最近あったことをちょっと投下してみる。

俺は今、仕事の関係でロンドンに住んでいる。
ロンドンは聞いていた以上にひどいところで、例えば地下鉄の初乗りは3ポンド。
今のレートだと660円くらいはすることになる。
かといってサービスが良いわけじゃないっていうのがまた悩ましい。
まあ他にも生活してて色々な問題はあるが、大体は同じようなもん。
高くてサービス悪い。
まあこれは余談。

今住んでいるところも、当然日本に比べると高い。
でも地下鉄が通っていないところだから、そこそこ安くなっている。
バスで通わなければいけないわけだが、俺はバスは嫌いじゃない。
いつも使っているバスは2階建てなんだが、2階に座って、仕事の書類とかを見ながら街を眺めるのは悪くない気分だ。

この前、夜10時頃、いつものようにバスの2階の席に座って書類を眺めていた。
帰り道のことだ。
所要時間は大体30分くらい。
途中で隣に若い女の子が座ってきたが、そんなのはいつもあること。
俺は窓際の席で書類と外を見ていた。
書類って言っても臨床心理に関するもの。
日本人らしく、蛍光ペンでせっせと要点をなぞっていた。
あと5分くらいで自分の家の近くになろうかというころ、その女の子が不意に話しかけてきた。

「何をなぞってるの?」

あまりに突然のことでちょっとびっくり。

「仕事の書類だよ」と俺。

普通に返答。

彼女「ふーん。面白い?」

俺「面白くはないけど、まあ仕事だからね」

彼女「そっか」

何の盛り上がりもなく、その場は終わった。
ロンドンにいると、こういうことは時たまある。
バスで話しかけられるというのは初めてではなかった。

その会話から、ちょっと気になったので、その子を観察してみると、なかなか魅力的な雰囲気がある。
顔はちっちゃくて、例えるならクロエ・セヴィニーみたいな感じ。
背は155センチくらいだろうか。
細身で、黒いタイツを履いた脚がすらっとしていてエロい。

しばらくして、バスが俺の降りるところに着いた。
すると彼女もどうやら一緒に降りる様子。
バスを降りるとき、ちょっとだけ笑顔を交わす。
普段ならそこで何事もなく、家に帰る。
タバコを吸いながら。

が、その日は違ってた。
タバコに火をつけたとき、彼女が近寄ってきて、「火をくれ」と言ってきた。

「寒いね」と俺。

「うん」と彼女。

「飲みにでも行こうか?」

普段はこんなこと言わないんだが、このときは自然にそう言ってしまった。
返事も自然。
ごくごく当然のことを言われたかのように、「そうしよう」と彼女は言った。

タバコを吸ったまま、すぐ近くのパブに入る。
話を聞くと大学生だと言う。
専門の科目に何も興味が持てないのだと言う。
なるほど、「面白いか?」と聞いてきた訳が少しわかった。

その日は金曜の夜。
クラブに行こうかとクラブの外で列に並んでみたけど、ばかばかしくなって、気付いたらバスに乗って帰ってた、と彼女は言っていた。
自分が日本で大学生をしていた頃のことも思い出し、どこでもそんなに変わらないんだなと思い、彼女に共感を覚えた。
そこからは、お互いの境遇や気持ちなんかを話し、飲み始めたのは12時前だったが、気付いたら2時を回っていた。

さすがに帰ろうという話になって、パブを出る。
彼女は、「家はこっちなんだ」と、俺の家とは違う方向を指差す。
何も言わずにいたら俺の胸に飛び込んできた。
そして、「一緒にいようよ」と言われた。

俺の家に着き、ベッドに転がり込む。
キスをしながら、お互いの服や靴なんかを脱がせ合う。
安っぽいベッドのスプリングが、その日は気にならないくらいに荒々しく、あっという間に裸になり、抱き合う。
体温を確認しあうような感じ。

そこからは彼女主導。
手が俺のペニスに伸びてきて包み込む。
硬くなっているのを確かめ、笑顔を俺に見せる。
愛おしくなり、彼女の胸を触り、キスをする。
彼女の口から、「はぁ・・・」という息が漏れる。
息遣いだけで彼女も俺もお互いの快感を探り当てていた。

お互いの体を手で擦り、口で愛撫するうちに、自然と彼女の中に入った。
ほとんど膣の中の愛撫はしていない。
それなのに溢れるくらいに濡れ、熱を持っていた。

彼女はほとんど声を出さない。
時折漏れる、「んっ」という声。
たまにちらっとこっちを見て、すぐに目を伏せる。
全てが完全に俺の好みだった。

お互い汗まみれになるくらいになった頃、俺は彼女にイキそうだと言った。
彼女からは「give me yours」という言葉。
中に出していいということなのかもしれないが、確信が持てなかったので彼女のお腹の上に出した。
俺のペニスを咥える彼女。

「口に出せ」ということだったようだ。

結局、彼女は日曜日の夜まで俺の部屋にいた。
セックスをし、料理を作り、寝るという生活。
俺はこっちに来てから誰とも付き合ったことがなかった。
正確に言うと、付き合いたい女もいなかった。
正直、こっちの女と分かりあえる自信がなかった。
でも、この2日間で、不思議と彼女とならお互い満たし合えるんだって思ってしまった。

彼女に、「また会いたい」「付き合いたい」と言った。
たぶん実際付き合うと楽しいことばかりでもないだろう。
それはわかる。
でも、この平凡な毎日に降って湧いたような彼女の出現を俺は大事にしたいと思ってる。