少し遅くなりましたが、ハロウィン痴漢の報告です。
もちろん舞台は渋谷。
19時から23時頃まで徘徊。
自分もコスプレ。
顔がバレないように仮面を付けているのでなんの心配もありません。

まずは混み始めた横断歩道で軽い尻タッチから。
誰にもバレることなく触り放題。
21時頃からは渋谷全体が満員電車状態です。
慣れてきたので、すれ違いざまに乳揉みや、スカートの中に手を入れてのお触りを楽しみます。
露出の多いコスプレをしてる女は特に揉みしだいてやりました。
1日で50人くらいは触ったかな?

特に興奮した痴漢を2つ紹介します。
1つ目はミニスカJKへの痴漢。
ハロウィンといっても全員がコスプレしているわけではありません。
中にはちらほらスーツ姿の女や制服JKも。
ただし、制服JKはほとんどが友達と来ているため、非常に狙いにくい。

そんな中、スクランブル交差点で超可愛いJKを発見。
おのののか似で、おっとりした背の低いJKです。
しばらく観察してみると、どうやら周りに友達はいない様子。
俺は狙いを定めました。
斜め後ろに陣取り、信号が青になると同時に近づきます。
歩けないほど大混雑になった瞬間に近づいて尻タッチ。
特に反応はありません。
イケると確信して、次は手をスカートの中へ。
パンツの上から柔らかい尻を揉みまくります。
体をよじりはしますが、大混雑のせいか抵抗はなし。

次は制服の上から乳揉み。
しかし、あまり感触を楽しめません。
仕方がないので信号の変わり際にラストスパートをかけることに決めました。
青信号が点滅し始めてから制服の中に無理やり手を突っ込み、直接おっぱいを揉みしだきました。
さすがに激しく嫌がりますが、すぐにダッシュで逃走。
無事に脱走成功。
コスプレ美女もいいけど、制服JKにここまでできたのは凄く興奮しました。

2つ目のハロウィン痴漢
これが最も印象に残っています。
何十人も触りまくった中でも格別の体験でした。
なぜなら、痴漢した相手が知り合いだったから(笑)

渋谷の混雑地帯で痴漢行為を繰り返していた時、やや遠くにどこかで見覚えのあるコスプレを発見。
まさかと思いつつ、あるSNSをチェック。
なんとSNSにコスプレの写真を上げていた大学の友達でした。

コスプレは悪魔かな?
下半身は黒いミニスカで、上半身は胸の谷間も見えそうなセクシーな衣装。

かなりムラムラしましたが、さすがに知り合いに痴漢するリスクは高すぎます。
しかしここで冷静になった。
自分は仮面を付けているし、コスプレして渋谷に来ていることも誰にも伝えていません。
絶対にバレるはずがない。
恐る恐るながら痴漢を決意しました。

ちなみに友達は気が強そうでサバサバした性格。
顔は佐々木希似。
普段は澄ました顔のこの女を触れると思うと興奮が止まりませんでした。
周りには同伴らしき女が2人。
片方は同じ大学の女だが、もう1人は見たことのない顔でした。

しばらく尾行して、様子を窺います。
そしてこの女たちが最も混んでるエリアに入ったタイミングで、抑えきれずに痴漢決行。
まずは軽く太ももをお触り。
この時点でイキそうなほど興奮しました。
特に反応はなく、そのまま前方にいる同伴者と会話しているので、思い切って押し付け痴漢。
お尻の感触が下半身に伝わってくると、言いようのないほど気持ちいい。
我慢できずにミニスカに手を入れて揉みまくりました。
手を払われ、彼女が振り返るが、自分はすぐに離れて知らんぷり。
恐らく誰に触られたか特定できていないはず。
そもそも特定されたところで仮面を付けているので顔バレの心配もありません。

ここで調子に乗った俺は再び近づき、後ろから押し付けながらマンコ付近を触りまくってやりました。
当然ですが、凄く嫌がってます。
日頃はクールなこの子を触っているという支配感に、頭が沸騰しておかしくなってしまいそうでした。
ちなみに、この時点でズボンの中で射精しています。
それでも欲望が止まらない!

胸元まで開いている服の上からおっぱいを揉みました。
今まで何度となく妄想してきたこの女の胸を揉める日が来るなんて!
しかも学校では気付かなかったが、触ってみると意外と巨乳。
柔らかいおっぱいを2分ほどは揉み続けたと思いますが、体感時間的には30分以上にも感じました。

いつもは澄ました顔のこの子も、途中から泣きそうな顔になっています。
しばらくすると時々、喘ぎ声にも似た吐息が漏れてきました。
そこで2度目の射精を迎えたので終えることに。
最後に同伴の友達の尻をタッチして逃走しました。

自分の部屋に帰ってからは、この女の写真を見ながらひたすら抜きました。
というか一生抜けそう。
今度学校で会ったら、「ハロウィンはどうだった?」と聞いてみたいと思っています。