セフレの子は高校の同級生(以下『A』)。
童顔でそれなりに可愛いんだけど、俺には別に好きな子(以下『B』)がいた。
Bを落とすのに1年かかって、その1年間で俺はAと遊んだりする機会も増えてた。

ある日、Aを含める男女5人で酒パしようってなって、Aの友達の女の子の家に泊まることになった。
Aが俺のことを好きっていうのは周知の事実で、寝る時間になると、みんなが無理やり隣同士で寝させようとしてくるから隣で寝た。
そりゃ俺も男だし、可愛い子が隣に寝てるわけだから手を出さないわけがないよねw
んで俺も、それが女の子に手を出すのが初めてで、どうしていいのか分かんなかったんだけど、みんなが寝静まって俺とAだけ起きてて、俺はAの胸に手を伸ばした。
Aもそんなのことは初めてだったみたいで、最初はめっちゃ恥ずかしがって声も頑張って抑えて、小さな声で「はぁはぁ」言ってた。
で、乳首を集中して弄ったら、「んんっ・・・」って可愛い声を出した。

(この勢いで下も!)

って思ったけど、もう朝の6時ぐらいになっちゃって、みんな起きたから、澄ました顔して2人とも起きて適当に解散した。
それが初めてAに手を出した話。

その日がきっかけで酒パしたメンバーで遊ぶ機会が増えたある日、次は俺んちで酒パすることになって、みんなで飲んでた。
みんな酔っぱらって寝ることになった。
俺の部屋には2段ベッドがあって、1段目と床を使ってみんなが寝る中、俺とAだけ2段ベッドの上段で寝ることになった。

テレビ点けたまま寝る雰囲気だったから、(これならみんなに声は聞こえないかな)って思って、そのとき初めてマンコを触った。
でも、俺もどうしたらいいか分かんないから、とりあえず突起物を弄ってたw
(今思えばクリね)
そしたらAは、声を抑えながらも、「あっ・・・んっ・・・いやっ・・・」って声が出んの。

(うわっ、エロ本に出てくる表現はあながち嘘ではないのか!)

とか思いながら、Aの突起物をいじめてた。
そしたら次第に声大きくなっちゃって、「みんなに聞こえるからシーッ」って言ったら、Aも自分の声のデカさに気づいたのか、まったく声が聞こえないぐらいの喘ぎ声になった。
でもAは俺の耳に顔を近づけて、俺にだけ聞こえるように喘いでくれた。
その日は2人とも眠くなって、そこまでで終わっちゃった。

で、朝になってみんな目覚めて、解散することになったんだが、事件が起きた。

朝起きてからごはんを食べに行って、夕方までゲームしたり映画観たりしてた。
夕方になったらみんな帰るはずだったんだけど、Aの女友達と俺の男友達が、「先に帰るから2人でゆっくりしたら?」って共謀して2人きりにされた。
その時にはもうAが俺のことを好きってのは常識になってて、何か行動するとなればAと俺はセットって考えにされてたから、なんか普通のことだった。
でも俺の部屋にAと2人きりってのは初めてだったから、興奮が抑えれなかった。

みんなが帰ったあと、すぐにAとベッドへ。
すぐさま服の中に手を入れて、俺は事を始めた。
Aが俺のことを好きってのもあったし、俺のために頑張ってくれたのか、ぎこちない手でチンコを触ってくれた。
俺もそれに応えようとマンコを弄って、お互い手でやりあう形になった。
乳を舐めながらマンコを弄るってのもやってみた。
みんなはいないし、俺の部屋は3階で他の部屋にも誰もいなくて、2階のリビングに母親がいる感じ。
Aはそれを知ってて声を抑えなかったから、「はぁはぁ・・・あんっ!・・・気持ちいい」って声が大きかった。

(本当にエロ本のまんまだな、こいつ)って思いながらお互いやってたんだけど、とうとう俺も我慢の限界が・・・。

俺は、いつか使う時が来る!とベッドの端っこに置いてあったゴムを付けた。

「え?やるの?本当に?怖い」

ってAが言ってたけど、「ごめんね」とか言いながらいい感じに濡れてるマンコにインサート。

「いたっ!痛い・・・。んーーー!やんっ・・・あっ・・・」

残念ながらAは終始痛がってた。
で、「ごめんごめん」って言いながら、俺だけイッちゃって終了。
エロ本みたいに、(痛い・・・けど、だんだん気持ち良く・・・!!)ってのをちょっと期待してたけど甘かったw
その日を機会にAと2人きりで会うことが多くなった。

ある日、また俺んちに泊まることになって、前回は痛がってたけど大丈夫かなと思いつつ襲ってみた。
上から順番に攻めていくんだが、この時の喘ぎ方は前回とは違って、本当に気持ちよさそうにしてた。

「あ・・・んっ・・・んっ・・・あぁぅ」みたいな感じ。

それからというもの、エッチの回数は増え続けて、お互いに行為にも慣れて、フェラしてくれたり色んな体位でしたり、Aも「もっと!もっと!」とか言うようになってきた。
喘ぎ声も可愛いし、要求するときの甘える感じも良くて、最高のセフレだった。

(もうこのままAと付き合おうか?)

・・・とも思ったけど、Bの可愛さは異常なくらいで性格もドストライクだったから、ずっと迷ってた。

そして数ヶ月したところで事態が急変。
なんと俺はBと付き合えることになった。
それからは次第とAと会う機会もなくなり、Aにも彼氏ができた。
が、しかし、AはDVが原因で彼氏と別れた。
ちなみに今もAはフリー。
俺はBと今も続いてて、もう3年になるかな。

で、もうAとは会うこともないだろうなと思ってたんだけど、一昨年の冬ぐらいに連絡が来て会うことに。
その時はAが家まで自転車で来てくれたけど、親に見つかったら何かと面倒なんで、ちょっと家から離れてる駐車場にうちの車を停めてたから車の中で喋ることになった。
駐車場に着いてシャッターを下ろし、完全に個室化した車内でしゃべってた。
過去の関係もあり、密室で2人きりって状況で我慢できるわけでもなくw

その時には俺も色々と上達してたから、若干の自信はあった。
最初は優しくキスしてみた。

「ん・・・」って言うだけで、俺的にはつまんなかったから、舌を絡めてみた。
すると、「んっ・・・ふぅう・・・うん」って声を出しながら体クネクネさせ始めた。

(こりゃ、スイッチが入ったな)

そう思った俺は、Bとのセックスで覚えた性感帯のひとつ、“耳”を攻めてみた。

A「はにゃ!・・・やっ・・・くっ・・・きゅぅぅぅ」

(・・・「はにゃ」・・・えぇーと・・・え?)

俺「いつの間にそんな敏感になったの?」

A「わからない・・・元カレのせいかも・・・」

そんなやりとりしながら首元に移動して首筋を甘噛み。

A「きゅぅうぅぅ・・・ぅん!」

そのノリで胸へ。

A「あっ!ひゃっ!!!にゃーーーー!!」

正直、この時点でちょっと引いた。
A自身も、なんでこんな喘ぎ方になるのか分からないらしい。
そしてマンコを攻める(中略)、インサート。

A「あっ!あっ!い・・・イク!・・・うっ!」

それは男がイク時の表現じゃないかと思いつつ、俺もイッて、最後はきっちりお掃除してもらって終わった。
どうすればAは元の可愛い喘ぎ方に戻るんだろうか。
ま、俺が心配することじゃないわけだが(笑)