俺は大学のボディビルクラブに入っている。
まだ逆三角形まではいかないが、そこそこ誇示できる体に鍛えている。
名前はコウスケ、今2回生。
友人のカズキと児童交流ボランティアに参加している。

実は俺たちはかなりのホモで、しかも少年愛の持ち主なんだ。
もちろん女とも一応はセックス経験はあるが、性欲の対象は可愛い男の子。
ボランティアはよりどりみどり。
早速、とある児童施設の子供達とサマーキャンプの指導員として引率の手伝いの仕事が来た。
その施設は小学校高学年から中学生くらいまでだから、ひょっとしたら好みの男の子をゲット出来るかも。

当日、子供達は男の子が19人、女の子が17人。
結構可愛いのがいた。
キャンプ場でみんなで歌を歌い、踊ったりゲームしたり。
そして夕方からは軽いシャワーのあとでバーベキュー。
もうその時には可愛い男の子を、それぞれ目をつけておいた。

宿泊は期待通りのバンガローで、俺たち指導員2人に男の子2人。
後は子供達ばかりであちこちに点在するバンガローに分宿する。
運良く俺たちのバンガローは飛び切り離れた設備の整ったバンガローだった。
エアコン付き、シャワー付き、軽いキッチン付きで、まるで別荘みたいな建物だった。
子供達が来た。

「よろしくお願い致します、タケルです。中学1年生です」

「同じくツバサです。よろしくお願いします!」

きちんと帽子を取って挨拶してくる。
この2人は飛び抜けて可愛い美少年だった。
狙い通りの可愛い獲物だ。
俺たちは顔を見合わせて、これからの楽しみにワクワクした。

キャンプ場は山の中になるから、夏でもちょっと寒いくらい。
早く子供達を寝かすことから始めた。
カルピスを飲ませる。
もちろん睡眠薬入り。
冷たいカルピスを男の子2人は美味しそうにゴクゴクと飲み干す。
俺たちはバンガローの外をしっかり点検し、誰もいないことを確認して部屋に戻る。
もう2人はその場で倒れてぐっすり寝ている。
俺はタケル、カズキはツバサを抱き上げ、ベッドに横たえる。

ゆっくりと美少年の服を脱がす。
日焼けした小麦色のすべすべした肌。
白いブリーフをゆっくり脱がすと、健康なおチンチンが飛び出してくる。
まだ陰毛は少ないが、立派な亀頭は半分顔を出している。

「おい、飛び切りの上玉だぜ」

「おう、こっちもだ、上手そうなガキだぜ」

完全に爆睡しているから思うままで、早速に美少年の初物をいただくことに。
まずは俺たちのものにして、意識が戻っても言いなりにする。
それが一番のやり方だ。

ゆっくり俺たちも裸になる。
期待でチンチンは勃起して、先走りの粘液まで垂れている。
本当は生で犯したいが、一応ゴムをつけて、肛門性交用のヌルヌルゼリーをチンチンに塗る。
さらに肛門の中にはチューブ型の媚薬入りの油を流し込む。

「準備OK」

「こっちもOKだぜ」

全裸の美少年をゆっくりベッドから下半身だけ下ろし、ベッド脇にお尻を突き出して倒れ込んだバックスタイルにする。
こうすると肛門を犯しやすい。
指を入れて肛門の柔らかさや拡がりを確かめるとカチカチのおチンチンを宛てがい、ゆっくり差し込んでいく。
メチャ気持ち良い、すごい締まり!
柔らかい絡み付きが堪らない。
グイッと根元まではめ込んでピストンしていく。
あまりのキツさ、締まりの良さに早くも爆発しそう。
隣のカズキも同じスタイルでツバサ少年のお尻を犯している。
女と違い、チンチンの周りや奥への締め付けはないが、少年独特の柔らかい絡みと肛門の入り口のキツさは最高に気持ちがいい。

