小学生の時、友達の母と禁断のエッチをしてしまった体験談です。

小学に入学してすぐに親友の俊彦と仲良くなった。
俊彦の母は身長が170センチ近くあり、とても清廉な女性だった。
おっぱいもDからEカップくらい。
毎年、夏休みにお互いがお互いの家に遊びに行く仲だった。

小学4年の時の夏休みに俊彦の家へ遊びに行った時のことである。
午前10時前に行ったのだが、俊彦はおもちゃ屋の広告に出ていたゲームソフトをどうしても買いたいらしく、1時間ほど待ってくれと言われた。

渋々リビングでお菓子とジュースを頂いていると、俊彦の母のセクシーな体に妙な興奮を覚えた。
次第にちんぽが大きくなり、ばれないようなるべく平静を装った。
椅子ではなくソファなので、俊彦の母からは私の股間が見える。
どうしてもちんぽの位置を直したくて、そのタイミングを待っていた。
俊彦の母が視線を逸らしている間に、ズボンの上からほんの一瞬だけ直した。
すぐに視線が私の方向に戻ってしまい、俊彦の母の視線が私の股間の方にいった。

母「どうしたの?大きくなってるよ」

俊彦の母が笑う。
何も言わずに黙っていると、俊彦の母が嬉しそうな顔をしていた。
私はてっきり怒られると思っていたのでびっくりした。
俊彦の母が私を受け入れたような気がして、「おっぱい・・・触りたい」と言った。
今、思えばとんでもないことを言ったなと思った。
俊彦の母はさらに笑った。

そして間を置いて、「ほんのちょっとだけだったらいいよ」と、言った。

心の中でガッツポーズをしつつ、俊彦の母の目の前のところに行った。
俊彦の母はまだクスクスと笑っていたが、ゆっくりと手のひらをおっぱいに近付けた。
一息入れてから、おっぱいを触った。
とても柔らかくて触り心地がよかった。
私の暴走は止まらず、さらにこう言った。

「おっぱい・・・吸いたい」

俊彦の母は驚いた顔で、「ダメよ、ちょっとだけって言ったじゃん」と言った。

私はどうしても味わいたくて、何度も懇願した。
時間にして5分くらいだろうか。
俊彦の母は諦めたのか吹っ切れたのか、私の手を引っ張って風呂場の入口のところに着いた。
すると何も言わずに私の服を脱がせて、自身の服も脱いだ。
乳首が茶色っぽく先が突出していた。
風呂場でシャワー浴びながら・・・。

母「私とエッチしたいの?」

私「うん」

母「後悔するかもしれないわよ、いいの?」

私「後悔なんてしないよ」

母「分かった。俊彦が1時間後くらいには帰るから、ささっとやるね」

風呂から上がった後、お互い裸のまま2階の寝室に案内された。
ベッドの上に座ったところで俊彦の母がキスをしてきた。
フレンチキスから始まり、お互いの舌が絡み合った途端、激しいディープキスになった。
左手はいつの間にかおっぱいを撫で回していた。
俊彦の母が仰向けになるようゆっくりと押し倒して、おっぱいを吸った。
長い間、乳首を舐め回していると、俊彦の母は腰をくねらせながら喘ぎ声をたびたび発していた。
女性のおまんこにも興味があり、じっくりと眺めたり舐めたりした。

休む間も置かずに俊彦の母が私を仰向けにして、私のちんぽをしゃぶり始めた。
私の股間周辺は俊彦の母の涎まみれになった。
その後、俊彦の母が股間の上を跨いだ。
穴にちんぽが入っていくのが分かった。
穴の中はものすごく熱かった。
緊張していたせいかなかなかイカず、20分くらいしたところで、やっと昇天できた。
こうして、自分の童貞は失われた。

それ以来、私は周りの目を盗んでエッチをするようになった。
小学時代はたまにしか出来なかったが、中学、高校時代は俊彦が部活動で帰宅が遅くなったときなど、帰宅部だった私は俊彦の家に行ってはエッチをしていた。

中学3年の頃には、ママ友4人が乱入してくるようになり、俊彦の家は乱交の場と化していた。