<一応スペック>
男、20歳です。
顔:下の上。
体型:普通。
身長:160センチのチビです。
日常的に会話やメールをする女友達の数:0人。
男女交際経験:0人。
キス経験:素人の人数、0人。
性経験:素人童貞ってやつです。
平常時チン長:6センチ。
勃起時チン長:13センチ。
包皮状態:いわゆる火星人です。

今日は某AVメーカー、S◯Dさんの撮影でした。
夏にあるサイトで、『S◯Dが童貞募集中www』みたいなのを見つけて、興味本位で応募しました。
それには落ちたんだけど、2週間ぐらい前にS◯Dの制作部の方からメールが来て、出てみないかということでした。
飛びつくようにそのメールに返信するとすぐに返事が返ってきて、面接をしたいとのことで、その次の日に面接を受けました。
面接では色々なアンケートを書かされました。
その後、免許書と一緒に写真を撮ってもらいました。
面接の結果はすぐに出るとのことで、すごくわくわくしながら結果を待っていました。
結果が出たのは1週間後だったと思います。
なんとか合格とのことで、撮影日を教えてもらいました。
しかし、撮影の前に性病検査を受けなければならないとのことで、すぐに最寄りの保健所に行き検査を受けました。

そして、ついに撮影日(今日)が来ました。
待ち合わせ場所に30分前に着いてしまい、暇だったので音楽を聴きながら近くをウロウロしていました。
近くに同業者っぽい方を2人見かけたのですが、気がつくと消えていました。
時間になって集合場所に行くと、先程の2人と、僕が面接してもらった人がいました。
そこで心得とアンケートをもらいました(性生活に関するアンケート)。
アンケートは撮影に必要だとのことでした。
内容は省略しますが、色々聞かれました。
集合時間ギリギリになって最後の1人かと思われる方が来ました。
彼はギターを背負っていたので、『バンドマン』とします。

しばらくすると弁当を受け取り、一番最初の人が知らされました。
最初はバンドマンでした。
彼がシャワーを浴びて部屋に戻ってきてから1時間ぐらいしてから彼が呼ばれました。
やっと撮影スタートです。
時間はすでに3時を過ぎていたと思います。
彼が撮影している間は地獄でした。
隣から色んな音が聞こえてきます。
それで部屋の中にはむさい男が3名・・・。
色々辛かったです。

しかし残りの2人はなかなか気の合う人でした。
名前を1人は原子力に詳しかったので『原子』、もう1人を『ノッポ』とします。
彼らとは色々な話をしました。
原子からは原子力についてだったり哲学雑学だったり、ノッポくんは古本屋に勤めているとのことで、AVについての詳しいことを聞きました。
ちなみに僕はガンダムのことしか話せませんでした。

彼らと話して時計を見ると17時。
僕の撮影はまだ始りません。
30分ぐらいすると、バンドマンが撮影から帰ってきました。
バンドマンさんは絶倫らしく、2発もしてきたらしいです。

そして次の男優が知らされました。
次は私らしいです。
この次の男優が知らされてから1時間ぐらい待たされたと思います。
このときの気持ちは、クラウチングスタートのヨーイでずっと止められているような気分でした。
私が呼ばれたのは18時半ぐらいだったと思います。
呼ばれたのはいいのですが、スタジオみたいなところに入って、さらに20分ほど待たされたと思います。
座っていた椅子の正面に女優さんの衣装が置いてあって、すごく変な感じがしました。

そしてついに始まりました。
私は近くの大学の大学生という設定です。
色々なアンケートに答えるとプレゼントがもらえるという設定で、カウンセラーという設定の女優にカウンセリングしてもらい、私が童貞だと分かると筆おろししてもらえるという内容です。
恋人が今までいたことがなかったので練習をしようということになり、告白させられました。
女優さんは全部で3人いました。
告白する相手を選ばされたのですが、空気を読んで真ん中の人に告白しました。
女優さんの名前は伏せますね。
みなさん、そこそこ有名な方でした。

女優「急にキスしないでよぉ・・・。ドキドキしちゃうじゃない」

俺「・・・」

女優「胸がドキドキするの。触って」

みたいな感じで手を胸に持っていかれました。
すると女優の手が俺の胸の辺りを触り始めました。

女優「熱くなってきちゃったから上脱いでいい?◯◯君も上脱いだら?」

そう言われたので、上のジャンパーを脱ぎました。
女優もカーディガンを脱ぎました。
そしてすぐにワイシャツを脱がしてオッパイを揉みはじめました。
大きさは普通でしたが乳首が立っていました。

女優「指で優しく触って・・・」

指で軽く弄りました。
弄ると女優はちゃんと感じてくれたみたいで硬く尖ってきました。
しばらく上を弄ると下のほうも弄り始めました。

「よく見て」と言われたので、クンニもしました。

しばらくクンニしていると仰向けになるよう言われ、顔面騎乗をしてもらいました。
個人的には顔面騎乗が好きだったのでとても嬉しかったです。
顔面騎乗をしばらくしてもらった後は息子を弄ってもらいました。

いい感じになってくると制服姿の女優が「友達も呼ぶね」と言って、残りの2人の女優がそばに寄ってきました。
どうやら私は制服姿の女優の彼氏設定らしいです。
面倒くさいので制服をA、巨乳をB、もう1人をCとします。
しばらくAに息子を弄られながらBとCに乳首を弄られたり、爪で撫でられたりしました。
爪で撫でられるのがやばかったです。
Bからは乳首同士で擦られたりました。
いい感じになってくると、アナルをローション付きの手で攻められました。
これと爪のコンボはやばかったです。
すでに息子は臨戦体勢になっていました。

ゴムをつけてもらい、いよいよ挿入です。
Aの膣に入れさせてもらいました。
想像とは違いましたが、中は気持ちよかったです。
時間は分からないですが、女優さんがいっぱい動いてくれて、すんなりイクことができました。