「おーい、堪らんわ、イクぜ」

「おう、こっちもだ、もう持たんわ」

2人して早くも射精。
ドクドクと精液がゴムの中に貯まる。
フウーッと2人とも美少年の背中にのしかかりながら呼吸を整え、ゆっくりおチンチンを抜く。

「交代」

「おう!」

男の子をそのままに俺たちは交代して新しくコンドームをつけて、俺はツバサ少年を、カズキはタケル少年を犯す。
コンドームを被せる頃にはおチンチンはまた完全に勃起している。
ツバサ少年のお尻を犯しにかかる俺。
ツバサ少年の肛門はさっきカズキにやられたのにしっかり閉じて、ピンク色の蕾に戻っている。
ゆっくりと硬いチンチンを嵌めこむ。
タケル少年よりも硬くて狭い肛門で、締め付けもキツい。
やっと根元まではめ込んで、ゆっくりピストン運動。
最高に気持ち良い。
ギュッギュッと締め付けて絡むお尻の肉が堪らない。
俺はすぐに射精してしまった。
また少年の背中に被さって、しばらく抱いて息を整える。

「こいつら、なかなか良い尻だな」

「堪らんな、とりあえず写真撮るか」

俺たちは交代で全裸の美少年が犯されている写真をたくさん撮った。
そのまま俺はタケルと、カズキはツバサと、全裸でベッドで絡み合って楽しんだ。

明け方、意識の戻った美少年たちは自分が全裸でお尻を犯されたのを知って驚いた。
しかも隣には指導員のお兄さんが全裸で自分を抱いている・・・何となく事情は飲み込めているだろう。

「おう、起きたか。昨日はお前、裸になって俺に『抱いて』とか『愛して』とか大変だったぜ。仕方ないから可愛がってやったけどな」
「えーっ、僕がですか?」

「『お兄ちゃん、お尻にお願い』ってな」
「仕方ないからおチンチンを嵌めてあげたら、お前、『いいよー、気持ちいいよー』って叫んで、何回も『して、して』って大変だったぜ」

「本当ですか?ちょっとなんかお尻が痛いというか変な気持ちです」
「まあせっかくタケルが頼むから抱いてあげたわけだし、これからも抱いてあげるけどな」

「うん、お兄ちゃんありがと、よろしくお願いします」
「とりあえず、朝の点呼までになんか食べようや」

「はい!」

俺たちは4人でパンと牛乳の朝食を摂った。
また交代でシャワーして、キャンプのスケジュールをこなしていった。
そしてまた夜になった。

「さあ、またたくさん楽しもうや」

「はい、僕たちも楽しみです」

その夜、俺たちはタケルとツバサにかなり大量の浣腸をした。
やはり生で犯したい。
お尻さえキレイなら、より気持ちよい肛門性交が楽しめる。
そしてあえて昨日は触れなかった、美少年たちのおチンチンを堪能したい。
美少年たちの精液を飲みたい。

その夜、美少年たちは2回も大量の浣腸をされてお尻をキレイに洗われて、俺たちに抱かれた。
俺はタケル少年、カズキはツバサ少年を抱いて、おチンチンを嬲り、お尻を弄り、美少年の若さ、ピチピチの肌や青い性欲を楽しんだ。
美少年にチンチンをしゃぶらせ、俺も美少年の硬いチンチンを舐めて、お互いに射精させて精液を飲み、そして可愛いお尻を何度も何度も犯し続けた。
お尻も感度良くなり、肛門性交されて、しっかり少年たちのおチンチンも勃起して射精するようになってきた。

キャンプが終わる頃には、もう2人の美少年はすっかり俺たちの性奴隷のような存在になった。
駅のターミナルで解散の時、俺たちを見上げる美少年たちの目は、すっかり俺たちに体を奪われた独特の目になっていた。

「また抱いてやるよ」

そう言って、サマーキャンプは終わった。