青春時代は終わったから書いてみよう。

数年前の話。
友達(アキラ)と俺(マサシ)は、『ゆず』のような2人組アーティストに憧れて素人音楽活動をしていた。
住まいは地方で、アキラの家に大きな小屋があり、その2階が練習部屋。
周りに家も少ない所だったから、ギターガンガン、歌声ガンガンで頑張っていた。
ギターは少しずつ上達するアキラと俺。
が・・・2人とも歌が上手くないことに気づく。
どんなに頑張っても、何度声を潰しても高い声が出ない。
音をハズすと全くダメだった。

「路上ライブで女の子にモテて、口コミでスカウト来て」

・・・なんて夢を練習の時によく語ったが、俺達じゃ無理だなと諦めてた時だった。

アキラが勝手に共通の女友達のユカにメインボーカルを依頼した。
ユカは確かにカラオケで歌ウマと評判だったが、俺は嬉しさ半分、嫌さ半分。
なぜなら俺はユカに惚れていたから。
アキラはその時、きちんと彼女が居た。
ただ遠距離で、「もう別れなきゃ」と毎回言ってたので、(アキラもユカ狙い?)と焦りを感じたのだ。

しかし、ユカが来てからの活動は充実した。
歌が上手い、ギターに関する指摘も素人ながら的確。
活動当初のデモテープが悲鳴や叫び声なら、ユカが入ったあとは水のせせらぎのような聞きやすさ。
路上に行けると話し、路上デビュー。

街中で深夜に歌ってみたが誰も聴いてくれない。
だが回数を重ねると少しずつ聴いてくれる人が増えた。
話しかけてくれる人も増えた。
ギターケースの上に5円とか10円を置いて行く酔っ払いも増えた。
俺はますますユカを好きになった。

ただ気になる存在はアキラだった。
アキラは遠距離の彼女と正式に別れた。
ユカも俺も知ってた。
と言うより、路上が終わったあと、アキラの家の練習部屋で慰めると言い、朝まで飲んだ。
その時、アキラはふざけてたのかよく分からんが、「酒で慰めるんじゃなくて、ユカの体で慰めてよ」とか言ってた。
ユカは受け流す感じで対応してたが・・・。
気づいたらアキラは寝ていた。
で、ユカと2人で語る。
ユカにも彼氏は居ないというのを本人から聞けて安心した。

「今はボーカルが楽しくて、彼氏が居なくても全然気にならない」と、ユカは言った。

俺が「アキラはユカが好きで、『体で慰めて』とか言ったのかな?」とか言うと、「グループに恋愛を持ち込んだらダメだよ。絶対、仲が悪くなって、いいのが出来なくなると思う」と言った。

同感だった。

(俺だってユカを好きでたまらないのに、このグループも好きだから、崩壊させたくないから、告白してないんだよ)と心の中で思った。

そんな感じで2、3ヶ月が過ぎた。
路上ではユカ見たさっぽい男の見物人も増えた。
が、当然、スカウトなんかは来なかった。
俺も上達の限界がわかってた。
そんな気分だったから、音楽に集中しなくなってた時に気づいたんだ。
ユカとアキラの仲が以前より親密になってる・・・って。
何気ない仕草、行動で・・・。
ユカは今まで分け隔てなくやってたと思ってたが・・・。
本当に細かい所なんだ。
練習する時、よくユカが飲み物とか買ってくるんだが、アキラのタバコを一緒に買って来る。
で、よく見てるとアキラは最後の1本を吸い、ユカが買ってきたタバコを次に吸う。
まるで、アキラのタバコが切れることを知ってたかのようなタイミング。
俺の頭は(???)だった。
モヤモヤが取れない。

だって・・・ユカ、言ったよな、「俺達と恋愛はダメだ」って!
だから俺、気持ちを押し殺してんだぞ。

だが、その真相はすぐに判明する。
路上終わり、明日は休みだからって3人で飲んだで寝たんだが・・・。

「ダメ・・・マサシに聞こえるって」

「ん?キスだけだよ」

ピチャピチャ・・・。

「も、もっと・・・」

確かに聞こえるアキラとユカの声。
間違いなく、キスしてる。

「こういうのも興奮するし、スリルあるな・・・」

「ダメだよぉ、マサシにバレたら、もう3人で歌えないよぉ」

ピチャンッ。

「じゃあ、やめる?」

「ん?だってぇアキラの凄いじゃん・・・こんなになって・・・相変わらず悪いおチンチン」

「そう?凶暴だからさ、ユカが慰めてよ」

チュ・・・ジュ・・・。

卑猥な音。
間違いない・・・フェラしてる。
しかも・・・初めてじゃない・・・。
心が打ち砕かれた。

「ユカ、上手くなってきたよ・・・それともマサシがいるから張り切ってるの?」

「ん、ん・・・」

口からチンポを離さず夢中になってるのか?

「あ、出る、いいか、出すぞ」

(少しは俺に気を遣えよ!)ってくらいの大きな声で。

「ユカも我慢出来ないだろ?入れよう」

「ダメだよぉ、私、絶対に声を我慢出来ないもん。マサシが起きちゃうから我慢する」

もうね、涙が自然と出たよ。
それに今後2人と、どう接していいか判らなかった。
朝起きたらアキラとユカは別々に寝てた。

(昨日のは夢か?)と少し期待したが、ゴミ箱を見たらティッシュが沢山ある。

俺は溜め息をついて、紙に『先帰る』とだけ書いて帰宅した。