俺は大学在学中は運動部所属で、割と真面目な学生生活を送っていました。
所属の学部は国立の理系で、あまり人数が多くない学部だったせいか、学部内の同級生は皆仲が良かった。
なので、俺が学部内のある女子のことを好きだったこともばれていた。
好きな人がいたので、告白されても全部断っていたけど、基本ヘタレだった俺は結局、好きな人にはアタックできずじまいだった・・・。

そんなある日、同級生の女子2人が夜遅くに部屋に訪ねてきました。
酒やらお摘みやら持参で突然にです。
1人は、背が170cmちょいと高くて、空手部所属。
もう1人は、背は低めで、文科系の飲みサークル所属。
2人とも結構可愛いかったです。

翌日は休みだし飲むことにしました。
飲んでると、やっぱり恋話になるw
俺の好きな人のことや、俺の恋愛のヘタレぶりを飲みのネタに弄られまくりました。
そういう話をしているうちに俺も酔っていたせいか、童貞であることがばれてしまいました。

「へー、そうなんだ」

「◯◯ちゃん(好きだった女子)の前の彼氏は、(セックスが)上手そうだよ」

「だったら、もし付き合えても困るんちゃう?」

「し、仕方ないだろ、誰だって経験無い時は無いんだから」

みたいな会話だったと思います。

「じゃあさ、免疫つけとかなきゃね、ほら、ほらほら」

なんと1人がシャツの前を肌蹴て胸を見せてきました。
(もちろんブラは着けてました)

「ちょっ、何やってんだよ!訳わかんねーことすんなってば!」

俺も酔っ払っていたせいか、しばらくじっと見てしまって頭に血が上りました。
もう1人は、しばらくは笑い転げながら見ていただけだったけど、その子も脱ぎ始めました。

「わっ!◯◯まで何やってんだよ!困るってば!」

もうその頃になると俺はパニックでおろおろしてしまっていた。
その時の2人の楽しそうな顔はよく覚えています。
俺は心臓がバクバクいってるし、想定外の出来事に本当にパニクってました。
俺は目を瞑って、その場を凌ぐことにしました。

「もうバッチリ免疫ついたからっ!もういいだろっ!」

「ウソばっかりー。顔真っ赤やん」

「あははは」

2人は目を開けない俺を激しくくすぐり始めました。

俺「うあははははは!ちょっ、やめってば!あははは!」

2人ともすごく楽しそうに笑いながらくすぐってきました。
どれくらいの時間か、そう長くはなかったと思いますが、くすぐりをやめてもらった時はすごい疲れて息が切れてしまってました。
その時、2人のうちの背の高い子が俺に覆い被さって来て、いきなりディープキスをされました。
びっくりしたけど、それまでくすぐられまくった体が思うように動かず、抵抗できませんでした。
そのまま抱きすくめられて何分かキスしました。
そして服を脱がされた時には、しっかりあそこは勃起してしまってました。
そのままその子に乳首やお腹を舐められました。
童貞だったので、もちろんこんな事をされるのは初めてです。
体が勝手にビクビク動いてしまいました。
すごく楽しそうな目で、その子が時々俺の顔を見てきたのがすごくエロかったです。
そうしてあちこち愛撫されまくった末、勃起したあそこを軽く握られました。

俺「うあっ・・・」

女「んふっ・・・」

そのまま軽くしごかれて、俺はもう息も絶え絶え。
すると、それまで見ていただけのもう1人のコ(ちっちゃい方)が俺の上に覆い被さって来て、彼女にもディープキスをされました。
キスのテクニックもなかったので、彼女の舌になんとか応じていましたが、突然勃起したあそこが温かいものに包まれる感覚がしました。
見えなかったけど、大きいコに咥えられたんだと思います。
温かい感触で包まれながら亀頭も擦られて、あっという間にイキそうになりました。

俺「んっ・・・んんんっ」

俺は小さい子にキスされながら、そのままイッてしまいました。
たぶん咥えられてから1分も持たなかったと思います。
全部出し終わるまで刺激され続けて、意識が飛びそうになりました。
で、その時には女の子は2人とも下着を脱いでいて、上に乗っていたコが俺の上から下りました。
自分の下半身を見てみると、さっきイッたばかりなのに、俺のあそこはギンギンに勃っていました。

女「イッちゃったね~」

俺は恥ずかしさで、真っ赤になっていたと思います。

女「もっと鍛えんといかんね。ふふっ」

大きい方のコがそう言って、ぐったりしている俺の上に乗ってそのまま挿入されました。

俺「えっ?うわ、ちょっと待って!」

入れた後、しばらくじっとしたまま俺の顔を見てきました。
もう1人の子は俺の足の指を舐めはじめました。

俺「ストップっ!汚いってば!」

女「ん、平気だよ。気持ちいいでしょ?じゃあ行くよ。今度は私も気持ち良くさせてね」

そして彼女は腰を前後に動かし始めました。
俺は泣きそうな顔をしていたかもしれません。
俺はさっきイッたばかりだというのに、すぐに射精感に襲われました。

俺「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・ね・・・ねぇ、もう少しゆっくり・・・」

女「え?2回目だからまだ平気だよね?」

彼女はそう言うとさらに激しく腰を動かし始めました。

俺「うわっ、ちょっ・・・ダメだって!」

ちっとも速度を緩めてくれず、彼女は軽く喘ぎながら容赦なく動き続けてきました。
俺は必死に我慢しました。
でも・・・。

俺「う・・・もう持たないよ・・・」

女「んふ・・・もうイキそう?」

俺「・・・うん」

2回目だというのにこんなに早く限界が来てしまったことや、女の子にいいようにやられっぱなしで恥ずかしかったです。
すると突然アソコが締め付けられて、彼女は激しく上下に動き出しました。

俺「えっ?わっ・・・やばっ・・・ちょっと待って!」

女「あはっ、イッちゃえ・・・イッちゃえ!」

俺「うわっ・・・はぁ・・・はぁ・・・だ・・・だめ・・・イク、もう我慢できない」

俺は快感から逃げるかのように無意識のうちに彼女の下で藻掻いていました。
でも彼女は俺の両手を押し付けながら覆い被さってきて、身動きが出来なくされてしまいました。

俺「はぁ!・・・っ・・・うぁぁっ・・・!」

そのまま俺はイカされてしまいました。