俺が24歳の頃の話。
友達は22歳(高校の部活の後輩)で、友母は40か41歳。

友母は綺麗系な顔立ちで小柄。
華奢な割におっぱいはそこそこある、レベルの高いおばさん。
そんな女性の息子だけあって友達もイケメン。


で、俺は高校の頃から友の家に遊びに行くようになって24歳の当時もちょくちょく遊んでいたわけ。
友母とは軽い世間話をする程度だったけど、普通に綺麗なおばさんだから心の中で、(余裕でヤレるなぁ)なんて思ってた。

そんなある日、友母からメールが来た。
もちろんメアドなんて教えてなかったし、友母とメールなんてしたことがなかったから驚いた。
メールには以下のことが書いてあった。

・友の携帯をこっそり見て俺のメアドを知ったこと。
・相談があること。
・俺に連絡したことを友には言わないで欲しいこと。

俺は『わかりました。相談ってなんですか?』的なことを返した。
何度かメールのやりとりをして、後日近所のカフェで会うことになった。
なんの相談かはメールでは教えてくれなかったが、なんか深刻な悩みっぽかった。

当日、約束の時間より少し早く着くように家を出た俺だったが、友母はそれよりも先に来て待っていた。

友母「ごめんね俺君、急に呼び出しちゃって」

明るい声だったが、無理をしてる感じが容易に見てとれた。
で、30分くらい話した結果、相談というのはお金を貸して欲しいということだった。
それも100万円。
俺は高卒で働いててコツコツ金貯めてたから、当時貯金が300万弱あった。
特に使い道もないから100万貸したとしてもすぐに困るようなことはないんだが、それでも額が額だ。
いくら仲の良い友達の母親だからって、「はい、いいですよ」なんて簡単には言えない。
それに加え、何に必要な金なのか理由は言えないって言うし、いつ返せるかもわからないと言う。
さすがに困った。

友母「なんとか貸してくれない?」

俺「うーん・・・でも・・・」

友母「お願いっ」

俺「うーん・・・」

しばらく同じようなやりとりをしていたのだが、困った表情の美人を見て、俺はふと思いついてしまった。
悪魔的思考!

俺「借りる理由も言えないし、いつ返せるかもわからないんですよね」

友母「うん・・・」

俺「友母さんが逆の立場だったら、そんな人に100万もの大金を貸せますか?」

友母「・・・その・・・貸さないと・・・思う・・・」

俺「ですよね。うーん困ったなぁ。正直貸したい気持ちはあるんですよ。友は大事な友達だし、そのお母さんが困っているなら助けてやりたいって気持ちは当然あります。でも、やっぱり額が額だから・・・」

友母「そう・・・だよね」

諦めそうになったその時、俺は仕掛けた。
こっちの希望をちらつかせたのだ。

俺「でももし僕が100万円を貸したとしたら、それで今の問題は綺麗に解決するんですか?」

友母「え?うん・・・大丈夫・・・だと思う・・・」

俺「・・・わかりました。友にも友母にもお世話になってるし・・・お貸しします」

友母「えっ本当?!俺君ありがとう!本当にありがとう!」

死にそうなほど暗かった顔が、一瞬でぱっと明るくなった。
で、嬉しくてなのか安心したのか知らないが、友母は泣いてた。

俺「いえ、いいんです。でも一つだけ言いたいことがあります。100万もの大金を貸すのは、やっぱりかなりリスクがあります。だから・・・」

友母「だから・・・?」

俺「俺、ずっと友母さんって綺麗な人だなーって思ってたんですよ。だからその・・・この意味、わかりますよね?」

友母「え?えっと・・・うん。でも・・・私、おばさんだし・・・」

俺「そんなの関係ないですよ。あ、先に言っておきますけど、これは別に強要してるわけじゃないですからね?」

友母「う、うん、わかってる・・・」

俺「いいんですね?良かった。それじゃあおばさんは今日から僕にお金を全額返すまで、何でも言いなりになってもらいます」

友母「言いなりって?」

俺「嫌ならいいんですよ」

友母「・・・っ・・・ううん、わかった・・・」

俺「わかったじゃなくて、『わかりました』ですよね?」

友母「・・・わかりました」

俺が主導権を握った瞬間である。

その後、カフェを出てその足で銀行に向かい、100万円を渡して契約は成立した。
その日はその後に予定あったので別れた。

後日、友母と連絡を取り、俺の家に来てもらった。

俺「今から僕の命令を聞いてもらいますけど、いいですね?」

友母「うん・・・」

俺「うんじゃなくて、『はい』。これから僕と2人きりの時は敬語で喋ってください」

友母「はい・・・」

俺「それじゃあ・・・そうだな・・・僕、ずっとおばさんのおっぱいを見たいと思ってたんですよ。てことで、服を捲り上げて見せてください」

友母「・・・はい」

いざ命令されると戸惑っていたようだが、友母は言う通りにした。
服が下から上へと捲られ、ピンク色の下着が現れ、華奢な割に大きな胸の膨らみが露わになった。
おばさんとはいえ、こんな綺麗な人が自分の言う通りにして胸を見せている。
その事実が俺を恐ろしいほどに興奮させた。

