数年前にキャンプを始めました。
とあるキャンプ場で知り合った家族がいます。
私たちの家族と同じくらいの子供がいて、たまたまサイトが隣り合わせだったので仲良くなり、年に数回一緒にキャンプへ行く仲になりました。
相手の家族の奥さんは私より少し年上ですが、見た目はすごく若くて密かに憧れていました。

今年の春、久しぶりにその家族と一緒にキャンプへ出かけました。
お互い行ったことのないキャンプ場を選んだので、場所は某県のへんぴな林間サイトでした。
週末でしたが天気が悪く、行ったら私たち以外は一組しかいませんでした。
それでも夕方には雨も止んで、一緒に食事とお酒を楽しみ、早々と9時過ぎにはお互いのテントに戻り就寝に。

少し寝てからトイレに起き、テントを出て真っ暗闇の中をトイレの明かりに向かって歩き始めたら、後ろから歩いてくる足音がしました。
振り向くと、その奥さんでした。
奥さんもお酒を飲みすぎたようでトイレに起きたとのことで、一緒にトイレに向かいました。
しかしそのトイレ、昼間も利用したのですがお世辞にも綺麗な状態とは言えず、男の私でも入るのにちょっと躊躇するようなところでした。
女性用も同じようで、お互いに入るのが嫌だという話で少し盛り上がりました。

トイレに入ろうとしましたが、すでに扉を開ける前から異臭が漂っており・・・。

私「外でしちゃおうかな」

奥さん「男の人っていいよね。外でできるから・・・」

私「今は人もいないから女性でも外でしても大丈夫じゃない?」

奥さん「どうしよう・・・」

さすがに奥さんは迷っていました。

そこで追い討ちをかけるように、「誰も来ないように見張っててあげるから外でしたら?」と言うと、奥さんは「先にしていいよ」と言うので、私は「じゃあお先に」と言って街灯の柱に向かっておちんちんを露出しました。

実はこの時点で、野しょんをしている奥さんの姿を想像して、あそこは少し(ホントは結構)大きくなっていました。
しかも奥さんのいる場所が視界の隅に入っていたので、大きくなったあそこは奥さんからも見えているはず・・・。
そう考えるとますます興奮してきてしまって、さらに大きくなってしまいました。
それでも上に向いたおちんちんから、ちょろちょろと何とかおしっこをしました。
もちろん振り返っては見れませんでしたが、奥さんはそれを凝視しているようでした。

出し終わり、奥さんに促すと・・・。

奥さん「え・・・どこでしよう?」

私「奥だと虫がいるかもしれないから、この辺りでしたら?」

街灯の明かりが届く少し隠れた場所を指すと・・・。

奥さん「じゃあ、誰か来ないか見ててね」

奥さん私に背を向けてスウェットのパンツを下ろし、しゃがみ込みました。
憧れていた白いお尻が目の前に晒されます。
私は思わず奥さんの真後ろにしゃがみ込んで、憧れのお尻を凝視していました。
暗くてさすがにアソコの茂みまでは見えませんが、なかなかおしっこは出ず、必死に出そうと頑張っているせいか、奥さんのアナルがヒクついているのが少しだけ見えました。
もうここまで来ると興奮を抑えきれず、私はそっと近づき、「手伝いましょうか」と言ってお尻を触りました。

奥さん「あ・・・、だめ・・・」

そう言いつつ、アソコに手を伸ばすとしっかり濡れていました。
指をすっと入れて中を掻き混ぜると、声を押し殺して喘いでいました。
前から手を股間に差し込んでさらにアソコの奥を指で責めると・・・。
奥さんはまるで潮を吹くようにオシッコを噴出させました。

ビショビショのアソコにいきり立った愚息を挿入しました。
激しく出し入れすると、すぐに絶頂を迎えそうになりました。

奥さん「だめ、中には出さないで」

慌てて引き抜くと、エロい液で汚れたおちんちんを優しくフェラされて、あっという間に口でイカされてしまいました。
少し気まずくなって、お互い手を洗ってテントへ引き揚げました。

テントに入ると妻が起きていました。

「遅かったね」と言われて思わずドキッとしましたが、「大だったから・・・」と言って寝ました。

翌朝はお互い何事もなかったように朝食をとりましたが、洗い場で再び彼女と2人きりに。
何も言わずに食器を洗っていると、奥さんに軽くお尻を触られて、耳元で「また今度しようね」と。

キャンプがさらに楽しくなりそうです。