小4の時に告白されたんだ。
隣の席の子だった。
名前はミキちゃん。
放課後に呼び出されて、給食を運び出すとこの前で告白された。
俺は嬉しかったから、「俺も好きだよ」って言った。
でも、しばらくなんにも変わらなかった。

それから学校でキスを求められたりしたが恥ずかしくて断ってた。
班のみんな(6人くらい)でクリスマスパーティーをしたり、自転車でどっかに出かけたりしてた。
年が近い女の子と遊ぶのなんて初めてだったと思う。

バレンタインデーにチョコを届けてくれたりするようになり、お互いの家も把握した頃、ミキちゃんが俺の家に遊びに行きたいと言い出した。
俺は暇だったのでOKしたが、2人で何して遊んだらいいか判らなかった。

放課後にミキちゃんが自宅にランドセル置いてから俺の家に向かうということだった。
家はかなり遠かった。
だから自転車を使ってきたんだと思ったがあんま覚えてない。

自宅に招き入れた俺はとりあえずリビングでクレしんの映画を観るか、ゲームで遊ぼうと言った。
ミキちゃんはゲームはやらなかったので、クレしんの映画を2人で観てた。
途中でお袋が帰って来て、ミキちゃんは挨拶した。
お袋は、俺が初めて女の子連れ込んだのでびっくりしてた。
これが不幸のスタートだった。

映画が終わってから気まずい空気。
話す話題がない。
するとミキちゃんは突然、俺の部屋に行きたいと言い出す。
和室なので恥ずかしいと言ったが、ミキちゃんはどうしてもと言うので、しぶしぶ部屋に移動した。
ミキちゃんは俺の部屋をディスらなかった。
気を遣ってくれたんだと思う。

「漫画でも読む?いっぱいあるよ」と勧めたが、読まないと言う。

音楽も流さなくて良いという。
俺の部屋って、あとは携帯ゲーム機くらいしかない・・・。

するとミキちゃんは俺の方に唇を向け、目を閉じる動作をして、ずーーーっと固まってた。
キスを求めてると思ったので、1分くらい迷ったが軽く触れた。
俺のファーストキスだった。

キスが終わり2人で照れてると、「タカヒコ君は、おっぱいとか興味ある?」と言ってきた。

俺は正直興味あったので、「うん」と答えた。

手を掴み、ぐいっとおっぱいに当ててきた。
小さかったが、初めて触るお袋以外のおっぱいに、俺のちんこはヘソまで反り返った。
(当時はみんなそうだったよね)
それから流れで生で乳をもみもみした。
ブラはしてなかった。

ミキちゃんが、「吸っていいよ」と言うのでチューチューと吸った。

舐めたり噛んだりはしなかった。
正直、(ミルクが出ないのに吸ってどうすんだろう?)と思ったが吸った。
ここまでで分かったと思うが、俺はエロ本すら読んだことがなかった。

おっぱいにも飽き、口を離してまた無言。
ミキちゃんは俺のテントを指差して、「それ見たい」と言ってきた。
俺はおっぱいのお礼だと思っておちんちんを見せた。
ミキちゃんはおちんちんの扱いを知っていて、手で輪っかを作って上下に擦ってきた。
ちょっと痛かったが、ミキちゃんのプライドを傷つけたくなかったので我慢した。

それが終わってから、ミキちゃんは、「まんこ見たい?」と聞いてきた。
友達の妹とか女風呂とかで見慣れてたので別にいいかなと思って返事をしなかったが、ミキちゃんは見て欲しいのか、自分でスカートの中に手を入れてずりっと下げた。

「いいよ。見て」

正直、別に見たくもなかったが、見たらおしっこみたいのでびちゃーーって濡れていた。

(シーツが汚れる!)