俺「ブラとって」

友母「はい・・・」

後ろに手を回してホックを外すと、ゆっくりとブラを離した。
少し垂れ気味だが形のいい膨らみで乳首は薄い茶色だった。

俺「うわぁ・・・すごいエロいですね。このエロい胸で何人の男を虜にしたんですか?」

友母「わかりません・・・」

俺「ふーん、まあいいです」

俺は本能に任せて友母の胸にむしゃぶりつき、揉みしだいた。
最高に至福の時だった。

ジュル、チュパッ・・・。

俺「ああっ、おばさんのおっぱい、すごい美味しいですよっ、チュ、チュウゥッ、はぁっ」

わざと唾液でべちゃべちゃにした。
むしゃぶりつきながら友母の手を俺の股間に導き、ズボンの上から触らせた。

俺「最高ですよ、おばさんのおっぱい!おばさん、舌出してっ、ほら、もっと!」

友母「んっチュっハァっチュプッんはぁっ!」

友母に舌を出させると俺はそこにもむしゃぶりつく。
チュパチュパといやらしく音を立て吸いつき、絡ませる。
自分の舌も友母の口内に侵入させ、めちゃくちゃに犯す。
しばらく口内と胸を楽しんだ後、次なる命令を出した。

俺「おばさん、ちんこしゃぶってくださいよ。僕がここに座るからおばさんはそこに跪いてね」

ベッドの縁に座り、友母には床に膝立にさせた。

俺「ほら、何してるんですか?おばさんが僕のちんこ出してしゃぶるんですよ、早く!」

友母「は、はいっ・・・」

友母は俺のズボンのベルトを外し、チャックを下ろし、最後にパンツをずらすとちんこが露出した。
もちろんフル勃起状態だ。

俺「『おちんぽ頂きます』って言ってから舐めてくださいね」

友母「・・・お、おちんぽ・・・頂きます・・・っ・・・チュ・・・」

目の前で俺のちんこをおっぱい丸出しで咥えてる友母。
最高だった。

俺「僕のちんこ、美味しいですか?」

友母「は、はい・・・美味しい・・・です・・・」

俺「ははっ、最高ですよ!ねえ、オナりながらしゃぶってくださいよ!」

友母「えっ・・・それは・・・」

俺「いいから早く!」

語尾を強めて威圧的に言い、オナニーを強要した。

友母「は、はい・・・」

俺「脚を開いてパンツに手を突っ込んでやるんですよ」

友母は俺の言う通り、しゃがんだ状態で脚を大きく開き、パンツが丸見えになる格好で下着に手を入れ、弄り出した。
しばらくフェラとオナニーを堪能した俺は一旦フェラをやめさせて友母の下着の中に手を突っ込んだ。
すると・・・そこはビショビショに濡れていた。

俺「おばさん、息子の友達のちんこしゃぶりながらオナってまんこが濡れてますよ?変態ですね!」

友母「んっ・・・やめて・・・っ・・・そんなこと言わないで・・・」

俺「事実なんだから認めてくださいよ。ほら、『私は息子の友達のおちんぽを舐めながらオマンコを弄って感じてしまう変態です』って言ってくださいよ」

友母「ん・・・違う・・・っ」

俺「100万貸したの誰でしたっけ?」

友母「・・・わ、私は・・・息子の友達の・・・お、おちんぽを舐めながら・・・オマンコを弄って・・・感じてしまう・・・変態・・・です・・・」

俺「そうそう、初めから逆らわずに言えばいいんですよ」

泣きそうになってる友母を見て可哀想に思うどころか、むしろ興奮して歯止めがきかなくなっている状態だった。
しばらく友母の下着の中に手を突っ込んでまんこを指でクチュクチュと犯した後、有無を言わさず下着をずり下ろした。

俺「いいですね?」

友母「ん・・・ゴム・・・ゴムを付けてください・・・」

俺「ちゃんと付けますよ。もしも子供ができたら大変ですからね。本当は生でおばさんのオマンコを堪能したいんですけどね」

用意しておいたゴムを手早く付けた。
痛いくらいに勃起していた。

俺「壁に手をついてお尻をこっちに向けてください」

友母「・・・はい」

服従したポーズ。
最高にエロくてずっと眺めていたいほど。
めちゃめちゃにしてやりたくなって後ろから胸を強めに揉みしだき、腰を掴み、狙いを定めると一気に挿入した。

友母「んぁあっ!」

俺「ああっ!最高ですよ!おばさんのオマンコ!!」

絶妙な締め付け感。
こんなに興奮したことはなかったと思う。
もうめちゃくちゃに腰を振った。
ピストンするたびに友母の吐息が漏れて俺をさらに昂らせた。

俺「ハアッハアッ!『オチンポ最高です』って言え!『もっと下さい』って言え!!」

興奮のままに乱暴な言葉で命令した。

友母「あんっあぁんっ!俺君のオチンポ最高ですぅ!もっと下さいいぃ!!はぁぁんっ!!」

友母も興奮しているのか色っぽい声で喘ぎ、俺の動きに合わせて自ら腰を振っていた。
元々早漏な俺は数分で限界が来た。

俺「あっああっイクッ!!おばさんの変態マンコでイッちゃう!!ああっく、あああああっっ!!!」

腰を突き出して奥にブチまけた。
正確にはゴムの中だけど。

友母「あっ・・・はぁっはぁっ」

数回脈を打ち、その度に大量の精液を放ち、全てを出し切るとちんこを抜いた。
友母はその場にぺたんと座り込み、荒く息をしていた。

俺「まだ終わりじゃないですよ。ゴムをとって僕のチンポを口で綺麗にしてください」

友母「・・・わかり・・・ました」

友母の前に立ち、ちんこを目の前に持っていくと、友母は言われた通りゴムを外し、精液で濡れたちんこを口で舐めて掃除をした。

俺「これからは、した後は僕が何も言わなくても口で綺麗にすること。わかりましたか?」

友母「チュ・・・ふぁい・・・わかりまふぃふぁ・・・っ」

俺「今日はもう帰っていいですよ。また呼びますので、その時はよろしくお願いしますね」

友母「はい・・・」

乱れた服を整えて友母は帰って行った。