梅雨も中盤にさしかかった6月下旬の土曜日。
私は業界イベントの手伝いにかり出され、普段より30分ほど早く最寄り駅に向かって歩いていました。
人もまばらな駅前の広場にさしかかったとき、反対側から1人の小柄な少女が歩いてくるのに気が付きました。
少女の佇まいに何か違和感を感じ、その娘から目を離せなくなった私は、彼女との距離が50mほどに縮まったところで違和感の正体を悟りました。

白ブラウスに緑のリボン、灰色のグレンチェックのスカートを身に纏った彼女は私立中学の生徒さんでした。
背丈は145cm前後と低めです。
制服姿でなければ小学生にしか見えません。
おかっぱ頭に銀縁メガネ、学校指定のバックの大きさばかりが目立つ、どこにでもいる地味で幼い中学1年生です。

彼女と普通の中学生とを大きく隔てているもの、それはブラウス越しにもその発達ぶりが容易に見て取れる、大き過ぎる胸でした。
華奢でたぶんに固さの残る直線的な中学生のカラダのラインには明らかに不釣合いな巨乳。
推定でアンダーバスト60cm、トップバスト88cmのHカップ、ウエストは53cmほどでしょうか。
スカートの中にブラウスの裾がたくし込まれているので、真横から見ると形良く突き出たボリューム満点の乳房が遠くからでも丸わかりです。
成年コミックでありがちな、『子供のくせにおっぱいが大きい』巨乳少女キャラそのものでした。
残念ながらそれ以上の追跡は仕事の関係で不可能だったので、少女との遭遇時間と乗車方向を記憶して、週明けの彼女との再会を勝手に誓ってみました。

月曜日の朝を迎えました。
駅に着いた私は逸る気持ちを抑えるのに一苦労でした。
改札口の前で今や遅しと彼女が現れるのを待ちました。

(来た!あの娘だ)

平日は人が多いので、小柄な彼女はすぐ人混みに隠れてしまいます。
私はひと足先にホームに向かう階段を下りて、彼女がホームにやって来るのを待ち受けました。
やがて嬉しいことに彼女が小走りに階段を下りてきてくれました。
ボイン!ボイン!と白ブラウスの胸が、重量感たっぷりに上下に弾んでいます。
およそ子どもには似つかわしくないデカ乳が、まるでこちらを誘うように悩ましく、重たげに揺れています。
しかし、あれほど大きな乳房をこれでもか!と弾ませていながら、手で隠したり、押さえたりなど他人の視線意識した仕草が一切見られません。
無論中学生が確信犯的に巨大バストを周囲に誇示する理由もありません。
少なくとも現時点では彼女が自分の乳房から滲み出ている匂い立つようなエロチシズム、そしてそれに吸い寄せられる数多の遠慮の無い視線を全く意識していない可能性が出てきました。

いくら中学1年生であっても、これほどの巨乳の持ち物でありながら、そのことにこれほど無頓着な女の子は稀有な存在と言わねばならないでしょう。
もしかすると、彼女が自らの乳房の持つ性的な価値を知るまでの、ほんの僅かの期間だけのことかもしれません。
私はこのタイミングでの彼女との出会いを神に感謝せずにはいられませんでした。

ホームに着くと、彼女はおもむろに鞄から参考書を取り出して熱心に読み始めました。
(後でネットで調べてみたところ、彼女の通う学校は早慶に毎年数十人を送り込む中高一貫教育の女子校でした)
すかさず接近して、至近距離から彼女を観察しました。
バストを別にすると、まず目についたのは、幾重にも捲り上げられたブラウスの袖でした。
3回以上捲って手首の位置ですから、袖が相当長い、すなわちブラウスそのものがかなりのオーバーサイズだということになります。
このことからも、彼女が胸回りで着る服を選ばざるを得ないほどの並外れたバストの持ち主であるということが判ります。

ただブラウスの鳩尾あたりに少なからず弛みが生じることは避けられないため、バストとウエストの落差が判然としないことが残念でなりません。
ジャストフィットな服を身にまとい、ロケットのように飛び出した美しい膨らみも露わに、周囲の視線を独り占めする中学生の姿をついつい妄想してしまいます。
それにしても140cm台の低身長ボディにHカップ超の爆乳。
既製品のブラジャーで合うものがあるのでしょうか?
オーダーメイドなのでしょうか?

