巨乳の彼女は俺の短小チンポ(13センチ)に満足していなかった。
友人Tの20センチぐらいある太チンを、物欲しそうにフェラする彼女。
友人Tが挿入した瞬間、俺とセックスする時よりも大きな声で喘ぎ、二度と聞きたくないその言葉が出た。

「ああ・・・大きい!」

俺が22歳の頃、当時付き合っていた彼女との間に起こった話です。

その頃、俺のマンションには幼馴染のTが居候していた。
Tの実家は農家で、その町の地主さんでもあり、かなり裕福な家庭であった。
大学を卒業後、定職にも就かず、アルバイトをしては貯まったお金で海外旅行に行くのがTの趣味だった。
俺の彼女とも面識があった。
しかし幼馴染のTが、まさか俺の彼女に手を出すとは思ってもいなかった。

あれは夏の夜のこと。
給料が入った最初の金曜日の夜、俺の奢りってことで3人で夜の街に繰り出した。
2軒ハシゴをした後、俺の家でまだ飲むことになった。
コンビニで酒と摘みを買い、狭いテーブルの上に広げてワイワイガヤガヤと飲んでいた。
外で飲んでいた時は平常を保てていた俺だったが、あまり酒に強くなく、家に帰った安心感からか、酔いと眠気が一気に襲いかかり、俺は奥の部屋のベッドに寝転がっていた。

遅くなったが、俺の彼女は結構可愛い。
芸能人で言うと、最近はあまりテレビで見なくなったが山本梓に似ていたと思う。
彼女は当時21歳。
スタイルも良く、身長160センチ、胸はEカップ95センチの巨乳。
揉み甲斐もあって巨乳フェチの俺にはたまらない女だった。
巨乳だが太ってはいない。
ウエストのくびれがエロい雰囲気を醸し出していて、何度でも抱ける女だった。
彼女は好奇心が強く、色んな趣味や資格を持っていた。
俺の前にも数人の男と経験があったようだが、大学卒業前のコンパで知り合ってから、俺とは2年とちょっとの付き合いが続いていた。

俺が奥の部屋のベッドに寝転んだときも彼女は甲斐甲斐しく、「大丈夫?お水持って来ようか?」と優しい言葉をかけてくれていた。
だが俺が次に目覚めた時、彼女の異常な喘ぎ声を聞いて、(しまった!)と思った。
まだ頭はフラフラしていたが、気配を消して襖に近づき、気付かれないように静かに開けて隣の部屋を覗いた。

2人掛けのソファーに座っている彼女にTが覆いかぶさってキスをしていた。
そして彼女は胸を生で揉まれていた。
言葉では嫌がっている風な彼女だが、本気の抵抗には見えなかった。
俺が悪戯をして胸を揉んでる時と変わらない、形だけの抵抗だった。

この時、「オイ、何やってるんだ!」と止めに入れば良かったのかもしれない。
しかし、なぜか、そうしなかった。

(この後、どうなるのか?隣に俺が寝ているのに、まさか最後までするのか?)

俺は確かめたくて、息を殺して覗き見を続けた。
あろう事か、この先を想像して、俺のチンポは痛いほど勃起していた。

Tは彼女の服を捲り上げ、ブラジャーのホック外した。
こぼれ落た乳房が俺の目に飛び込んできた。
Tは躊躇なく彼女の乳首に口を付け、舌先で転がし、舐めた。

「あっ、ダメよ、あっ、ダメ、ダメ、ダメだって!」

彼女は言うが、抵抗するどころかTが舐めている乳首を悩ましげに眺めているだけだ。

「あっ、あ!」

彼女は乳首を交互に吸われながら乳房を揉まれて感じていた。
彼女は胸を愛撫されて感じると、内側の太ももをすり合わせる癖がある。
今、Tに愛撫の受けて、彼女の足はその動きをしていた。
Tの動きが止まり、Tシャツとブラジャーが取られ、彼女は上半身裸にさせられた。
恥じらうように腕で大きな胸を隠そうとするが、優しく両腕を開けられて、Tが乳首にまた口を付けた。
Tは愛撫を続けながら彼女のジーパンのボタンに手を掛けた。

「ダメ、ダメ、これ以上、ダメだって!」

言葉では抵抗しているが、ボタンは外され、チャックが全開なった。
ピチピチのジーパンだったせいで、Tが脱がそうとするが、そう簡単にはいかなかった。

「好きなんだ、お願い、一度でいいから」

彼女の手を自分のはち切れそうな股間に押し当ててTが言う。

「・・・嘘、何?!」

彼女の驚いた声が部屋に響いた。

「ちかちゃん、声が大きいよ」

Tが小声で注意した。

「だって・・・これ」

彼女はしっかりとTのチンポを握り締めたまま、ビックリした表情をしている。

「好きなんだ、お願い、一度だけでいいからさ」

甘えるようにTが手を合わせてまた言うと、信じられない言葉が彼女から飛び出した。
彼女がズボンの上からチンポを握り締めながら、「これ・・・見せて」と言ったのだ。

(え?!)

酔いも眠気も一瞬でも吹っ飛んだ。
俺はショックでその場にへたり込んだ。

「・・・うん、いいよ」

Tはズボンを脱ぎ捨て、ゆっくりとパンツを脱ぎだした。
異様に前が盛り上がっているボクサーブリーフをゆっくりと脱いでいく。
彼女の目の前にTの巨根が曝け出された。

「凄い大きい!」

それが彼女の第一声だった。
誇らしげに自分のチンポを見せつけているTに苛立ちを感じたが、その大きさはあまりにも俺のモノとはかけ離れていた。
腹に付きそうなほど勃起し、なだらかに反り上がった陰茎。
太い血管を浮き上がらせた太い陰茎の先には、立派すぎるカリが張り出していた。
長さはたぶん20センチぐらいあるだろう。
それも凄いが、太さが際立っている。
彼女の潤んだ目は、それを物欲しそうに見つめていた。