そう思って、慌ててティッシュで拭いた。
まんこにはちょろっと毛が生えてた。
俺はまだツルツルだったと思う。

「おしっこしたの?」と聞くと、「これはおしっこじゃなくて、気持ちいいと女の子はおつゆが出てくるの」と説明してくれた。

ミキちゃんは、「まんこに触って」と言ってきた。
汚いと思った(←全然目覚めてない)。
精通もまだだった。

しかし俺は気を遣って、指でまんこをグリグリとやった。
広げて見たが何が何やら判らなかった。
どんどんおつゆが出てきた。
シーツに落ちるのをティッシュでガードしながらグリグリした。
俺は女の子のあそこは大事なとこだから弄っちゃいけないと聞いていたのでやめようと提案した。
(俺は親の言うことを聞く良い子だった)

その時だった。
ガチャっと玄関が開く音がした。
俺はミキちゃんにスカートをちゃんと穿いて誤魔化すように指示。
ドタドタと足音は俺の部屋に近づいてきた。
和室なので横にスーーーっと扉が開く。
やはりお袋だった。
お袋は俺が女の子とエロいことしてるんじゃないかと不安だったようで、急いで戻って来た感じだった。

「何してんの?」と聞いてきたので、「漫画を読んでた」と答えたが、一向に出て行かない。

「部屋から出て、リビングで遊びなさい」と言うのでしぶしぶ従った。

その時、布団に隠してあったミキちゃんのパンツが見つかってしまった。
ちょっと長いので簡単に書くと、お説教になって、「もう部屋に入るのは禁止」となった。
お袋は、また出かけると言って出ていった。

ミキちゃんはお袋が怖くないらしく、「また部屋に行こう」と言い出す。
俺は怖かったので、「それは無理」って断った。
これでエロいことは終了かと思ったが、ミキちゃんはまたパンツ脱いで、「舐めて」と言ってきた。

(は?まんこ舐めるとかマジかよwwww汚えwwwwww)

と思ったから、それはさすがに断った。
ミキちゃんは俺のまた勃起したおちんちんを見ると、「脱いで」と言った。
2人でまた性器を見せ合う形になった。

「セックスって知ってる?」

ミキちゃんが聞いてきた。
俺は保健系の本で読んだことがあったので、「まんこにちんこを入れるんでしょ?」と聞いた。
そしたら、「それをやってみようよ」とか言い出すミキちゃん。

俺は「赤ちゃんができちゃうからダメ!!」と言ったが、ミキちゃんは「真面目すぎてつまんなーい」と冷めたい顔をされた。

それにカチンと来た俺は、台所に行って小さいビニール袋を持って来た。
(一応コンドームの知識はあったが、そんなもの持ってなかった)

「これでやる!!!!」

俺はそのビニール袋でおちんちんを包んだ。
そしてミキちゃんのヌレヌレまんこに入れようとしたが、ビニールのせいなのか半分くらいでストップしてしまった。
ミキちゃんが家の洗面所に行き、色々探して戻ってきた。
手にはベビーオイル。

「これを使おう!!!」

そう言って、ビニールに塗り塗り。
そんで、ずぷーーーーーと挿して、2人で必死に腰を振った。

前にも言った通り、俺は精通がまだだったので射精はしない。
ミキちゃんのほうも、いつ終わっていいか分からず・・・。
たぶん10分は頑張ってたと思う。
そのとき俺はタブーを口にした。

「初めてなの?」

そしたらミキちゃんはなんと、隣のクラスの2人と経験があると言ってきた。
そういえば、そいつらが「マンコって舐めたことある?」とかしゃべってたのを記憶している。

「俺のことを好きだって言ったじゃん!」

俺がそう言うと、そいつらのことも好きだと言う。
俺はビニールで包んだおちんちんがまんこに挟まった状態で泣いた。
ちんこは萎えて自然に抜けた。

その時だった。
お袋がまた玄関から入ってくる音がした。
お互い裸だったので間に合わなかった。
当然長い説教を食らったが、幸いにもミキちゃんの家には連絡はいかなかった。