あれやこれやと妄想を逞しくしているうちに、ホームには本線とは別に乗り入れの地下鉄が入ってきました。
彼女はこの電車に乗るようです。
快速、通勤快速、急行、特急などに比べ、準急レベルのこの電車はかなり乗車率が低いのですが、それでもラッシュ時には乗客同士の身体の接触は避けられません。
ギュウギュウ詰めの車両よりも私の好みと言えます。

さりげなく彼女の後ろに並び、続いて電車に乗り込みます。
彼女は混み合う車内を扉から2mほど真っすぐ進んだところで立ち止り、扉側に向き直ると、先程から肩に持ち手が食い込んで、見るからに重たそうな学校指定のバッグを開いた両脚の間にドスンと置きました。
引き続き車内でも彼女は参考書を読んでいます。
あいにく右手の参考書が右胸をガードする形になるので、狙いをガラ空きの左乳に絞ります。
私も彼女の前で扉側に向き直り、彼女に背を向けながら右半身が彼女の左半身に重なるよう横方向にポジションをスライドさせました。

乗降客の流れに押される振りをしながら、少しずつ後ずさりしていると、ふいに右肘にムニュっと、得も言われぬ感触が伝わり、同時に肘がほんわかとした温もりに包まれました。
その瞬間、私の脳内に痺れを伴う強烈な快感が一気に溢れ出しました。
ファーストタッチで半端な量ではないことが判りました。
大容量のブラジャーのカップに、メロンほどの大きさの重たい乳房が溢れんばかりに収まっています。
こちらからの押し込みに対して、少女の乳房は心地の良い反発力で私の肘を押し返してきます。
思い切ってかなり深くまで押し込んでみたのですが、肉質にはまだかなり余裕があるようでした。
まだ中1だというのに、恐ろしいまでの発達ぶりです。

私は少女のバスト部分のブラウス表面に肘をゆっくりと滑らせていきました。
カップのやや固い感触と一緒に乳房の柔らかさが伝わってきます。
その豊満な輪郭をなぞるように外縁部をじっくりと撫で回した後、電車の揺れに合わせながら、ツンと尖った膨らみの頂きをグムグムと肘を使って押し潰していきます。

通常ここまであからさまにやられたなら、巨乳娘ならずとも腕やバッグを使って防御するのが普通の反応ですが、この娘はまるっきり無防備でした。
当初この娘の立ち居振舞いから導き出した限りなく願望に近い仮説が、見事に裏付けられる結果となりました。
早熟かつ発育し過ぎた肉体と、肉体の発達に追いついていけていない未発達な性意識。
肉体と精神の不均衡こそ、まさしく多くの成年マンガ作品がこぞってモチーフとし、理想的なヒロインの属性としてきたところではなかったでしょうか。

少女の反応は、ほぼ私の予想した通りでした。
乳房に見知らぬ男性の腕が当たっているというのに表情ひとつ変えません。
飛び出た乳房の先端部が潰れるほどに肘が押し当てられていても、少女は淡々と参考書に目を落としています。
恐ろしいほどの無防備です。

機は熟しました。
私は右半身が彼女の左半身に被るようにして彼女に背を向けて立っていましたが、電車が駅に停まっているとき、おもむろに右足を支点として時計回りに90度身体を回し、ちょうど少女に横顔を見せるような向きにポジションを変えました。
ミサイルのようにえげつなく突き出たブラウスの胸が彼女の呼吸に合わせて緩やかに上下しています。
もはや互いの息がかかるほどの至近距離です。
あとほんの少し手を伸ばして、目の前で上下に揺れている異常発育した巨大な肉塊を、有無を言わさず揉みしだきたくて堪らなくなります。

私の右の腰にはたすき掛けにした黒のソフトタイプのビジネスバッグがぶら下がっています。
彼女と私の間にバッグが挟まる位置関係です。
ポジションを変えたときから、バッグの上端部が彼女のバストトップに軽く当たっています。
偶然ではありません。
彼女の身長から乳首の位置を割り出し、ベルトの長さをあらかじめ調節しておいたのです。
細工は粒々、仕上げを御覧じろ。

私は右手の指をバッグの上部にそっと乗せました。
電車が動き出した拍子に彼女が後方によろめきました。
体勢を立て直すべく彼女が前屈みになったその瞬間、カバンに沿えられた私の中指に彼女の豊満な乳房が無造作にムニュっと押し当てられました。
彼女の表情にいささかの変化も生まれていないことを確認した私は、さらに薬指と小指の背中を左乳房のまん真ん中にそっと押し当ててみました。
指の背側でのタッチでしたが、肘や腕によるタッチとは比較にならないほどの生々しい女体の感触です。
ブラウスの手触りやブラジャーのカップの硬さを通して感じられる乳房の弾力が、文字通り手に取るように指先に伝わってきます。

そしてなんといっても一番興奮したのは、中学1年生のものとしては異常発育としか言いようのない、たわわに実った巨大乳房の表面を、他でもない私自身の指が滑るように撫で回しているのを至近距離から眺めることが出来たことでしょう。
このような光景を見ながら、私は彼女のローティーンにあるまじき熟れた乳房の弾力を思う存分味わいました。
公衆の面前でいたいけな少女のあり得ないほど大きな乳房を弄ぶ背徳感たるや、他に並ぶものがないほどの悦楽です。

中指の背側で、はっきりとブラジャーのレース模様の縁取りを感じ取ることが出来ます。
カップの縁に沿って指を南下させれば、2つの膨らみの谷間を指の背がなぞります。
そこはブラジャーが介在しない、私の指と彼女の乳房の間を隔てるのはブラウスの薄布一枚、限りなく生に近い乳房の感触が味わえる場所でした。
下乳部に潜り込ませた手の甲で片方の乳房を押し上げてみると、心地の良い重みがずっしりと伝わってきました。