ってきます。
私も唾液を流し込み、それを飲む麻里。

「あぁぁぁ・・・いいわ」

「ゆか・・・変わらないね・・・唾、美味しいわ」

玄関先で10分以上もキスをしてたように思います。
麻里の手を取ってリビングに行き、またキス。
時間は朝の9時を回ったばかり。
Tシャツにスカート、上はノーブラだった私はあっという間に脱がされ、直に乳首を弄られました。
負けじと麻里の服を脱がせるとノーブラにノーパンでした。
麻里はわかっていたんですね。
私とこうなることが・・・。

お互いの胸を愛撫しながらキスは続きます。

「あぁぁぁ・・・いや・・・」

「・・・ゆか・・・ここも・・・あっ・・・触って」

麻里が私の手をクリに持っていきます。
麻里のアソコはまるで洪水です。
私も麻里の指を自分のクリに導きました。

「ゆか・・・こんなに濡らして」

「麻里が火をつけたのよ・・・あぁぁぁ・・・いいわ」

麻里は乳首を吸い、指を入れて私を愛撫します。
私も麻里の頭を押さえて胸を愛撫させました。
徐々に麻里の舌はクリを捉え、アソコに舌を入れてきます。
ピチャピチャといやらしい音が部屋に響きました。

「あぁぁぁ・・・麻里・・・アタシも舐めさせて」

麻里と69なりお互いのアソコを舐め合います。
次第に快感は頂点に達します。

「あん・・・もうダメ・・・麻里イキそう・・・」

「私も・・・ハァハァ・・・ゆか・・・一緒に・・・あっ・・・あぁぁぁ」

「うん・・・あぁぁぁ・・・イクよ・・・あんあん・・・イクっ・・・」

「ゆか・・・あぁぁぁ・・・イクイクあぁぁぁ・・・」

私達は体を痙攣させてイキました。
2人は起き上がり、またキス。
お互いの愛液の付いた唇を舐め合い、舌を絡ませます。

「ハァハァ・・・ゆか、愛してる。もう離れたくないよ」

「麻里・・・私も愛してる」

またキスをしながら抱き締め合いました。
これから毎日、麻里と抱き合う気がします。
ううん、もうしてます。
毎日時間があるたび、どちらかの家で2人は恋人のようにじゃれています。
そう、今も・・・。