38歳の主婦です。
姉夫婦が連休中に旅行に出かけることになったので、17歳の姪を4日間、預かることになりました。
うちの夫も長期出張でしたので、どちらにも好都合でした。
一緒に街に買い物などに行って姪を歓待しました。

次の日、午後から留守番を頼んで、私は用事あると言って出かけました。
その時に悪戯心を出して、夫に撮られた私のオナニービデオをデッキにセットしておきました。
普通のアダルトビデオも置いておきました。
姪が観るか観ないかは賭けでしたけど・・・。
帰ってからチェックしてみると明らかに観た形跡がありました。

その夜、そっと姪が寝ている部屋を覗いてみたら、お布団の中でもぞもぞと何かしている様子でした。
少し時間をおいてからドアをノックしました。
ちょっと狼狽えたような声で返事がありました。

「入ってもいい?」

声を掛けて部屋に入りました。

「今夜は麻紀ちゃんと一緒に寝てもいい?」

姪の顔は真っ赤でした。

「うん」と頷いたので、私は立ったままトレーナーの上下を脱ぎました。
ショーツ1枚の私の身体を見て、姪はビックリしたように顔を俯けてしまいましたが、私は構わず身体を滑らせて姪の横に入りました。
姪は体を固くして私の身体から離れようとします。

「大丈夫よ。もっとこっちに来て」

私は姪の身体を抱き寄せました。
その時、姪のパジャマの下は素肌でした。
ショーツ1枚で布団の中に滑らした私の脚。
姪の脚の上にそっと乗せると、姪はますます身体を固くして逃れようとします。

「麻紀ちゃん、叔母さんのこと嫌い?」

耳元で囁くように言うと、「ううん・・・」と、姪は慌てたように首を振りました。

「そう・・・良かった。じゃあ今夜は叔母さんと仲良くしようね」

姪の首の下に腕を通して、瞼にそっとキスしました。
乗せた脚の膝頭で探ると、姪の両足はぴったりと閉じられていました。
脚の膝頭を姪のあそこ・・・恥骨の上に乗せてゆっくりと擦りつけました。

「麻紀ちゃん・・・お口に・・・キスしてもいいわよね?」

右手でパジャマのボタンを外しながら姪の唇をついばみ、少し開いた姪の口の中に舌を入れていきました。

「ハァ~」

私の腕を掴んでいた姪の手に力がこもります。

「麻紀ちゃんも・・・舌を・・・」

姪の舌を絡め取るように・・・ボタンを外して直に胸に触ると、姪の乳首は硬く尖っていました。

「麻紀ちゃん・・・可愛い・・・」

姪の乳房は片手に余るほどでした。

「麻紀ちゃん・・・叔母さんの・・・ビデオ・・・観た?」

姪は私の身体にしがみついてきました。

「・・・ごめんなさい」

姪は私の胸に顔を埋めてきました。

「いいの・・・いいのよ、麻紀ちゃん。叔母さん、麻紀ちゃんのこと好きだから・・・。だから今夜は、叔母さんと仲良くしてね」

姪の顎を指先で上げてキスをしました。
徐々に姪の太股は緩んでいきました。
キスしながら背中の手をお尻・・・太股・・・そして薄目の茂み・・・溢れるほどのおつゆ。

「麻紀ちゃん・・・すごいわ・・・こんなに濡らして」

オナニーの最中に私に声を掛けられてパニック状態だったのでしょうか、包み込んだ私の手のひらの中で姪の陰部はヌルヌルでした。

「可愛いっ・・・麻紀ちゃん、感じてくれてるのね」

私ももどかしいほどの感じでショーツを脱ぎ捨てました。
固く目を瞑った姪の手を取ると、「麻紀ちゃん・・・叔母さんのここ・・・触って・・・」と手を導きました。

結婚して12年、子供には恵まれませんでした。
夫婦仲は決して悪くはありませんが、性的な行為はもう何年もありません。
結婚前に何度か経験した女性同士の関係も、もう忘れていたはずでした。
でも、若くて初々しい姪の身体を見て、心がときめいてしまったんです。

あの4日間・・・私たちは叔母と姪以上の関係でした。