先週、代休消化で平日が休みになったんで、娘を幼稚園まで送り届けた。
妻は「私が送るからいいよ」と言ったが、日頃、子育てを丸投げしてる身としては、たまに親っぽいこともしなきゃなと。
まあ自己満足以外の何物でもないけど。
娘も、『なんでパパ?ママじゃないの?』という表情に見えた。
気のせいかな。

ちょうと登園時間のピークだったらしく、園舎の前は結構な賑わい。
周りを見ると、子供を連れて来たのは8割方がママで、あとはお婆ちゃんか。
中には高齢出産の母親か若い祖母か、外見だけじゃ分からない女性もいたが。

父親は俺を含め数えるほど。
『イクメン』って言うほどは浸透してないらしい。
男性はほとんどが通勤途中なのかスーツ姿で、子供を預けると足早に立ち去る。
共働きかシングルマザーか、園から直接仕事に行くっぽい母親も案外多かった。

園の入り口辺りで、子供同士が知り合いと思われる2人くらいから、「あら、◯◯ちゃん(娘)、今日はパパと一緒なんだ」と声を掛けられた。
本当なら、「いつも娘がお世話になって・・・」とでも言うべきなんだろうが、コミュ障な俺は、「ははは・・・ども」と半笑いで会釈するのが精一杯。
娘は友達を見つけると、「パパ、バイバイ」と言い残して、子供の群れの中へ。
担当の先生に、「よろしくお願いします」と頭を下げて外に出る。

園舎前では、ママさんたちが数人ずつのグループに分かれてお喋りしてた。

(女って、こういう所でも派閥を作るんだよな)

そう思いながらぼんやり見てたら、大ざっぱに年齢別でグループができてるらしいことに気が付いた。
子育てに関する話題らしいが、やっぱり年が近い方が気が合うんだろうか。

俺の近くにいた5、6人のグループは、見たところアラサーが中心。
それなりにキレイ系というか、身だしなみに気を付けてる人が多い。
イメージキャラは眞鍋かをり・・・かどうかは知らないが、そんな感じだ。
うちの妻はこのグループかもなと思ったが、とても入っていく勇気はない。

少し離れて見てると、集団の中に1人、男がいるのに気付いた。
20代半ばか後半くらいかな。
背が高く、スポーツマン風の男前。
平服だし、俺と同じく非番かなと思ったが、それにしちゃあ他のママたちと親しげだ。
ごく自然に集団に溶け込んで、子育て談義に花を咲かせている。

いわゆる主夫ってやつか?
失業中か?
それとも夜の仕事か?

ママたちプラス男1の集団が動き出したんで、さりげなくついて行ったら、園の近くにあるファミレスに入って一角に陣取った。
興味が湧いたんで俺も続いて入って、観葉植物の列を挟んだ近くの席に座った。
一行に俺が知っている顔はいない。
時間帯のせいか他の客は少なかったが、ママ軍団は近くの席で新聞を読む(ふりをする)オッサン(俺)に興味はないようだ。

それとなく聞き耳を立てると、連中の話題は子育てから幼稚園への愚痴に移る。
特に「あの先生の態度が悪い」みたいな話だと大盛り上がり。
やっぱり女って、こういう陰口が好きなんだな。
うちの妻も普段は一緒になって盛り上がってるのかと考えたら少し複雑だ。

例の男はといえば、普通に愚痴大会に参加してた。
やはり日常的に子供を送り迎えしている父親らしい。
色んな家庭があるんだな。
ともあれ男は、とにかく聞き上手で話し上手。
俺とは真逆だった。
たぶん学生時代から合コンで重宝されてたタイプだろう。

そのうち話題は、美味しいランチの店やブランド物、芸能ゴシップへと広がる。
まったく女ってやつは・・・と呆れて店を出ようとした時、ママの1人が言い出した。

「でさあ、今日はどうする?」
「このところ空いてるのは・・・Aさん?」

「うん、私、もう2週間くらいしてない」
「あたしも先週の月曜が最後だったよ」

さっきより明らかに声を絞ってる。
俺は耳をそばだてた。

「2人までなら大丈夫だよ」

答えたのは例の男だった。

(いったい何の話だ?)

「えーっ、私は1人がいいなー。集中できるし」

「そういえば昨日はBさん1人だったよね」

いきなり俺の名字が出てきて、思わずコーヒーを吹きそうになった。
ちょっと変わった名字だから、園に同姓の子供はいないと思うんだが・・・。

「Bさんは今日お休み?」

「旦那が代わりに来てたよ。なんかオタクっぽくてキモい男だったw」

そのキモいオタクが、ほんの2メートル先で聞き耳を立ててるんだが・・・。
俺には全く気付かないらしく、ママたちの謎の会話は続く。

「でも、何気にBさんの回数って多くない?しかも1人ばっかり」

「そうよね。今週だけで2回してるかも。もしかしてCさん、お気に入りなの?」

Cさんと呼ばれた男が困ったように答えた。

「そうでもないけど・・・。Bさんって激しいから、1人じゃないとキツいんだよね」

(激しい?うちの妻が?)

何のことか分からんが、普段は大人しい奴だぞ。

「へー、溜まってんのかな?」

「らしいよ。旦那がポークヴィッツって言ってたし」

「うわっ、うちの旦那のも細いけど、そりゃ悲惨だわw」

(俺がポークヴィッツ?)

何のことだか、さっぱり分からん。

「大きさじゃないって言うけどさ、やっぱりフランクフルトが食べたいよねw」

「しかもBさんのとこ、ムチャクチャ早いんだって。最悪よねえ」

「だから僕の所に来ると最低3回。大人しそうな顔して凄いんだよ」

男が堪らないという感じで頭を振った。
そう言いながらも喜んでるようにも見える。

「そう聞くと気の毒だけどさ、でもやっぱり独占は良くないよね」
「だから、たまには旦那に代わってもらったんじゃない?」

「なるほどー。じゃ、今日はあたしと最低3回ね♪決定!」
「きゃっ!やだっwww」

最後、みんなで一斉に盛り上がる所だけ声が大きくなった。
結局、「2週間ぶり」と言うAさん1人ということで落ち着いたらしい。
観葉植物越しに見たAさんは、優香に少し似た可愛らしい奥さんだった。

一行に続いて支払いを済ませてファミレスを出ると、男とAさんだけが他のママたちとは別方向に歩き出した。
電柱の陰から覗いたら、2人は園の駐車場に停めてあった高級そうな車に乗り込み、他のママたちに手を振りながら走り去った。
Aさんの満面の笑顔が印象的だった。

よく分からんがAさん、あの男からフランクフルト3回分をサービスしてもらうのが、よっぽど嬉しいらしい。
俺は何だかポークヴィッツが無性に食べたくなった。