俺は高校1年生、友達に誘われ、夏休みにプールのアルバイトをしていた。

友達B「夏休み、暇だったら一緒にアルバイトしない?プールの監視員なんだけどさ」

俺「突然なんでプールの監視員?」

友達B「女の子を捕まえ放題らしいから」

俺「やる!」

俺は当時全くモテてなかった。
モテたくて仕方ない時期である。
友達Bと面接に行き、見事2人とも合格した。

プールのバイトはキツかった。
俺は泳げなかったため、担当していたのはスライダーの出発地点だ。
地上からの合図で客を順番に滑らせる。
一番辛いのは日焼けだ。
俺は色白だったため他の人より日焼けが酷かった。
太もも火傷のようになり、肩はヒリヒリと針を刺すような痛み。
辞めたいと何度も思ったが、女にモテたい一心で俺はバイトに行き続けた。

そんな中、同じチームに高校1年生の外見がタイプの女の子がいた。

(こんな可愛い子とエッチできたら幸せだろうな)って思ってた。

身長は160センチないくらいで、とても可愛いらしい顔立ち。
芸能人では思い付かないが、点数で言ったら80点ってとこだろう。
彼女の名前は『もえ』とする。

もえは誰にでも優しく、俺の日焼けも心配してくれた。
しかしあくまでバイト仲間、俺に好意を持ってるような素振りは全くなかった。
俺は毎日、もえの水着姿を見て悶々としていた。
プールはもうすぐ終わる。
夏休みの宿題は全くやってない。
もえとの進展もない。
そんなある日、もえとバイト先で話す機会があった。

もえ「お疲れ様です。今日も暑いですね」

俺「お疲れ様です。暑かったですね。汗が止まらないです」

いきなり話しかけられて俺は焦りながら答えた。
でも、会話が続かない。

もえ「今週の土曜日、◯◯の花火ですね」

『◯◯の花火』っていうのは、地元では大きな花火大会のこと。

俺「あ、行くんですか?」

もえ「花火は見たいんですけど、人が凄く多いじゃないですか、私、人混みが苦手で」

俺「人がいなくて花火が見れる場所を知ってますよ。良かったら一緒に行きませんか?」

もえ「本当ですか?じゃあ行こうかな」

そんな場所は知らない。
俺は嘘をついた。
あとで色々調べたが、そんな都合のいい場所がネットに載ってるはずもなく・・・。
必死に考えた結果、いいアイデアを思い付いた。
花火大会当日、待ち合わせ場所に早めに着くともえがいた。
ピンク色の浴衣姿である。
可愛いと素直に思った。
もえを連れて、ある場所に向かった。

もえ「本当にこっちなの?」

不思議そうだった。
なぜなら今向かっているのはアルバイト先のプールだから。
プールに到着して、灰皿を台にして柵を乗り越える。
誰もいない見慣れたプールサイド。
目指すはスライダーの出発地点である。
俺はアルバイトをしながら花火大会の会場が見えることに気付き、ここで花火を見ようと考えたのだ。
階段を上り、スライダーの頂点に着く。
まだ花火は上がっていない。
真っ暗な中、もえと会話する。

もえ「ここのこと、アルバイトする前から知ってたの?」

俺「いや、アルバイトしてからだよ」

もえ「悪だね?」

程なくして花火が打ち上がる。
綺麗に大きな花火が見える。
序盤の花火は単発でゆっくりと大輪を咲かせていた。

もえ「綺麗だね」

『もえの方が綺麗だよ』

そんな歯が浮くようなことは言えるはずなく、ただただ同意していた。
花火はフィナーレを迎えた。
俺は下心から、「もう少し話をしたい」と、もえに持ちかけた。
緊張して話は続かず、単発で終わる。
勇気を出して手を握り、キスをしようとした。
もえはすんなり受け入れてくれた。
順番は逆になったが、俺は告白をした。

俺「好きになりました。付き合って下さい」

もえ「・・・ごめん、無理」

(えぇーーーー!!!???)

完全に予想とは違う言葉が返ってきた。
キスもしたし、いけるだろうと思っていた俺は放心状態だった。

もえ「俺くんはいい人だと思うけど、付き合うとなると難しい」

その日は会話もないまま帰った。

アルバイト最終日。
今日でプールが終わることもあり、バイト仲間はお祭り気分だ。
最後のお客さんを送り出し、終礼で各グループのリーダーが挨拶をする。
この後は飲み会が予定されている。
店を貸し切りにして飲み会が行われる。

飲み会で若い子がどんどん潰れていく。
俺は両親が酒飲みのこともあり、酔っぱらいはしたが潰れることはなかった。
ふと見ると、もえが潰れて1人で机に突っ伏してる。
もえとは告白以来、ろくに話も出来なかった。
未練があり、酔っぱらっていたので様子を見に隣に座った。

俺「もえさん、大丈夫?」

もえ「気持ち悪い・・・帰りたい」

俺「水飲んだ?外に出る?」

もえ「出る・・・」

俺はもえの肩を抱き、外に連れ出した。
途中で先輩に、「お持ち帰りか?」と冷やかされた。

外に出る。
もえはまだ気持ち悪そうだ。
もう電車はない。
目の前に見えるのはラブホ。
先輩の言葉が脳裏に過った。

俺「もえ、横になる?」

もえ「・・・」

反応がない、このまま寝そうだ。
そのままラブホに連れて行く。
ラブホに着き、ベッドにもえを寝かせる。
冷蔵庫を開けると無料のお茶のペットボトルが入ってる。

俺「これ、飲みな」

もえ「ありがとう」

そう言ってお茶を1口飲み、俺にペットボトルを返すと、また仰向けにベッドに倒れこんだ。
酔っ払ってたこともあり理性が働かず、俺はもえに覆い被さった。
キスをするが反応はない。
胸を触るが反応がない。
俺はそのままの流れで服を脱がせようとした。
初めて反応があり、拒否をされた。
ラブホに来て、酔っ払ってるし、やりたくて仕方ない俺は頼みこんだ。

俺「お願いします」

もえ「ダメだよ・・・」

どうしてもやりたかった俺は、ベッドの上で必死の土下座をした。

俺「どうしてもお願いします」

もえ「・・・」

返事がなかった。
答えを確かめるために、ゆっくりと服に手をかけた。
拒否はなかった。
もえは仰向けで目を瞑っており、寝てるのか起きてるのか分からないが俺は続けた。
もえのブラを取ると夢にまで見たおっぱいと対面することができた。
舐めると、もえが微かに声をあげる。
そのまま下を脱がしたところで・・・。

もえ「お願い、電気消して」

起きてたことに安心して、電気を消した。
もえは処女ではなかった。
朝、俺達は会話も少なく、近くのジョナサンで朝飯を食べて帰った。
もえとはその後、会うことはなかった。